« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

名古屋にて

R0010309a 名古屋に越してきて5日程が過ぎた。初めの3日間は仕事が忙しくて、何もしないまま過ぎてしまったが、この週末は名古屋を散策する事が出来た。

日曜に入っていた仕事が無くなったので、パートナーを呼んで栄辺りを買い物がてら歩いた。第一印象は「ここは何処?」だった。なんせ町の造りが札幌に瓜二つである。地下鉄の出口を出た瞬間、大通り公園かと錯覚してしまった。懐かしいような気持ち悪いような。街の設計者が同じとは聞いていたがこれほどとは、、、唯一違うのはテレビ塔の色位か。(札幌は赤、名古屋は銀)

まあ歩いていくうちにだんだん違う町だという事は飲み込めてきた。しかし最初に入った店は中古カメラ屋だった(笑。だって地下鉄出口すぐそばにあるんだもん。

カメラ屋の品揃えは毎週行っていた銀座の某酸っぱい店とは違う、かなり面白いものであった。久々にわくわくした。がしかし値段が高い。結局何も手に取らずに店を出た。次に入った店はまたまたカメラ屋だった(苦笑。(よくついてきてくれる。我ながら申し訳ないと思う。)そこに昨日発売のneonのモックがあった。店員に聞いてみると水色は品切れ。その他も残り一個との事。もともとkuroとsiroを買うつもりでいたので、即効「下さい!」それが下の写真である。2年前のINFOBARとの2ショット。R0010319a

しかし良く出来たデザインである。機能的にはたいした事は無いが、デザインだけで買いである。(実は前回はINFOBARが欲しいが為だけにauに乗り変えた。)誰か水色買いませんか?ねぇエノ○さん(笑。

次の日はコメ兵目当てに出かけた。ここではM1000が役に立った。地図をメモリーに保存しておいて、歩きながら場所の確認が出来る。これは結構いいかも?紙だとかっこ悪いし、ケータイ見ながらだとなんか使いこなしてる感がある。あくまで自己満だが、、、

しかし名古屋面白い、侮りがたし。PARCOに好きなSHOPは入っているし、コメ兵は服が安くていい。コメ兵の周りはまるで狸小路(札幌ローカルネタ)のようだ。端っこに行くと怪しくなるとこなんかそっくり(笑。 また路地裏がいい。雨さえ降っていなければ、M5の出番なのだが。とりあえずGRで撮影した写真をUP。次は本気で撮影に行くぞと。遅めの昼食はタコス屋で済ませた。ここもいい感じであった。店員はたぶんメキシコ人。他にもトルコ料理店、ブラジル料理店など。ブラジル料理店は先に見つけていれば入っていた。店先でチキンの丸焼きをナタでぶった切っている。客層も国際的でかなりそそられる店だった。たぶん来週行くだろう。

そんなこんなであっと言う間に初めての週末が終わってしまった。皆さん名古屋面白いですよ。今度スナップ会しませんか?案内しますよ(笑

| | コメント (0)

2006年2月15日 (水)

Valentine's Day

Rimg0046_1 昨日はバレンタインデーだったので作ってみました。
お花のケーキです。見えるかな?
毎年チョコだけだとつまらないから、たまにはこういうのもアリでしょ。
あっ、ちゃんと食べれるチョコも作りましたよ。
あんまり食べてもらえなかったけど・・・。

| | コメント (3)

2006年2月13日 (月)

火事です。

Rimg0021_1 自宅の4件先から出火して3件先まで燃え移りました。両家とも2階部分はほぼ焼け落ちていました。

こんなときプロカメラマンならカメラを持って飛び出すのでしょうが、私には出来ませんでした。自宅の屋上からこっそり撮るのが精一杯でした。それがこの写真です。28mm相当でこれですから、かなりの至近距離なのが分かりますか。この後、手前の屋根は延焼し焼け落ちました。

あっと言う間の出来事でした。5分も経たずに炎は屋根を越え、さらに5分後には隣家へ燃え移っていました。幸いなことに住人は全員無事だったようです。

今の時期、空気が乾燥しているようです。皆さん火の元には充分お気を付けを。

| | コメント (0)

2006年2月12日 (日)

携帯電話

R0010232 携帯電話を買い換えた。買い換えたと言っても自分で買ったわけではない。会社の電話が新しくなったのだ。海外でも使えるようにとFOMAのM1000にした。奥にあるのは今まで使っていたP252i。2年前のモデルだ。

まだ使いこなせていないので、なんとも言えないが、かなり使いにくいことは確かだ。何でも出来るが、設定がややこしい。通話する分には何も支障はないのだが、それではもったいないといろいろ弄るのだが、これがかなりかったるい。動作は遅いは融通は利かない。こんなことならP252の方がよかった。iモード使えるし、電話帳見やすいし。しかし悪い携帯ではないはずだ。私が慣れていないせいなのだろう。

しかし、暇つぶしには最高のおもちゃである(笑

| | コメント (2)

雪の長谷寺へ

M05

LeicaM2 super angulon 21/3.4

対向車をやり過ごすために止まったのだが、動けなくなってしまった。一度止まると摩擦係数が変わるので、登れなくなる。仕方ないので、わき道に車を止め、金属チェーンを装着する。こんなの教習所以来だなぁ。とか考えながら、悴む手でチェーンを何とか装着し、さらに上を目指す。さすが腐ってもチェーン。ぐいぐい登っていく。でもかなりうるさい。傍から聞くチェーンの音はシャンシャンとリズミカルでいい音に聞こえるが、中ではドカドカ、ボコボコととにかくうるさい。

そんなこんなでしばらく順調に登っていたのだが、チェーンでも登れなくなってしまった。かなりがんばったのだが、チェーンとタイヤの間が滑ってしまい、どうにもならなくなってしまった。仕方がないので登ってきた道をバックで下った。ちょっとしたスペースがあったので、方向転換をして、さらに下る。早く下りたいのだが、チェーンがうるさくて速度を出せない。下まで下りきったところで、ようやくチェーンを外す。新品だったチェーンが、磨り減っていた。たかだか数キロの走行でである。

再び夏タイヤとなり、走り出す。相変わらず、雪は降り続いていたが、特に滑ることはなかった。ナビを見ると先ほどとは別の国道を指示する。「なんだよ。別に山道走らなくても行けるのではないか。」「この苦労を返せ」とナビに愚痴ってみるが、ナビは淡々と「アト3キロミチナリデス」と指示を出す。

本来は室生寺を目指していたのだが、さらに山奥にある為、雪が深いことを考え、近くの長谷寺に行き先を変更する。長谷寺への道は特に雪が降る事もなく、すぐに到着した。

続く

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »