« 奈良~雪~ | トップページ | 携帯電話 »

2006年2月12日 (日)

雪の長谷寺へ

M05

LeicaM2 super angulon 21/3.4

対向車をやり過ごすために止まったのだが、動けなくなってしまった。一度止まると摩擦係数が変わるので、登れなくなる。仕方ないので、わき道に車を止め、金属チェーンを装着する。こんなの教習所以来だなぁ。とか考えながら、悴む手でチェーンを何とか装着し、さらに上を目指す。さすが腐ってもチェーン。ぐいぐい登っていく。でもかなりうるさい。傍から聞くチェーンの音はシャンシャンとリズミカルでいい音に聞こえるが、中ではドカドカ、ボコボコととにかくうるさい。

そんなこんなでしばらく順調に登っていたのだが、チェーンでも登れなくなってしまった。かなりがんばったのだが、チェーンとタイヤの間が滑ってしまい、どうにもならなくなってしまった。仕方がないので登ってきた道をバックで下った。ちょっとしたスペースがあったので、方向転換をして、さらに下る。早く下りたいのだが、チェーンがうるさくて速度を出せない。下まで下りきったところで、ようやくチェーンを外す。新品だったチェーンが、磨り減っていた。たかだか数キロの走行でである。

再び夏タイヤとなり、走り出す。相変わらず、雪は降り続いていたが、特に滑ることはなかった。ナビを見ると先ほどとは別の国道を指示する。「なんだよ。別に山道走らなくても行けるのではないか。」「この苦労を返せ」とナビに愚痴ってみるが、ナビは淡々と「アト3キロミチナリデス」と指示を出す。

本来は室生寺を目指していたのだが、さらに山奥にある為、雪が深いことを考え、近くの長谷寺に行き先を変更する。長谷寺への道は特に雪が降る事もなく、すぐに到着した。

続く

|

« 奈良~雪~ | トップページ | 携帯電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奈良~雪~ | トップページ | 携帯電話 »