« 新旧ライカ | トップページ | 長谷寺 »

2006年3月19日 (日)

summilux35/1.4 part2

Spoke_a leica_m5 summilux35/1.4 f1.4 1/8

ズミルックスの例をもう一枚。これもまたトヨタ博物館(ネタが無いな)。見ての通り、車のステアリングホイール。ピントは手前のホイールの中心に合わせているつもりだが、軽くぶれているようでどこがピント位置かよく分からない。ここでも半月状のゴーストが顔を出し、コントラストが低下している。点光源周辺の滲みはこのレンズ独特のもので、一度覚えるとやめられなくなり、その為に被写体を選ぶという、本末転倒の事態に至ってしまう悪い例である。

さて、このレンズ、開放値f1.4というスペックでは、現在でも通用する大口径高速レンズであるが、先日その対極のレンズを購入してしまった。開放値がf3.5しかない、かわいいレンズである。昨日スナップがてら試写をしてきたので、現像上がりが楽しみである。結果とレンズ名は後日。

|

« 新旧ライカ | トップページ | 長谷寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新旧ライカ | トップページ | 長谷寺 »