« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

名古屋港

R0010576a RICOH GR DIGITAL

今週末は久しぶりに休みだったので、名古屋港へ行ってみた。

イタリア村と言うものがあるらしいので、地下鉄に乗って出発。
地下鉄一本で港まで出られると言うのもなかなか便利。
地下鉄を降りるとちょっと戸惑う。「何もないじゃん」案内板があったので見てみるともうちょっと先にあるらしい。が隣は公園となっているので、せっかくなので公園を抜けて行く事にした。フィルムを装てんしながら公園を歩いて行くと先代南極観測船の「ふじ」が永久係留されており、中が一般公開されていた。「入ろうか?」「うーん」「300円以内なら入ろうw」

めでたく入場料は300円でしたw
期待しないで入ったら面白かった。船内は長期間の航海に備えて、床屋や病院などの設備が整っていて、状況を再現したマネキンがいる。これが本物そっくりでかなり笑える。また船室の内装品が昭和の時代を感じさせ、いい味を出している。好きな人にはたまらないだろう。現像上がりが楽しみ。

その後本来の目的地イタリア村へ。ここはそうでもなかった。人が多い割りに設備が少なく、敷地も狭い。レストランはどこも長蛇の列。入場料1000円取られて入るほどの物ではない。しかしいい所もあった。中の食料品店で買ったゴルゴンゾーラとワインは絶品であった。帰ってから二人で全部開けて、そのまま寝てしまった

ベネチア風に見えるカット。でも建物の窓は偽物。

| | コメント (0)

2006年4月28日 (金)

ヴィレッジヴァンガード

本店に行ってみた。

昼休みに昼食ついでに探してみた。
ビルの一階にあるのかと思って探していたら、独立した店舗だったので見逃した。
引き返してみると、駐車場完備である。こんなの始めて見た。
外観はどこぞのディスカウントショップのような倉庫を改装したものである。
ほんとに本店か?と思っていたら、「総本店」の看板があった。本店らしい...
中に入ってみる。さすが平日の昼間だけあってガラガラ。
中の広さは下北の2/3位だろうか?以外と狭い。
それ以上に狭く感じさせているのが所狭しと積み上げてある商品の量。私の知っている店の中で一番通路幅が狭い。
本の種類も下北の方がバラエティーがあって面白い。それより写真集のコーナーが無いのが意外だった。ホルガは置いてるのに...

ざっと店内を探検して来たのだが本店だけの限定品とかは無かった。期待していただけに残念。
本当の目的は、ファットフォトに載っていたかわいいカメラをこっそり買って、プレゼントして驚かせようと思っていたのだが、売っていなかった。買おうとしていたのはこれ→http://img3.store.yahoo.co.jp/I/asoberu_1891_18299467結構かわいいかな?と。

注:カメラ持って行くの忘れたんで写真はありません。

しかし平日の昼間に男が一人で行くと、やたらと店員が寄り付いてきてうざい。
厨房じゃないんだから、万引きなんかするかよ。

| | コメント (1)

2006年4月23日 (日)

GR FINDER

Ts350028a neon(W42T)

あまり実用的ではない組み合わせ?

GR28mmLマウントに付属のファインダーをGR DIGITALに取り付けてみた。取説にも記載されている純正の組み合わせであるのだが、ファインダーの重量がGR本体と同程度ある為、機動性が極端に悪くなる。しかし、しっかり構えることが出来るので、手ぶれには効果的であり、またファインダーの視野は撮影範囲より一回り小さくなっているので、写っていなかったという事は防げるだろう。さらに炎天下でLCDが醜い場合にも効果的。書いていて結構使えるかも知れないと思えて来た。

利点
ぶれ防止
クリアな視界
周りが明るくてもよく見える。

欠点
重い
しまうとき嵩張る
アバウトな画角

| | コメント (0)

また金沢

R0010557a RICOH GR DIGITAL

また、石川に行って来た。今度は片町と言う金沢随一の繁華街のど真中に宿を取ったので、食事には困らなかった。しかし金土と連泊したので、非常に賑やかであった。こっちは仕事なのに...不健全な(笑)お店の呼び込みやら、道路にたむろしている若者やら、いろいろいました。

昼休みに仕事先の裏で撮った菜の花。横でトラクターが田んぼを耕しているのどかな所でした。

| | コメント (0)

2006年4月20日 (木)

ダチョウ

R0010537a RICOH GR DIGITAL

仕事で長野に行って来たのだが、宿泊地の近くで桜祭りが開催されているらしく、ホテルが満室だった為、仕方なく近くのペンションに宿泊した。(桜はほんとに満開だった。)

着いてみて驚いた。ダチョウがうようよいる。他にも馬やロバがばかすかいる。乗馬体験コースもある。近くには景色がいいらしい温泉も、誰もいないゴルフコースもある。こんな状態では仕事をする気もなくなってしまう。脳内が完全に観光モードである(笑。(幸いな事に仕事は問題も無く無事片付いた。)

浮かれてダチョウを接写したのがこの写真。この直後に手をかじられた。けっこう痛かった。痛っ。

| | コメント (2)

2006年4月16日 (日)

大阪

R0010503a RICOH GR DIGITAL

大阪に来ている。明日朝から大阪で仕事がある為、前泊しているのだ。せっかくなので少し早めに来て、大阪のカメラ店めぐりをしてみた。日曜の為休みの店もあったが、5店舗ほどまわる事が出来た。相場は東京に比べると総じて高い。がしかし安いものもある。探していたレンズが安くあったのでつい買ってしまった。ちょっと今月は買いすぎだな。まあ高い物ではないのでいいか。他にもそそる物があったのだが、買ってもどうせ使わないだろうと自分に言い聞かせてぐっと我慢した。

今泊まっているホテルは伊丹の着陸コース下にあるらしく、ひっきりなしに航空機が上を飛んでいく。見ていると近いなぁと思うのだが、写真に撮るとそうでもないか。今話題のボンバルディアもばんばん飛んでいた。

| | コメント (0)

2006年4月15日 (土)

Voigtlander Vitessa L

R0010502a RICOH GR DIGITAL

また、増えてしまった(笑
フォクトレンダーのビテッサである。数あるフォクトレンダーの奇天烈カメラの中では、一番のカメラではないだろうか。写真上の棒を押し込むと、巻き上げとシャッターチャージが行われる。(東ドイツのペンティも棒を押し込む事で巻上げとシャッターチャージを行っていたが、あれはラピッドフィルムを使用してフィルムのパーフォレーションを引っ張るというものであるので、ビテッサとは構造が違う。)

このカメラ買ったのには訳があって格安であった。それにもまた訳があって、難有りであった。(またかい)露出計が不動で、スローシャッターが不安定であった。それ位なら何とかなると、また懲りずに買ってしまったのである。

今朝宅急便にて到着して早速ばらす。とりあえずシャッターから。
シャッターはレンズボードに裏から止まっているだけなので、簡単に外れる。そしてレンズをネジって外す。そこからは見えてるネジを外していくと、中身が丸見えになる。スローガバナーを清掃してまた組み込む。次に露出計をばらす為にトップカバーを外す。これにはちょっとコツがいる。フォーカシングノブが背面にある関係でカバーと干渉するのだ。露出計を外すのもコツがいる。知恵の輪のようになっている。なんだかんだでばらし、露出計をチェックするとセレン電池が死んでいるようだ。これはどうにもならないので、今度ジャンクカメラを探してきて移植する事にしよう。

しかし面白いカメラである。収納時にはレンズと巻き上げ棒が完全に格納されてしまう。撮影時にはシャッターボタンの一押しで飛び出してくる。構造的にはどうなっているのかと思っていたのだが、以外と単純なそれでいて合理的な物であった。この辺は文章では説明できないのでぜひ入手してばらしてみて欲しい(笑。メカ好きにはたまらないものである事は保障する。

| | コメント (0)

smart顚末記

Mccsmart_a_1 買うつもりでいたのだけれど、諸事情があってやめることにしました。

はじめ「ディーラーに持って行ったら00万円の後半だったので、それの上だったら喜んで売ります。」と言っていたので「それなら私がプラス○万円で買います。」と言ったのですが、今日になって「昨日またディーラーに持って行ったら○○円って言われたんです」...だそうです。その金額は私が買うと言った金額より3万円高いだけなので別にそんなに高い訳ではないのですが、「そんな事するかっ!!」て感じで、「なんだかなぁ」 となって、モチベーションが思いっきり下がってしまいました。もう怒る気もありませんでした。その時点で断ろうと思ったのですが、パートナー用に買うつもりだったので、「考えときます」と答えて即答はしませんでした。
その後パートナーに話をすると「縁が無かったんだよ」と言われましたので、やめる事にしました。常識で考えるとそうですよね。
文書を交換していなかった私が悪いのですが、義理人情と言うものは○○人にはないようです。契約が全てなのでしょう。もしくはなめられていたのでしょう。会社の人だったので後後の事を考えて強く言わなかったのが裏目に出たようです。はぁ...
これで良かったんですよね?

PS.giinjiさんにはご迷惑をお掛けしました。ごめんなさい。

| | コメント (0)

2006年4月11日 (火)

FUJICA Half

R0010480a RICOH GR DIGITAL

ハーフサイズカメラを手に入れた。
今でもPen-S2.8は持っているのだが、数年前の中国出張以来使っていない。なぜだろう?
多分コンパクトカメラなのにフルマニュアルだからではないか?露出計無し、距離計無しだと結局露出計を持ち歩き、勘でピントを合わせる。そうなると「ライカ使ったほうがいいじゃん。」となるのである。やはりコンパクトは手軽に使いたい。そうGRDのように。

ところで写真のカメラである。先日のアンティでの大ライカ大会の時にFさんから貰った物である。Fさんはステレオカメラでは日本一のすごい人である。そのFさんからステレオカメラでのモデル料の名目で無理矢理貰ってきたのだ(笑。

タダなのには訳があって、壊れていた。シャッターが切れないのと、巻上げが何回もできてしまうのである。いうなればフィルムローダー状態であった。でもデザインが気に入ったのと、セルフコッキングのリンクが外れているだからすぐ直るだろうと見当を付けて貰って来た。2日後にばらす。便利な時代になったものだ。ネットで検索を掛けるとあっという間にその手のサイトが見つかる。(アップしてくれた人ありがとう)正面の貼り革を剥がし前カバーを外す。するとセルフコッキングのリンクが丸見えになる。「ふむふむここがこうなってシャッターセットか...」ぶつぶつ言いながらたどって行く。どうやらシャッターは生きており当初の予想通りリンクがうまくいっていないだけであった。ちょっとストロークが足りないのである。見るとシャッターをチャージするレバーの先がちょっと曲がっている。「ここか」ラジペンを取り出し「ぐいっ」と曲げる。「こんなもんかな?」巻上げレバーを操作すると何も無かったかのようにシャッターがセットされた。シャッターボタンをそっと押し下げてみる。「チャキン」軽いレンズシャッターの音が響き渡る。やた直った。修理というにはあまりに簡単だったので、ばらしついでにファインダーの清掃を行った。もひとつついでに露出計もチェック。GRDをマニュアルに設定し、壁に向ける。同様にFUJICAも壁に向ける。「あってるじゃん」シャッターの精度の問題はあるとして、ポジでも使えそうな位ぴったりであった。今度の休みはポジを詰めて出かけてみよう。でも72枚も撮るんかいな?

| | コメント (0)

smart

Mccsmart_a それはひょんなことから始まった。
会社の同僚の会話
「sumart手放そうと思ってるんです」
「なんで、もったいない」
「家に置く場所がなくなってしまって」
「かわいいのに」
「そうなんですけど...誰か買いませんか?」
「おいロバート!今の車の予備にいいんじゃないか?」
ヲレ「えっ欲しいけど、置く場所ないですよ」
「会社に置いとけば(笑)」
をいをい、車庫証明どうするねん。
その話はそこで終わった。

しばらくして、その売りたい人と話をする機会があった。別にヲレから声掛けたんじゃないよ(汗っ
聞くところによると、置く場所が無く、でも通勤には別の車を使えるらしい。
すぐにでも処分したいようで、もう既に何件か査定してもらっているらしい。
「ロバートさんどうですか?」
「うーん。かわいいよね。ちょうどセカンドカーも欲しかったし...」
あまり欲しそうな顔はしていないつもりだったが、ばれてたかも。
早速パートナーにメールを入れる。何回かやり取りをしていると電話が...

「欲しいんでしょ?」
「うん。」
「きっかけがないと買わないしね」
「そうだね。もうちょっと調べてみる」
Giinjiさんに聞いたり、ネットで調べてみると軽自動車の名変は簡単らしい。
価格も当然店で買うより安い。どうしよう。
なんでも来週には買い取り店に売ってしまうらしい。うーん。

なんだかんだ悩んではいるが、買う気がする。
誰かに背中を押してもらいたいだけなのだ。
明日試乗させてもらおっと(笑

| | コメント (2)

2006年4月10日 (月)

ライカの集い

R0010478a RICOH GR DIGITAL

金曜の夜のアンティはすごかった。
板金ライカ倶楽部の写真展にスペシャルゲスト(誰かはお店で確認してね。すごいよ)の写真が展示されると聞いて行ってみた。
行ったときはまだ展示作業の真っ最中で静かなものだったのだが、飲み始めるとお互いのライカ鑑賞会になっていた。
いやぁすごかった。台数もすごかったが、ライカもありえないようなものがそろっていた。
ある有名な写真家の方も出品されていて、その場にも同席されていたのだが、とても気さくな方でびっくりした。普通に記念撮影のカメラマンをされていた。(もちろんタダで!)その時のカメラの構え方は勉強になった。周りに気を使った構え方らしいのだが、手ぶれも防げてかっこいいという理想的な構え方だった。
その後、手持ちのレンズを交換させてもらって、お互いに試し撮りして楽しんだりした。
そのときR-D1を持参していた方がいたのだが、かなり便利そうでちょっと欲しくなった。
そんなわけだったのだが、帰ってみると写真の状態になっていた。うーん。増えてる。

| | コメント (0)

BON JOVI LIVE

060409_193701

neon












BON JOVI LIVEに行ってきた。
久々のライブだったのでかなり楽しめた。
何年ぶりかに見たJONは見た目が老けたなと思ったが、声量は相変わらずで安心した。
やっぱRUNAWAYはいい。でもLIVIN' ON A PRAYERもよかった。欲を言えばTOKYO ROADもやって欲しかった。
しかしDOME公演は何とかならないものか。音はよくないし、ライブハウスのような一体感もない。
国際フォーラムでやるか、Zeppでやるかして欲しい。でもあれだけのビックバンドだと動員数から不可能なんだろうな。

| | コメント (0)

2006年4月 6日 (木)

Elmar35/3.5 part2

06a Leica M4+Elmar35/3.5 1/500 f5.6

Elmarがエノ丸さんのBlogで盛り上がっているようなのでもう一枚。
このレンズ、その後の取調べで1940年生まれということが判明、なんと66歳でした。人間で言えばもう定年退職して年金生活を送っている頃です。それなのに若者の町でスナップしている。さしずめ元気なおじいちゃんというところでしょうか。
冗談はさておき、このレンズ今までの保管状態がよっぽどよかったのか、はたまた倉庫に眠っていたのかは分かりませんが、非常に状態が良く保たれています。特にメッキの美しさには見とれてしまいます。こういう写りとは関係のないところまで手抜きがないのがこの時代のライカのいいところです。
それに比べると今のデジカメはどうなんでしょう。消耗品と割り切るには高い買い物です。結局のところ利便性を取るか、趣味性を取るかといった所で、世間一般には利便性が優先されるのでしょう。そうして好きなフィルムがどんどん減っていく...アナログ人間には住みにくい時代になったものです。Blogを書いてて言うことでは無いですが。

| | コメント (0)

2006年4月 3日 (月)

白川郷

R0010402aRICOH GR DIGITAL

富山からの帰りに白川郷によって来た。寄ったと言っても車で通過しただけだが、写真は何枚か撮ってきた。雨が降っていたので無精して車に乗ったままの撮影。
世界遺産と聞いていたので期待していったのだが、あまりにも観光地化されていてちょっと幻滅した。
日曜という事もあるのだろうが、いたるところ観光客。合掌造りの建物も殆どが土産物屋になっている。そんなわけで町はずれで見つけた観光化されていない民家を一件。

| | コメント (2)

石川県

R0010400a RICOH GR DIGITAL

昨日に引き続き石川県。
夕日が綺麗だったので一枚。
客先の駐車場からの眺め。
のどかだなぁ。

| | コメント (0)

2006年4月 2日 (日)

雪の金沢

R0010397a RICOH GR DIGITAL ISO1600

石川県に行ってきた。もちろん仕事OTL...名古屋の出発時から雪がちらつき出し、石川に入る頃にはすっかり銀世界となった。写真は金沢西インター近くのホテルからの眺め。結局ここには2泊し、富山に移動した。その話はまた

| | コメント (2)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »