« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

東大寺

R0010776a RICOH GR DIGITAL

今回の奈良行きには目的があって、盧舎那仏像(奈良の大仏)が見たかった。「今さらなにを、そんなもん修学旅行で見たよ。ただのでかい大仏でしょ?」と思われるかも知れない。私も「ほとんど江戸時代の補修品を見てもしょうがない」と思っていた。それが変わったきっかけは「国銅」と言う小説を読んでからだった。内容は一人の主人公が銅の採掘から銅像造りまで携わるというお話なのだが、なかなかいい話で読んで行くうちどうしても大仏が見たくなってしまった。
そんなわけで大仏を見に行って来た。(それだけが目的ではないが)久しぶりに見た大仏は、やはりでかかった。製作の過程を小説の中で疑似体験しているので作った時の苦労が感じられ、少し違った印象で見る事が出来た。しかしやっぱり芸術品としてはみれないなぁ。顔の表情、体のライン等々...近くの国立博物館には大仏の元になったとされる像高数十センチの仏像がある。名前は「試みの大仏」という悲しい名前なのだが、この像は下から見上げられる事を前提に造ってあるので、少し頭の大きいアンバランスな形をしているが、顔の表情も豊かで、生き生きとしている。この像を見るとオリジナルの大仏はどんなに素晴らしかったろう。と考えてしまう。
気を取り直して、同じ東大寺にある三月堂に行き、不空羂索観音立像を見てきた。ここは何回か訪れた事があるのだが、いつも真冬で室内は極寒の上、土足厳禁である為、足がかじかんでしまい、じっくり眺められた事が無かった。今回ようやく暖かい季節に行けたのでじっくり見る事が出来た。実にいい、ただそれだけ(笑、何も言うことは無い)

| | コメント (0)

2006年5月27日 (土)

Nara番外編

R0010715a RICOH GR DIGITAL

今回の奈良行きに持参した銀塩カメラ(笑)
1眼レフ2台,RF4台,その他にデジカメ2台とレンズ8本。
いくら車移動だからって...バカですな

奈良日航ホテルにて

| | コメント (2)

Nara

R0010786a RICOH GR DIGITAL

数少ないアナログでないフォトライフ読者の皆さん。更新を長らくサボっていてごめんなさい。

いろいろありまして、書く時間がありませんでしたが、久しぶりに休みが取れたので、奈良に行ってきました。
この時期は修学旅行シーズンらしく幼稚園児から高校生までうじゃうじゃいました。やっぱ若いなぁなんて感じで眺めてました。

写真は興福寺の五重塔です。続きはまた今度。

| | コメント (0)

2006年5月 8日 (月)

掛川城

R0010596a RICOH GR DIGITAL

先日行った掛川城。
山之内一豊のゆかりの地らしく、あちこちに大河ドラマのポスターが張ってあった。ちょっとやりすぎと言うくらいに...実際には10年間ほど統治していたということらしい。
また、この天守閣は平成になって再建されたものらしい。
近くで見るよりもライトアップされた城を少し離れた所から眺めた方がいい気がする。

GWは休み無しだったのだが、合間にしっかり観光してるな(笑

| | コメント (0)

2006年5月 7日 (日)

浜松

R0010620a_1 RICOH GR DIGITAL

今日は浜松。
仕事の間に時間が出来たので、浜松の自衛隊の広報施設に行ってみた。
と言っても戦争は嫌いです。純粋に飛行機が見たくて行きました。
使用用途を考えると人類の負の遺産である戦闘機ですが、純粋に機械として見るとこれほど面白いものは無いと思います。
その時代の最先端の技術の結晶ですから。レーシングカーなども技術の塊みたいなもので大好きですが、戦闘機の無駄の無いフォルムには、ほれぼれしてしまいます。
特に戦後のジェット化から超音速時代へ掛けての機体は、技術者の試行錯誤が感じられ見ていて飽きません。また各国のデザインの違いも国としての思想の違いが見えてくるようで面白いものでした。

ここの展示機は飛行可能な状態で保存されているようで、エンジンからのオイル漏れを起こしていました。床を汚さないようにバットが置いてあります。ちなみに写真の機体は国産初の超音速機であるT-2から派生した三菱F-1です。もう全機退役しているそうです。

| | コメント (2)

2006年5月 4日 (木)

CONTAX RTSIII

R0010612a RICOH GR DIGITAL

やばいやばい。
昨日137MAを買った事を書いたのだが、今日また買ってしまった。それもCONTAX最高級機のRTSIIIを...
今日はGWだというのに明日からの仕事に備えて掛川まで移動して来た。そこでカメラ屋を見つけてしまったのが、運のツキであった。当然のごとく中古カメラコーナーへと足は向き、気づいたときにはもう店員を呼んでいた。
「これ、見せて下さい」散々弄繰り回して、「買います。」だって定価35万円のカメラがほぼ1/10ですよ。買うしかないでしょう。まあいいでしょう。この後GWは休み無しで仕事なんだから。自分へのご褒美と言う事で。

| | コメント (4)

2006年5月 3日 (水)

CONTAX 137MA

R0010595a_1

RICOH GR DIGITAL

137MAが壊れた事は前に書いたが、後継機を探していた。メイン機材はAXがあるので特に困らないのだが、いかんせんデカ過ぎて持ち出す気になれない。137MAを買いなおそうと考えていたのだが、以外と値が張る。仕方ないので167MTでも買おうかと思っていた。でも実際に店頭で手に取ってみるとなんか違う。やっぱ137MAだよなぁ。とか考えていて少し整理してみた。
サブ機なので中級機中心で、
137MA:ファインダーの出来がいい。手頃な大きさ。電子式なのにアナログの香りがする。
139Q:ファインダーはいい。縦走り金属幕シャッターが耳障り。
159MM:1/4000 1/250シンクロ MM対応などスペックはいいのだが、シャッター音とファインダーが気に入らない。
167MT:プッシュボタン式というのがいまいち好きになれない。単4電池というのも気になる。
ARIA:いつかは買おうかと考えているが、STが同じ値段で買える事を考えると微妙な所。
RX:これも同じ値段ならSTが買える。
S2,S2b:高すぎ。
そんなわけで137MAかSTが候補となった。ただしST1台で137MAなら3台買える。
137MAが1番の候補として探していたのだが、大阪に行った際に方眼ファインダーとアイカップ付で相場の価格の出物を見つけ買ってしまった。(方眼マットもアイカップもまず手に入らない。しかも方眼マットの組み込みはメーカー送り。今は受け付けていないはず。)お約束のミラー下がりがあったが、これは直ぐに直った。これで安心していたのだが、名古屋の中古市で格安の出物を見つけてこれも買ってしまった。(1ヶ月以内に2台。馬鹿ですな)これは格安だけあって貼り皮ぼろぼろの裏蓋は角の真鍮が出るまで使い込まれていた。でも使っているだけに調子は良く、ミラー下がりも無かった。恐らく定期的にメンテに出されていたのだろう。どうせ皮は貼りなおすし、底蓋は1号機から移植すればいいので、かなりお買い得であった。
そんなこんなで2台体勢となった137MA。あと5年は使えるだろう。でもまだ不安があるのでもう1台位は確保しておきたいな。

| | コメント (0)

2006年5月 2日 (火)

名古屋地下街

R0010579a RICOH GR DIGITAL

日曜日は名古屋駅周辺をぶらぶらしていた。名鉄デパートと言うのがあるらしいので、その方面に地下街を歩いてみた。地下街は思ったより長く、なおかつ複雑であった。1本だけかと思うと2本平行に伸びていたり、放射状に伸びていたりする。また、どこまでが地下街でどこからがデパートなのか分かりにくい。同様に地下駅も混在している。
実は探している物があってうろうろしていたのだが、何とか見つける事が出来た。
それは「虎屋ういろ」である。東京の虎屋ではなく、「伊勢虎屋ういろ」である。ここのういろはおいしいらしいと言う話を聞いてきて探してみた。はじめはやはりと言うか有名な方の虎屋に行ってしまった。ここにはういろは置いていなかった。当たり前。
でも、あるはずなのでさらに奥地へと歩みを進めて行くと、地下街の一角に見つける事が出来た。こじんまりとした店であったが、いろいろな種類のういろを置いていた。
良く見ると、どうやら「ういろ」と言うのは始めは大きな塊で、それを小分けにしているらしい。大きな塊が見慣れた形に切り取られていた。また、種類もシンプルな白から、栗入りなんて物もあった。私とパートナーで白と栗を購入。白は私が持ち帰って食べたが、甘さが控えめでおいしかった。パートナーは実はういろが嫌いなのだが、栗はおいしく食べられたそうだ。いわく「やわらかい羊羹みたいでおいしい」だそうだ...

写真は地下街の外れで見つけた昭和の香りが残る喫茶店。しかし名古屋の人は喫茶店が好きである。どこへ行っても満席満席。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »