« 広島 | トップページ | Sweetbox »

2006年8月20日 (日)

尾道

107a RICOH GR DIGITAL

尾道に行って来た。
ここは映画で有名になった坂の町として知られている。また近年は大和の影響でメジャーになったようだ。
話には聞いていたが、ほんとに坂ばかりである。さらに北千住以上に建物が密集している。
じっくりと時間を掛けてフィルムカメラで撮ってみたい町である。

しかし、昼過ぎの気温35℃の炎天下では、そうは行かなかった。
灼熱の太陽の下、階段をひたすら登り降りする。汗が体中の穴から吹き出し、意識が朦朧としてくる。これはいかんと思い、自販機を探すが一向に見つからない。ようやく発見したもの、水やスポーツドリンクは全て売り切れ、しかたなく炭酸飲料を買ったが、半分も飲めずに捨ててしまった。
半分しか飲めなかったが、それでものどの渇きは収まったので、さらに歩き続けた。
するとある事に気が付いた。(ガイドブックには載っていたのだが)寺が異常に多いのである。50m間隔位で10個ほどの寺が集まっている。そんなに集まって成り立つのだろうか?
狭い路地には、小さな喫茶店や小物を売っているような店もいくつか散見された。でもなんとなく観光客目当ての臭いがして、入る事はしなかった。実際は違うのかも知れないが。

観光客目当て繋がりで。
尾道ラーメンを食べようと思ったのだが、皆考える事は一緒のようで、どこも長蛇の列であった。この暑い中ご苦労な事である。炎天下の中待ち続けて、さらに熱いラーメンを食べようと言うのだから。
結局空いていた店でラーメンを食べたのだが、これが無茶苦茶まずかった。今までの人生で2番目にまずかった。これぞまさしく観光地の味である。
教訓:駅横2階にある店には絶対近づいてはならない。

|

« 広島 | トップページ | Sweetbox »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島 | トップページ | Sweetbox »