« Planar 35/f2 | トップページ | Biogon21/4.5 »

2006年9月24日 (日)

自転車通勤

Kouka Konica Hexer RF+Nokton35/1.2

今週末は久々にゆっくりする事が出来た。
週末にした事と言えば、食料品の買出しと洗車、それに自転車に空気を入れたぐらいか。
そろそろ気温が低くなって来たので、自転車通勤をしようかと考え、空気を入れてみた。と言っても空気入れなど持っていないので、会社のコンプレッサーに無理やり接続して入れた。自転車程度の圧力だと多少漏れがあっても入ってしまうものである。

この自転車は通勤用にと買ったのだが、実際ほとんど使っていない。なぜなら、暑くて乗る気がしなかったから。歩くだけでも汗が出てくる状況で自転車なんて絶対に乗りたくなかった。しかも通勤ルートは坂がやたらと多いし。
結局の所、折りたたんだ状態で車に積みっぱなしだった。そう、折りたためるのです。
しかしこの自転車、一応国産ではトップメーカーの自転車なのに、重大な欠陥があるのです。欠陥と言うよりも手抜きかな。
それは折りたたみなので、車輪が小径なのですが、変則比がフルサイズのままなのです。どうなるかというと「スピードが出ない」もっと言うと「遅い」
坂の登りは楽なのですが、下りは足が空回りしてしまって危ない危ない。

これって欠陥じゃないのかな。それともそんなスピード出すなと言う事なんだろうか?
でも、下り坂があったら次の登りの為に、めい一杯加速したいものじゃないのかな?

も一つ気に食わない点があって、それはサスペンションが付いているところ。今の自転車はほとんどが付いているし、付いていないのは安物みたいなイメージがあるけれども、あれって何かの役に立つのだろうか?ダウンヒル競技でもするなら必需品だろうけれども、町乗りで必要とは思えない。その為に重量が増加するのも気に食わないし、何よりフル加速するとフロントがポンポン浮き上がるのがすっごい嫌。その分明らかに駆動力が逃げている。逆にブレーキングでフロントが沈み込んで、ジャックナイフ起こしそうになるところなんて、嫌を通り越して危険極まりない。完全に欠陥だと思うのだけれど。
ジャックナイフ起こしそうになるのは、たぶんタイヤが小さいと言うのも関係しているとは思う。でもそれって重心のバランスが取れてないってことじゃないのかな?

どこかに折りたたみで、軽くて、フルリジットで、最高速が出る自転車落ちてないかなあ。

|

« Planar 35/f2 | トップページ | Biogon21/4.5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Planar 35/f2 | トップページ | Biogon21/4.5 »