« GRDパーティー | トップページ | タイゾー »

2006年10月23日 (月)

Neko_1 RICOH Caplio R4

今日の写真はR4で。
こうして見るとGRDの優位性が際立って来ます。
この写真も綺麗ではあるのですが、立体感がまるで感じられない。
なんだろう?素人なので詳しい事は分からないのですが、CCDのサイズとレンズ、それに画像処理エンジンの影響でしょうか。
別に後ボケが汚い訳ではないし、毛もちゃんと写っている。でものっぺりとして見えるのは事実だし。デジタルはよく分からないや。

便利ではあるけれども私はやっぱりフィルムがいいな。直ぐに結果が見られないと言う致命的な欠点はあるけれど、そんな事は昔は当たり前だった訳だし。
そんなこんなで、(どんなだ!)コシナには頑張ってもらいたい。未だにフィルムカメラの新製品を造ってくれるのはここ位でしょう。
でもちょっとピントがずれてるんだよなぁ。
R4M/R4Aは21mmファインダー内臓という点が非常に魅力的なんだけれど、遮光幕のせいでSA(スパーアンギュロン)が使えないじゃないか!
やっぱりコシナには、あの遮光幕を何とかして撤去して欲しい。あれ一枚で音に影響も出ているはずだし。あー!あれさえ無ければ買うのになぁ。
その点M8は、賛否両論はあるにせよ、潔く自動巻上げにして来ました。自動巻上げなら2重シャッターの必要は無いですから。M8のシャッター音はどんなものなのかな。ヘキサーよりも静かなのだろうか?

コシナさん。あの遮光幕は何とかしてください。でないと私は買いません。ファインダー後付けでも今のシステムを使い続けます。音は写真に写らないし、写りにも関係ない事は理解しているけれども、あの音は生理的に受け付けない。(ヘキサーの音は気にならないのに変な話ですが...)
ニッチな需要で生きていくのならば、あれは変えるべきです。

|

« GRDパーティー | トップページ | タイゾー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GRDパーティー | トップページ | タイゾー »