« | トップページ | アルコール »

2006年10月25日 (水)

タイゾー

Kumo RICOH GR DIGITAL

昨夜、いまさらですが一ノ瀬泰造の「地雷を踏んだらサヨウナラ」を読みました。
映画や雑誌等で知ってはいたのですが、実際に彼が書いた文章を読むのは初めてでした。
読むまでは、ただの無鉄砲な人かと思っていたのですが、どうもそうでは無かったようです。かなり賢く、皆に好かれる存在だったようです。
読み進んで行くうち、文章に引き込まれ、感情移入して行くのですが、最後が分かっているので、どこかでブレーキを掛けながら読んでいました。そうしないと読み進めない気がして。

でも、なぜ彼はあんなに焦っていたのでしょう。無理はしないと書きながらも、時間が無いとも書いている。思うにアンコールワットを最後にするつもりだったのではないでしょうか。戦場以外の写真を撮りたい。でも中途半端はいや。最後にアンコールワットの写真を撮る。そんな風に読み終わって思った。

もう一度アンコールワットに行きたくなった。きっと、前回とは違った目で見られるはず。

|

« | トップページ | アルコール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | アルコール »