« 松本城 | トップページ | 犬山城 »

2006年11月 9日 (木)

PentiI

Penti RICOH GR DIGITAL

金と白のカラーリングがまぶしいVEBペンタコン社製のペンティI型。(1959年製らしい。また実際にはヴェルタ社で作られたようです。)
私の好きなカメラの中の一つ。
この後にII型と続くのですが、露出計を組み込んだ為に不恰好になってしまい、あまり好みではありません。やはりこのオニギリ型が最高。
私はこういうカメラっぽく無いのが好きですね。アドボとか。

このカメラには、カラーバリエーションがあります。
正面と裏面の金メッキは共通で、サイドの塗装部分が異なります。
知る限りでは 赤,青,緑,白 の4種があるはずです。
これはその中の白になります。
実を言うと白は既に1台持っていたのですが、安かったので買ってしまいました。
安いのには訳有りで、薄汚れていて、さらにシャッター不良でした。
シャッターは直せると判断し、買う事にしました。
カメラ屋の店員の方が非常に親切で、わざわざ今のフィルムが使えない事等を教えてくれました。良く知らない客が見た目だけで買っている様に見えたみたいです。
なんでこれを買うのか不思議がっていました。

持ち帰って早速修理です。
本体とレンズ,ファインダーの汚れはアルコールで拭いて綺麗になりました。
シャッター不良も、開腹してリンクの動きを眺めていたら原因が分かりました。
シャッターが不良なのではなく、シャッターが切れる前に、巻き上げプランジャのロックが外れてしまう為にシャッターが切れないだけでした。
シャッターリリースアームを少し曲げ、お腹を縫合して修理完了です。

付属品としてマガジン2個と赤いケース付きでした。
マガジンとケース代を考えると、本体はタダみたいなものでした。
このケースは初めて見る物で、もうこれだけでも買いでした。
でも一番欲しかったケースでは無く、ちょっと残念でした。

早速試写と行きたいところですが、フィルムをマガジンに巻き直さないと使えません。
現像もいちいち指示を出さないとならず、めんどくさいんです。
あーモノクロフィルム現像用具一式揃えようかなあ。他でも使えるし。

|

« 松本城 | トップページ | 犬山城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松本城 | トップページ | 犬山城 »