« だんじり | トップページ | 忍者 »

2006年11月16日 (木)

飛べない飛鳥

Asuka Canon EOS KDN

飛鳥の話題。
飛鳥と言っても船ではなく飛行機の飛鳥。もちろん歌手でもありません。
船の飛鳥と言えば、先日別府港に飛鳥IIがいました。さすがにでかかった。

話を戻しますと、
エンジンを翼上面に設置し、コアンダ効果によるSTOL性を確保して、距離の短い滑走路でも離着陸可能とした機体。
これによって急角度での離着陸が可能である為、周辺への騒音被害も軽減できるので、
都市近郊へ小規模な空港を建設すれば、空港建設コストの削減と好アクセスが期待できたはずなのですが、
現実に各地で建設された空港はジェット化対応の為、長距離滑走路を持ち、土地取得問題と騒音問題から郊外に造られ、
フライト時間よりも空港へのアクセス時間の方が掛かると言う空港が大半となっています。さらに交通手段がバスしか無かったりします。

結果的にこの方式で実用化された機体は、旧ソ連のAN-72,74のみとなっています。
これは、国土が広い為、設備の整っていない地方空港への離着陸を考慮した結果でしょう。
また、エンジンが翼上面にある為、未舗装滑走路でも異物をエンジンに吸引しにくいといった点も重視したのでしょう。

飛鳥の開発によって得られた物全てが無駄になった訳ではありません。
同時に開発されたFJR710エンジンが国際的に高く評価され、後のV2500となって開花します。
これはMD90,A320等に搭載され、大成功を収めているエンジンです。

でも俺ってなんでこんなに飛鳥が気に入ってるのかな...

|

« だんじり | トップページ | 忍者 »

コメント

この角度から見たのは初めてっス。
離陸直後の横からの写真しか見てないから新鮮ですね。

オイもあのポッテリしたシルエットが鮮明に残ってます。

でも詳しいですね~。

投稿: ginji | 2006年11月17日 (金) 01時03分

どーもです。
大昔本を読んだことがあって
それ以来ずっと本物を見たかったもので。
今日のタイトルは、確か本の名前のはず。

投稿: robert | 2006年11月18日 (土) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だんじり | トップページ | 忍者 »