« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月24日 (日)

クリスマス?

Inuyama012 CONTAX 137MA Sonnar85/2.8 SRM

今日はクリスマスイブらしいですね。
栄に買い物に行ったら人が多くて、びくりしました。
まるで渋谷並みの人手でした。
中古カメラ市が開催されていたので見てきましたが、だめですね。
相場は東京の2倍、さらに出物は何もなし。クラカメブームも本当に終わりですね。
そして、それを理解していない出品者達...
虚しさだけが残りました。もうちょっとうまくやれば盛り上がるのにな。
一番許せないのがO塚商会。カメラの名前間違ってんじゃねえよ。
レンズシャッターとフォーカルプレーンの違いも分からんのか。
しこもそれレンズ交換できないだろ!
しかもそれ春からそのままだろ!!
プロとして恥ずかしくないのかな。

なんか愚痴ばかりですね。
ちょっと嫌な事がありまして。
私の事では無いのですが、男女の関係と言うのは難しいですね。
一番単純な関係なのに一番難しいと言う...
いっそのことタダの動物だったら楽なのに。

| | コメント (0)

2006年12月22日 (金)

昔話

Takagicamera CONTAX 137MA + Sonnar85/2.8 SRM

私がカメラを始めたのは、確か中学1年の時、
お年玉を貯めた貯金を東京出張に出かける親父に渡し
新宿でカメラを買って来て貰ったのが始まりでした。
特にカメラの指定はしなかったのですが、
今考えると、少ない予算の中で、ボディ+標準+望遠と言うリクエストを叶える為に、
親父は親父なりに考えたのでしょう。
簡単に押すだけで写るAEカメラでは、勉強にならない。
(この時本格的なAFカメラはまだ出現していませんでした。)
かといってマニュアル高級機は予算が足りない。
ミノルタであれば、レンズ資産が家に転がっている。
そぢて親父が買ってきたのはミノルタのSRT-101の中古と
標準50mmF1.4と100-200のズームでした。
ほんとよく考えたチョイスだなと思います。
フルマニュアルカメラと標準レンズ1本。
ズームは私のリクエストでしたので、買ってきたのでしょう。
でも新品ではなくデッドストックでした。
恐らく今は亡きドイで買ったのでしょう。
すごく嬉しくて使っていた記憶があります。
このカメラのおかげで絞りとシャッター速度の関係を覚えました。

中学時代はSRTと親父の持っていたX-1を使っていました。
この時は知りませんでしたが、X-1はかなりマニアックなカメラで、
親父は新品で買ったみたいです。かなり使い込んでいい感じになってました。

時代は変わって高校生になり、通学路の途中にあったキタムラでXG-Eを
標準+ストロボ付き15kで買い、その後は大学時代までメインで使ってました。
AEが使えて便利だったので、重宝しました。
周りは皆AFカメラを使ってましたが、なぜか欲しいとは思いませんでした。
お金も無かったですしね。バイト代は全てガソリン代に消えてましたから。

そして何とか就職して上京したのですが、カメラは実家に置いて来ました。
別に使いたいと思わなかったのと、車に夢中で興味が薄れていたので。
そんな時、群馬のまたまたキタムラでT2が格安で売っていたので衝動買いしました。
これは良く写るカメラでした。特に赤の発色が綺麗でさすがツァイスと思ったものです。
でもこれ1台で買い足す事はしませんでした。

その頃両親がロンドンに赴任していたので、正月休みを利用して遊びに行きました。
この時中古カメラ屋を沢山廻りましたが、特に買いはしませんでした。
変なカメラは買いましたが...
その頃の興味の対象が腕時計に移っていたからです。
でも、帰り際に親父が赤エルマー付きのIIfをくれました。
またここでも親父の策略があったようです。
でも興味が薄れていたので、あまり使いませんでした。

それが変わったのは約1年後に銀座でルサールを何となく買ってからです。
へぇ、こんな面白い世界があったのかと。
気が付くと、旧ソ連製のカメラとレンズを買ってました。
今は亡き荻窪や新宿のロシカメ専門店に通ったりしてました。

ロシカメにはまったのは、ツァイスレンズのコピーが安く買えたからです。
T2でツァイスの良さを知ったけど高くて変えないので、ロシカメに走ったと言う所でしょうか。
結局さんざん買った挙句、ほとんど全て売ってしまいました。
やはりそれなりの品質だったんですよね。
でも、ぼろいロシカメを分解しまくったおかげで、カメラ修理の真似事は覚えました。
今でもジャンクカメラの救出に役にたっています。
当時買った中で手元に残っているのは、ゾナーコピーのジュピター3と
トポゴンコピーのオリオン15だけです。
この2本だけは手放せませんでした。なんかいいんです。

その後、ベッサRが出てこれに飛びつきました。
発売前に予約して買ったのは後にも先にもこれ1台です。
銀塩の新品もこれ1台ですね。
これはこれで便利で使っていたのですが、そのときまた親父が現れました。
なんとM4をくれたのです。実際にはIIfとIIIfとの交換でしたが、
まあこれも貰ったものですからタダですね。
今思うとこれも親父の策略だったのでしょう。ただの趣味かも知れませんが...
あっと言う間にウイルスに感染してしまいました。
DRズミクロンや8枚玉を買ったのもこの頃です。

でも完全には感染していませんでした。
もともとマイナーが好きな性格でしたので、変わったカメラばかり買ってました。
そんなある日ぶらりと寄った北千住で出会ってしまいました。
この後のカメラ泥沼人生となった原因に...

| | コメント (0)

大変でした

Inuyama01 CONTAX 137MA Sonnar85/2.8 SRM

昨日はとても忙しい一日でした。
朝、名古屋を出発し、兵庫県の尼崎市にて仕事をこなしました。仕事先を出たのが15:30。そこから名神道を飛ばして、名古屋に向かっている途中、17:00頃に米原JCTの手前で着信が入る。北陸営業所からの電話「お客様が呼んでます。robertさんご指名です」
まじですか!!とりあえずSAに入って顧客とやりとり。本社にも確認を取る。
行きましたよ。行くともさ・・・
そこから北陸道へ突撃し、石川県にある顧客の所へ着いたのが、19:30頃。
トラブル処理をこなして、客先を出たのは21:00。
その後、営業所の人と夕食。しこたま飲んでしまい、ホテルに入ったのは25:00過ぎ。
しかしなかなか寝付けない。結局寝たのは27:00過ぎ。
次の朝、起きたら名古屋へ出発。疲れました。
仕事2件をこなして、さらに移動距離800km以上。ハードな一日でした。
写真撮る暇もありませんでした。

せっかく冬の北陸まで来て、何も楽しいことがないのは癪だったので、帰りのSAでタラバガニ買いました。
明日茹でて、焼いて、食べてやるぅ。

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

WERRA

Werra01 RICOH GR DIGITAL

また買ってしまいました。
そしてまた怒られた...

先日のPentiと同じ東ドイツ製のWerraIです。
CarlZeissJena製です。
Jenaは本来レンズメーカーですので、このカメラはJenaが製作した稀な例です。
他にはJenaContax位しか私は知りません。

余談ですが、ツァイスはツァイスイコンの登録商標を今まで保持してたんですね。という事はツァイスイエナも保持してるのかなあ。

WERRAはIV型を持っているのですが、どうしてもこの初期のI型が欲しかったんです。
このシンプルな、それでいてデザイン性を持った初期型が。
これはテッサー付ですが、本当の初期モデルは3枚玉のノヴァーが付いてます。
それは手に入らなかったのですが、充分満足してます。
また、このキャップ付きがなかなか無いのです。
私は初期型キャップ・ケース付きで、綺麗な出物を探し続けて約5年の月日が流れました。

WERRAは基本的に5つのモデルがあります。
I:距離計無,レンズ交換不可,露出計無
II:距離計無,レンズ交換不可,露出計有
III:距離計有,レンズ交換可能,露出計無
IV:距離計有,レンズ交換可能,露出計有
V:距離計有,レンズ交換可能,露出計有(ファインダ内指針付)
そのほかにmaticやmatと言うモデルもあります。
また、トップカバー形状の違い(角,丸),正面ロゴの有無,ファインダ窓形状等があるので、色違いまでも含めると相当な種類があるはずです。
とても全部集める気にはなりません。
私はこのI型とIV型があれば充分と考えます。

さて試写と行きますか。
とその前にファインダの清掃をしようと思ったのですが、トップカバーがどうしても外れません。外し方は分かっているのですが、ネジが硬すぎて外れない...
とりあえず表面だけ拭いて綺麗になったので良しとしました。
でも、目測なんだよなあ。しかも50mm。

| | コメント (0)

KR

Yusannji02 Konica HexarRF + Nokton35/1.2 KR64

コダックがコダクロームの国内販売を終了するそうです。
ソースはこちら↓
http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/corp/info061213.shtml
ついにと言うか。やはりと言うか。残念です。

近年のデジタル化の状況を考えると、コダクロは早々に無くなると予想していたので、
無くなる前に使っておこうと考え、半年位前から使い始めました。
結局、あの描写を生かした写真は撮れませんでしたが、
フィルムの選択肢が減ってしまうのは残念です。

今度の旅行には冷蔵庫に眠っているコダクロ5本を全て持っていこうと思っています。
最後の思い出として雪景色を撮ってこようかと。
現像が終了したら使えなくなってしまうので、保存しておく訳にも行きませんし。

アグファ,コニカ,コダクロと個性的なフィルムが次々と無くなって行きます。
残るのはフジだけになるのでしょうか。
フジが嫌いという事ではなくて、個性が無くなるのは残念です。
どんな業界も生態系も同じですが、同一種だけでは種の発展は望めません。
時代の流れと言えばそれまでなのですが、返す返すも残念でなりません。
アグファやコニカの撤退も残念でしたが、唯一の外式ポジが無くなると言うのは
それ以上にショッキングです。

でも残ったとしても積極的に使うかは微妙な所です。
だって現像代高いんだもの...

| | コメント (0)

2006年12月12日 (火)

決定

Yusannji Konica Hexar RF + Nokton35/1.2 AE開放 KR64

年末年始の予定が決まりました。
海外はちょっと急過ぎるのでパスしました。
決定した内容は

「青森函館札幌旭川周遊 冬の幸,すすきの,ラムしゃぶ,スキー,旭山動物園よくばりプラン」ついでに撮影旅行

となりました(笑

食って遊んで、どうしようもないな。
まあ、宿は函館以外がタダで泊まれるのでそんなに値は張らないでしょう。
道内の移動も車借りれそうだし。

そうなると問題なのが何を持っていくかという事です。
今回は電車+飛行機移動なので、荷物は減らしたい。
でも、せっかくの雪景色なので、妥協はしたくない。
悩みどころです。
3台は持って行きたいところですが、2台がいい所でしょう。
そうなるとRF1台とSLR1台。
でもなあ。やっぱRF機は2台欲しいなあ...
さらにレンズの選択を考えると、夜も眠れません。
うあーどうしよう。

| | コメント (2)

2006年12月10日 (日)

どうするかな

Tkh01 Leica M2 + Summilux35/1.4 1/15開放 SRM

悩んでます。
正月どうしよう?
候補として
海外へ行く
アジア?ヨーロッパ?
国内旅行
東北・北海道?北陸?九州?

うーん。どうしよう。
休みを取れば10連休になるチャンスを逃す手はないしなあ。

ヨーロッパ行きたいけど旅費が嵩むなあ。
アジアビーチもいいけど意外と値が張るなあ。
東北・北海道で冬の幸満喫+スキースノボもいいなあ。
年末北陸に仕事で行くのでそのまま滞在もいいなあ。
九州方面もあまり行った事ないからちょっと行きたいなあ。

悩みは尽きません。英語に不自由しなければ迷わずヨーロッパなのですが...

| | コメント (1)

花の写真

Cosmos CONTAX 137MA + Sonnar85/2.8 AE開放 SRM

らしくない写真を一枚。
桜以外の花はほとんど撮りません。
でも、この時のコスモスはとても綺麗だったので思わず取りまくってしまいました。
たまにはいいものですね。

実は、もっとらしくない写真も沢山撮りました。機会があればアップするかも。でも、お約束過ぎて面白くないんですよね。

| | コメント (0)

2006年12月 9日 (土)

ひとりごと

Dmc03 Leica M5 + Summilux35/1.4 開放1/15 SRM

最近ブログの更新が滞りがちですいません。
決して飽きた訳でも辞めるつもりでもありません。
ここ最近1週間ほど東京方面にいたのですが、それがいけないようです。
ほぼ毎日飲みに行ってました。
酔っ払って帰って来てブログを更新する気力は残ってませんでした。ついでに理性も...
そんなわけで名古屋で時間が出来たので、更新します。

久々にズミルックスを使ったので一枚。
このときはGRDとM2を交互に使っていたのですが、やはりと言うか当たり前というか、全てが違います。
撮ったという実感もそうですが、写りが全然違います。
綺麗に写っているのはGRDなのですが、自分的にはやっぱりズミルックスの写りが好きです。
こんなゴースト出まくりで周辺光量落ちまくりですが、その場の雰囲気は断然上と思ってしまいます。
まあ、その位の思い込みが無いと、(一般論として)不便きわまりなくて、しかも高いライカを使う理由がありませんからね。(個人的には全然不便と思ってませんが...)

でも一番楽しいのは、上がって来たポジを透かして見るときですね。やはりこれだけはデジには出来ない醍醐味だと思います。

| | コメント (0)

2006年12月 3日 (日)

また車の話

Dmc02 RICOH GR DIGITAL

昨日PRVのV6は310からと書きましたが、間違いでした。
正確にはV6ターボからでした。
昨日書いた後でなんか違うなとは思っていたのですが、すいません訂正します。
なぜ急に思い出したかと言うと今日外環道を走っていると前にV6ターボがいて、「懐かしいな。まだ乗っている人いるんだ」なんて考えていて、ふと思い出しました。
V6ターボ。噂では相当壊れやすい車らしいので、維持しているだけでも感心します。
でもやっぱかっこいいな。あのケツデカ。

| | コメント (0)

2006年12月 2日 (土)

お台場

Dmc RICOH GR DIGITAL

久しぶりにお台場に行きました。
行った理由は欲しいリングを買うためです。
新宿にも店があったのですが、閉店してしまったので、遊びがてらお台場に行きました。
お台場で遊ぶなんて3年ぶり位でしょうか。
平日に行ったので、どこもがらがらでとっても楽しかった。

ヴィーナスフォートのヒストリーガレージは、ただで入れるトヨタ博物館みたいで面白かった。
私の大好きなデロリアンも見ることが出来たし。
やっぱりカッコいいな。
この頃のジウジアーロデザインは最高です。ウェッジシェイプが効いてて、さらにステンレスボディ、たまりません。
私の車もこれくらい幅があればもっと良かったのに。

デロリアンはBTTFで有名になって、私もそれで知った口ですが、生い立ちを知ってさらに好きになりました。
ロータスエスプリのバックボーンフレームを流用し、シリコンコーティングを施した鋼板製バックボーンフレーム。
ルノープジョーボルボが共同開発したV6エンジン。これはルノー310系の物と基本的に同じ物だったはず。
インテリアは樹脂の一体成形物。
さらにジウジアーロのデザインしたオールステンレス無塗装ボディ。
さらに米国の大手メーカーの策略により、会社自体が無くなってしまった事等。
私のツボにはまる車です。
計画だけに終わった4ドアモデルも見てみたかった。

もう一つ私の大好きなトヨタ2000GTも展示してありました。
この車もロータスエランのバックボーンフレームを参考に作られたはず。

| | コメント (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »