« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

秋芳洞

Yamaguchi01 RICOH GR DIGITAL

山口に行ってきました。
最終日に仕事が予定より早く片付き、新幹線の時間まで余裕があったので、秋芳洞に行ってみました。

鍾乳洞は初めての体験でした。
中は照明が所々にあるのですが薄暗く、写真撮るには厳しい条件でした。
日本一の大きさらしく、かなり広々とした地下空間が広がってました。奥行きも1kmもあり往復だけで30分は掛かりました。

| | コメント (0)

2007年1月24日 (水)

巡業?

Simokita Konica HexarRF + kodak ektar 47/f2 + KR

最近移動が多い。
先週から愛知→石川→埼玉→東京→埼玉→愛知→大阪→愛知と来て、今は山口にいます。
殆ど毎日移動しているので、今何処に自分がいるのか分からなくなってくる。
車移動だと、移動したと言う実感があるのですが、新幹線移動だと、着いたら見知らぬ土地なので、頭が混乱してくる。
旅行に行くのであれば、下調べをして「行くぞ!」と出かけるので知らない土地も新鮮で楽しいのですが、仕事でいきなり行くと何の知識もないので、その傾向がいっそう強くなる。

でも、新幹線だと移動中に溜まっていた小説をじっくり読むことが出来て、心が安らぐ。
やっぱり読書っていいですね。

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

コダクローム

Mutsu02 Konica HexarRF + Nokton 35/1.2 + KR

旅行の続きです。
青森から見た津軽海峡です。
いい感じに周辺落ちてます。

それにしてもコダクロの発色いいなぁ。
今になって、もっとコダクロを使いたくなって、近所のキタムラに残っていた在庫を買い占めてしまいました。
と言っても3本パックが2個しかありませんでしたが。

もっと早くから使っていれば良かった。
いや、使わなければ良かった。
そうすれば、知らずに済んだのに...

今後は残り少ない在庫を大事に使って行こうと思ってます。
あと1年弱の短い命ですが。

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

どうすべきか

Gaikan RICOH GR DIGITAL

今日は金沢西ICから草加ICまで、約500km高速をひたすら走ってました。
北陸道→上信越道→関越道→外環道のルートを使いました。
すると高速道路料金なんと

10,100円!!

びっくりです。
さらにガソリン代を足すと15,000円超。
仕事での移動なので懐は痛みませんが、高いですね。

途中雨や強風に煽られたりしましたが、いろいろな景色が見れて退屈しませんでした。
雪は長野県内にしかありませんでした。それも路肩に残っているだけ。今年はどこも雪は少ないみたいですね。

途中2箇所ほど、高機のパトカーがトンネルの出口や路肩の影に潜んでいて、冷や汗をかいたのですが、追いかけて来ませんでした。いったい何を狙ってたんだろう?
もし計測されていたら、確実に赤紙コースだったので助かりました。

草加ICの出口で白煙をもうもうと上げて止まっているミニバンがいました。
右リアタイヤ辺りから煙を上げていて、ゴムの焼ける匂いがしたので、恐らくサイドブレーキを上げたまま走行してしまい、ブレーキが異常発熱して、タイヤが燃えたのだと思います。
横を通過する際、止まるべきか考えたのですが、会社の車には消火器は積んでいない事と、ついさっき黄色いNEXCOの車を抜いた所だったので、すぐに到着すると考え、通過しました。運転手は既に脱出してましたしね。
こういう時は止まるべきなのですかね。でも何も出来ないのに止まると作業の邪魔になりますよね。人が閉じ込められている状況以外では、止まらない方がいいと思うんですけど...どうなんだろう。

| | コメント (2)

2007年1月17日 (水)

ノクトン+KR

Mutsu01 Konica Hexar RF + Nokton35/1.2 f1.2 AE KR

コダクロで撮影したスリーブが上がって来ました。
帰って速攻チェックすると、そこには寒々しい北国が写っていました。
実際にはこんなに寒そうではなかったのですが、フィルムのせいかトーンが沈んで、いい雰囲気になってます。

Noktonも開放では周辺光量が落ちて、それがまたプラスに働いているようです。

ピントの合った所はシャープで、バックはグルグルにもニジニジにもならずに、なだらかにぼけて行く。
かといって2線ボケにもならず、物の形は保っている。
でも、周辺光量は低下する。

かなり個人的に好きな描写です。

安売りしてた時に買っておいて良かったな。

| | コメント (4)

2007年1月15日 (月)

復活?

Us1a Canon EOS KDN

正月明けてからずっと体調不良でしたが、今日になってやっと回復したような気がします。
これでアルコールも解禁かな?

今年に入ってから毎日欠かさず、自転車通勤をしています。
この時期とても寒いのですが、自転車で駆け抜けると、そんなことは気にならなくなって気分爽快です。
これには、今の自転車に慣れてきたと言うこともあると思います。

自転車に毎日乗るのなんて高校以来ですから、初めの頃は怖くてイン側に車体を倒せず、ハンドルでギクシャク曲がってました。
それが、徐々に体が乗り方を思い出してきて重心移動を使って、スムーズに曲がれるようになって来ました。

そうなってくると、ちょっと不満が出てきます。一番の不満点は、

「フロントの剛性が足りない。」

折りたたみ機構がハンドルについている為、力が逃げてしまって、いまいち気持ち良くありません。
またフロントのサスペンションも、柔らかすぎて気に入りません。
ここをリジットに変えることが出来れば、もっと軽やかに曲がれるのに。

でも、その他の面は気に入っています。
中でもシフトレバーは良く出来ています。
右手の人差し指を引いてシフトアップ。親指で押し込んでシフトダウン。さらに親指を押し込むと2段ダウン。これをハンドルから一切手を離さずに行うことが出来ます。
さらに、フル加速中にシフトアップをしてもチェーンが外れません。
これにはびっくりしました。
だって高校時代の自転車では確実にチェーン外れましたから。

高校チャリでは、
右手をハンドルから離して、シフトレバーへ。
ペダルを漕ぐのを一旦止める。
シフトレバーを操作。
ペダルをゆっくり1回転。
ギアが変わったのを確認して加速再開。

こんなんが普通と思ってました。
相当、時代の流れに取り残されていたようです。
さすがに10年以上経つと進歩してるんですね。
高校チャリがクラッチペダル付きのMTだとすると、
今のチャリはまるでクラッチペダルレス、パドル付きのシーケンシャルシフトです。

ギアの位置がビシッと決まるのも気持ちいです。
前はワイヤーの伸びに合わせて、定期的に微調をしないと異音が出たものです。

不満だったブレーキもパッドの当たりとストロークを調整したら、コントロールがしやすくなりました。
これならカックンブレーキは避けられそうです。

次はフロントフォークのアフターパーツでも探そうかな。でも怒られるな?

※写真と文章は全然関係ありません。ただのネタ切れです。

| | コメント (0)

2007年1月14日 (日)

週末は

Vinaus RICOH GR DIGITAL

何もせずに部屋にいました。
まるでヒッキーになった気分です。
一日の半分は寝てました。
あぁ、もったいない。
早く完治して遊びに行きたい。
頭痛さえ治まれば出かける気になれるのに...

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

函館その3

Goryoukaku03 RICOH GR DIGITAL

また函館五稜郭です。

写真のアングルは、有名な函館の夜景のちょうど反対から撮影した位置にあたります。
奥に見えるのが函館山で、その手前がくびれているのが分かりますか?

カラーのjpegで撮影してLightroomでグレイスケール変換しています。
トリミングなしでコントラスト,トーンカーブをいじるだけと言う私の使い方ではとても使いやすいソフトです。
今はBeta版が無料公開させていますが、春頃には製品版が出るようです。
値段が気になる所ですが、おそらく購入すると思います。

最近ものすごく体調が芳しくありません。
頭痛がひどくて鎮痛剤を服用していたら、血尿が出ました。
これはまずいと思い、以前東京の脳神経外科に群発頭痛と言われたので、
名古屋の病院に診察に行き、そのことを告げてCTを撮影してもらうと、全然別の病名を告げられました。
結局耳鼻科に行って診てもらい、今は投薬治療中です。
まあ原因がはっきりしたので、良かったのですが、もっと早く分かっていれば、ここまで悪化しなかったのにとちょっと思います。
だって全然別の病名だったんですから。
医者には、かなり進行しているので完治に2ヶ月は掛かる。と言われました。
完全に治したいのでしょうがないのですが、血尿が怖くて鎮痛剤を飲めないので、頭痛で仕事にならず、今週は殆ど会社に行ってません。
行っても耐えられなくて、早退してしまいます。

でもちょっと良かったこともあります。
名古屋の医者や薬剤師は、すごく丁寧でびっくりしました。

今まで健康なのは当たり前と思っていたのですが、たまたま運が良かっただけなのかも知れません。
皆さんも体にはくれぐれも気を付けて下さい。

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

函館その2

Goryoukaku02 RICOH GR DIGITAL

城マニアが函館で外せないのは五稜郭です(笑

そんな訳で五稜郭公園へ行きました。
以前、横から眺めた事はあったのですが、
当たり前ですが、五角形には見えません。
そこで今回は五稜郭タワーに登る事にしました。

が、行ってみてびっくり。
タワーが変わってました。
記憶では棒の上に展望台が載っているイメージだったのが、
星形支柱の上に、逆ピラミッド状の五角形展望台が載っている
真っ白な新しいタワーに生まれ変わってました。
なんでも2006年6月にオープンしたそうです。
その日、我々が着いた時には、既に終わってましたが、
入場者数100万人を達成した日だったそうです。
くそう、もうちょっと早く行けば、大当たりだったのに。

ここのタワーの凄いところは展望窓の傾斜がきつい事。
下を覗き込むと、タワー自身を支えている支柱まで見る事が出来ます。
覗き過ぎて頭に血が上り、気持ち悪くなりました。

展望窓は大きく取ってあり、景色がよく見えます。
五稜郭の反対の窓からは、函館山をバックにした町を一望できます。
夜はきっと夜景が綺麗なことでしょう。
函館山に登るよりいいかもしれません。寒くないので。

| | コメント (0)

函館その1

Hakodate01 RICOH GR DIGITAL

年末年始は予告通り青森北海道旅行へ行ってきました。途中体調を崩してしまい旭川へはいけませんでしたが、存分に楽しんで来ました。

青森編から始めようと思ったのですが、デジカメで全く撮影していなかったので、唯一デジカメを使用した函館編から。
他はコダクロームの現像が上がったらアップします。来週以降ですね。

写真を見ても分かるように、1月だと言うのに全く雪がありませんでした。吹雪に霞む港町を撮る予定がまるっきり外れてしまいました。

そこで一度乗って見たかった路面電車に乗ってきました。港町に路面電車。なんかいいですね。今まで函館には車でしか行ったことが無かったので、車窓からの景色は今までとは違った新鮮なものでした。
なんでも地球温暖化問題から、最近は見直されているらしいです。パリでは60年ぶりに復活したとか。

画面右上のあやしい影は幽霊ではありません。ミラーに写った私です。

| | コメント (0)

2007年1月10日 (水)

あけましておめでとうございます

Goryoukaku01 RICOH GR DIGITAL

いまさらですが、新年あけましておめどとうございます。
本年もよろしくおねがいいたします。

昨年は写真を通じて多くの方々とお知り合いになる事が出来、また自分自身いろいろと環境の変化もあり、忙しくも充実した1年でした。
今年は昨年以上に充実した写真生活を送れるよう精進してまいります。

まずはブログをまめに更新することが目標でしょうか。

| | コメント (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »