« | トップページ | 雪 »

2007年3月11日 (日)

今日も金沢

R0012072_1 RICOH GR DIGITAL

今日も金沢にいます。
今回で十数回目の滞在です。
全て車移動である事を考えると、北陸道を一体何往復したのでしょう。
我ながら感心します。
今や殆どのコーナーを覚えていしまいました。長距離トラック運転手のようです。
「次は登りだから加速しようかな」てな感じに。

しかし今日の日本海沿いの北陸道は、猛吹雪でした。
海風によってフロントガラスに、雪が叩きつけられ、夏用のワイパーは凍結寸前。
車を降りると、フロントマスクは雪と氷で真っ白に凍り付いてました。
でも、さすが四駆+スタッドレス。この程度ではなにも起こりません。
まあまだ、路面は凍結してませんでしたからね。

写真は小松空港前の小松航空プラザに展示してある。三菱T-2練習機ブルーインパルス仕様です。もう何年も前にT-4に後釜を譲っているはずですが、私はT-2時代しか知りません。T-4に変わってから一度も航空ショーには行って無いので。最後に行った日から、もう十年以上経ちますね。今年は久々に行きたいけど、きっと日程が合わないなあ。

|

« | トップページ | 雪 »

コメント

写真を拝見して、さてT-2の機体のどの部分かなとしばらく考えてしまいました。平頭鋲を使っているのにワッシャーが付いてるなど、流体力学的な疑問が頭の中をグルグル。
古い機体を展示するに当たり、補強のためにワッシャーを入れたとすれば垂直尾翼とテールだと推測しましたが、はたして正解はいかに?

投稿: エルマックス | 2007年3月12日 (月) 19時14分

さすがですね。正解です。左下の丸い部分がノズル後端で、画面上が垂直尾翼になります。ワッシャーですが、他の写真を見ると、このパネルのみ全周に使われているので、元からだと推測されます。このパネルはノズル直後の高温部分ですので、チタン系合金のはずです。チタンはクラックが入りやすいので、熱膨張時の逃げを確保するため、取付穴径を広げてワッシャーで押さえているのではないでしょうか。あくまで推測ですが...

投稿: robert | 2007年3月13日 (火) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 雪 »