« 東京と大阪では | トップページ | 広島 »

2007年8月21日 (火)

推測

20070817img_2312 Canon EOS KDN

那覇空港で中華航空機が炎上しましたね。
事故原因はまだ明らかになっていませんが、ニュース報道を総合して考えると。
(あくまで、勝手な想像です)

右エンジン後方から燃料が漏れ出す。(地上整備員がこれを見て、脱出を要請)
漏れ出した燃料は、南風に乗って機体左側へ流れる。
(那覇の滑走路は完全な南北を向いていて、着陸進入コースから見て南風だった事は明らか。また煙も左へ流れている。)
機体下に流れ込み、外気温によって加熱された燃料が気化。
主脚ブレーキの余熱で過熱され発火。
(ジェット燃料の発火点は210℃。カーボンブレーキの最高温度は800℃以上。タキシング中に冷却されるとは言え、発火するに充分な温度でしょう)
胴体から左翼下で燃料が燃え、左翼のインテグラルタンクを加熱。
密閉された燃料タンク内で過熱されたジェット燃料が気化し、内圧が上昇。
この間に乗客乗員は機外へ脱出。
温度と圧力によりタンク内の燃料が発火点を越え、発火,爆発。(1回目の爆発)
(ディーゼルエンジンの爆発と同じ原理)
爆発した燃料タンク内の残り燃料が地面で燃え続け、加熱された隣の燃料タンクが次々と爆発。
高音に晒され、強度の低下した中央胴体が落下。
さらに左主脚が折れ、機体は左に傾く。

右エンジンが先に出火したとの説が有力ですが、燃料漏れの原因にはなったでしょうが、燃え残った右エンジンを見ると、火元ではないように思えます。
パイロットが消火レバーを引かずに、脱出指示するとは思えませんし。

しかし、90秒以内で全員が脱出できた事は素晴らしい。
低い地上高が、幸いしたのでしょう。
これがB747だったら、こうは行かなかったのでは。

なにはともあれ、犠牲者がいなくて良かった。良かった。

|

« 東京と大阪では | トップページ | 広島 »

コメント

さすがの分析ですね。本当に犠牲者が無く、良かったと思います。コニカの映りいいですね。しかし、奈良は熱かったのでは無いですか。傘の日陰部分の色とエッジの優しさ、それからボケの雰囲気と申し分ないですね。唐招提寺の写真も楽しみにしています。

投稿: Shige | 2007年8月21日 (火) 11時56分

航空会社の過当競争は、ややもすると整備コストの削減をもたらしますね。航空券の安い会社の飛行機は注意して選択利用してます。

投稿: Elmax改めカジキおじさん | 2007年8月22日 (水) 08時58分

企業側の体質もあるのでしょうね。
今日の新聞では、イメージが悪くなるとの事で
機体のロゴなどを塗装してけしているそうですね。

乗り物全てに言える事なのでしょうが、危険な物という事を考えて使用するべきだと最近よく思いますよ。

私の通勤バイクのモンキー君は排他的扱いですよ世間からは。(遅いからはじに行けってな具合で)。

投稿: amano | 2007年8月22日 (水) 16時06分

shigeさん
ただの勝手な憶測に過ぎません。出火原因も違っていたようですし。奈良は暑かったですね。直射日光が厳しくてコントラストが付きすぎで、瓦屋根がうまく撮れませんでした。

投稿: Robert | 2007年8月22日 (水) 18時43分

カジキおじさん。
そうですね、航空会社の安全と料金は比較していますね。以前、安いからと言って中華航空に乗った事がありますが、今回の事故を見て今後は考えます。企業体質はなかなか変わらないようですし、人身事故発生頻度多すぎです。

投稿: Robert | 2007年8月22日 (水) 18時47分

amanoさん。
どうもご無沙汰してます。
乗り物は全て利便性と危険のトレードオフだと思います。便利であれば、それだけ危険なわけで。そこをどこまで許容して、利用するかは個人の判断になると思います。

モンキーが遅いのは重量オーバーでは?
健康の為、自転車に戻りましょう。

投稿: Robert | 2007年8月22日 (水) 18時53分

あっ!痛たたた
その通り!図星!正解!
モンキーが可愛そうと最近言われたばかりでしたよ。

また、暇を見てお越し下さい。
みんなが遠くに行ってしまってるよ。

投稿: amano | 2007年8月23日 (木) 01時11分

モンキー労わってあげて下さい(笑

来月末に寄れそうです。
よろしくです。

投稿: robert | 2007年8月23日 (木) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京と大阪では | トップページ | 広島 »