« 彦根城 | トップページ | 明日 »

2007年10月22日 (月)

尾道

200710228802 Leica M2 Superangulon 21/3.4 RVP

尾道は過疎化と廃墟化が急速に進んでいるそうです。なんでも1割の家は既に空家で、手入れもされない為、朽ち果てて行くのを待っている状況だそうです。

空家を貸し出そうという動きもあったそうですが、家主に保守的な人が多く、余所者には貸したがらない為、うまく行かなかったようです。

もし貸し出し計画がうまくいったとしても、再生は難しいでしょうね。
急峻な斜面にへばりついている為、車もまともに通れず、生活する為に、リフォームしようにも資材を運ぶ事すら出来ないでしょう。
坂道だらけなので、買い物一つ行くのにも難儀しそうですし、さらに駐車場なんてありませんから、車で買い物にも行けない。

考えられる手としては、観光客相手のカフェやみやげ物店の経営ですが、それほど多くは無いであろう、また今後増加する見込みも無い観光客の数では、自己所有の物件ならともかく、借家での経営では立ち行かないでしょう。

とても素敵な町なのに、もったいない。
このまま何もしなければ、いずれ廃墟になってしまいそうです。
手遅れになる前に、何か出来るといいのですが、起死回生の一発が無いと難しいだろうな。

|

« 彦根城 | トップページ | 明日 »

コメント

21mm、ナンバーがどうも私好みでなく、今回は縁がありませんでした。また当分、ルサールでがんばります。尾道は日本国にとっては、ライツ製ライカクラスの大切な文化遺産です。今後も路地の一つ一つが今の味わいのまま守られるといいのですが。心ある若者に受け継いでいくしかないですね。かつては尾道の駅前も凄く良い雰囲気でしたが、きれいになるばかり、港町の味わいは薄くなっていっています。

投稿: Shige | 2007年10月22日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 彦根城 | トップページ | 明日 »