« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

紅葉

2007112710 Konica Hexer RF + Jupiter3 50/1.5 + KR

今年は暖冬のせいか、まだ紅葉していますね。
先週は3連休だったので、あえて京都に行くのを避けました。
なぜって、えらい混んでそうだったから。

そんなわけで今週末は京都に行こうかな。
嵐山は移動距離が長い上に、徒歩以外の交通手段が無いのでパス。タクシー乗るのもなんだしね。

そうなると東山方面かな。まだ結構混んでいそう。でもせっかく関西に住んでいるので、行ってみようかと思ってます。来年まで大阪にいる保障はありませんから。

| | コメント (0)

2007年11月29日 (木)

久々に

2007112705Konica Hexer RF + Jupiter-3 50/1.5 + KR

東京出張が入りました。来週月曜日、月初めですね。前回の出張が9月でしたから、かなり久しぶりの東京出張になります。月2回ペースで行ってた頃が遠い昔のようです。

けれど今回も日帰りなので、どこにも寄れないかな。八重洲口や有楽町の新しい建物も見てみたいのだけれど、どうかな?他にも行きたい場所や会いたい人がいるのだけれど、体力的にちょっと不安があるので、寄り道せずまっすぐ帰る事になりそう。

| | コメント (2)

2007年11月28日 (水)

気分転換

2007112708 Konica Hexer RF + Jupiter3 50/1.5 + KR

最近kievを立て続けに購入した影響で、防湿庫の奥底に眠っていたJupiter3を引張り出して使ってみました。

簡単に説明しますと、大戦終了時に旧ソ連が戦後賠償の一環として、ドレスデンのツァイスから接収した機材を用いて、(もしくはコピーした)戦後生産されたゾナーのクローン(戦後賠償なのでコピーではなくクローンではないかと...)レンズです。

本物のゾナーは高いですし、コンタックス用ですので、さらに高価なマウントアダプタが必要ですが、これはLマウントですので、そのまま使えます。ただしL-Mアダプタは別に必要です。
Lマウントのゾナーも極少数存在しますが、これはもっと高価です。また、その殆どが戦後の混乱期に非公式に製作された物のようです。また、近年になってレンズ銘板のみジュピターと交換された悪質な改造品も存在するようです。そんな事情で遊ぶ分にはジュピターで充分かなと。

久々に使ってみましたが、結構面白い写りをするレンズです。
また、軽いのがいい。レンズ自体が小さいこともさることながら、鏡胴がアルミ製ですので、非常に軽く仕上がっています。
それに比べて、普段持ち歩いているノクトンのなんと重い事よ。
いつもは一本が十分に重たいので、他のレンズは持ち歩かないのですが、ジュピターの時は他に28mmも携行しています。
35mmに慣れた目には50mmや28mmは、とても目に新鮮で撮影が楽しくなって来ます。

しばらくこのスタイルで行こうかな。

| | コメント (0)

2007年11月27日 (火)

Kiev10実写編

2007112714 Kiev10automat + Herios 50/2 + RVP

週末、万博公園で使ってみましたKiev10。

やはり、ボディが大きすぎてレリーズし難い。頑張って押せても手ブレしてしまう。
が、途中で気づきました。中指で押せばいいんだ。

中指だとボタンまでの距離が近くなるので、無理なく押す事が出来ます。

その後は快調に撮影を進める事が出来ました。2007112722

外光式の旧式なAEですので、カメラ任せの露出では、やはり大きく外す事があります。
また、感度設定の単位が良く分からなかったので、手持ちのヘキサーの指示値にフィルム感度ダイヤルを合わせたのですが、ちょっとオーバーだったようです。

露出オーバー気味のカットに限らず、ちょっとコントラストが低いようです。内面反射でもしているのかも知れません。調べて見ないと。

| | コメント (0)

2007年11月25日 (日)

海遊館

20071125r0013031 RICOH GR DIGITAL

三連休最終日は前日の疲れにより、遠出はやめて近場に行くことにして、地下鉄で30分ほどの天保山に行きました。

特に下調べもせずに出かけたので、良く分からないまま海遊館へ入ってみました。

ジンベエザメがいると言う位の知識で入ったのですが、結構面白かった。

まず最上階にエスカレータで連れて行かれて、大水槽の周りを回りながら、下に下りていくだけの構造なのですが、水面から底にいる魚まで別々に見ることが出来、なかなか良く出来た構造でした。

階段が一切無く、全てスロープで構成されているのは、さすがと思いました。

のんびりと歩きながら、深度に応じた魚を眺められる。

立地面積が少ないながら、良く考えられた水族館でした。

写真はパートナーが撮影したマイワシとカタクチイワシです。
水槽の前で「にぼし、にぼし」と叫んでいました。

| | コメント (2)

2007年11月24日 (土)

Tower of the sun

20071124ts350053_2neon AU by KDDI

今日は天気が良かったので、紅葉狩りに万博公園へ。

公園前の道路は仕事でしょっちゅう走っていて、「おおっ太陽の塔」と眺めていましたが、公園の中に入るのは初めて。

中は想像以上に広く、一日ではまわりきれない位。新宿御苑を想像していたから、全然広くてびっくり。

お目当ての紅葉は、場所によりまちまちと言った所。そっちはフィルムで撮ったので、アップは後日。

今日一番びっくりした事は、太陽の塔が想像以上に大きかった事。全高65メートルって...かなりの迫力でした。

ここで万博が開催されていた時は、さぞかし賑やかだったんでしょう。また、これだけの規模の万博を開催出来ただけの、活気と経済力が日本にあったんですね。

写真はデジカメを忘れたので、携帯で撮影。うーん、これはひどいな、ごめんなさい。

| | コメント (2)

2007年11月18日 (日)

姫路城

20071118r0012928 RICOH GR DIGITAL

今日はとても天気が良かったので、前々からもう一度行きたいと思っていた姫路城へ行ってきました。
前回の訪問は去年の7月だから、もう16ヶ月も前になります。仕事では、週3日姫路に通った事もあるのですが、プライベートでは、なかなか機会が無く、こんなに時間が経ってしまいました。

前回来たときはものすごく暑くて、天守閣を登り切った時には汗だくで、天守を吹き抜ける風が心地良かった思い出があるのですが、今日の姫路は寒かった。帰ってニュースを見たら木枯し1号が吹いたそうで、どうりで寒い訳だ。

やはり姫路城はいい。この2年間で、国宝天守4箇所全てと、その他数多くの城に行きましたが、世界遺産日本第一号になっただけあり、スケール、美しさ共に他を寄せ付けないものがあります。

次は桜の季節に来て見たいなぁ。それまで大阪にいるのかな?

| | コメント (2)

ただ君を愛してる

20071117img_3040 Canon EOS KDN

いまさらですが、つい先ほどwowowで映画「ただ君を愛してる」見ました。

これって主人公がF-1使っているんですね。
見てないので当然ですが、知りませんでした。

前作の「恋愛寫眞」ではNF-1でしたが、今回はF-1でした。ユーザーとしてはちょっと嬉しかった。なのでこの写真。
前期か後期かはちょっと分かりませんでした。

映画の中のF-1はかなり忠実に描かれてました。
シャッター音はしっかりとF-1の音を使っていたし、スクリーンでピントを合わせるシーンでは、ちゃんとF-1のスクリーンを表現してました。ちょっとびっくり。よほどのマニアがいたのでしょうか。

今はF-1の中古相場はかなり下がってますね。F-1だけでなく趣味的要素の強いライカやニコンのRF機などは上がってますが、一眼レフは下がる一方ですね。

いいカメラなんだけどな。
追針式の正確なTTLメーター付きの機械式フルマニュアル機。
これ以上のスペックって実は必要ないんですよね。
でも持ち出す事って殆ど無いんです。

なぜかと言うと、スナップには身軽で使い易いRFを持ち出すんです。
それで、一眼レフを持ち出す機会と言うのは、今日はちょっと気分転換に違う気分で撮影したいぞ。という日で、そういう日には、もっと使いにくいカメラを持ち出して、「うーん。なんて使い難いんだ」的に楽しんでいます。それに対してF-1はあまりに使い易いので、候補に全く上がって来ないのです。
そうなると防湿庫の奥深くに眠る事となり、ますます持って出動機会が減ると言う悪循環に至ってます。

でも、好きなカメラなので、放出するのは嫌なんです。

| | コメント (0)

2007年11月13日 (火)

kiev10

20071106img_3013 Canon EOS KDN

先日のkiev15に引き続いて、また変な物を手に入れてしまった。これまたバイオハザード・ミラジョボビッチの故郷、キエフから届いたkiev10。本当は初めからこれが欲しかったのだが、高騰してしまって買えなかったので、先日のkiev15を買ったのでした。今回はなぜか誰も入札しなかったので、安く買う事が出来た。(前回の白熱したバトルはなんだったんだろう...)

これまたでかくて重い。でもこのデザインとメカニズムの前では、そんな事は関係ない。発表は1964年と言うから実に43年前。奇しくも東京オリンピックの年。フォーカルプレーンシャッターSLRとして世界初のAE機構搭載カメラらしい。この固体はtype3と言われる最終型で、1971年製であるので今年で36歳であるが、にわかには信じられない位程度がいい。ライカなどはもっと古くて程度の良い物がごろごろしているし、現に所有もしているが、それは定期的なメンテナンスを受けてきたから。まともなメンテナンスを受けていないであろうこのカメラが、これだけの状態を保っているのは、酷使される事無く、適度に使われていたからであろう。またキエフは日本の様に湿度が高くないであろう事も要因のひとつだろう。

20071106img_3033 しかしこのデザインはすごい。模倣品が多い旧ソ連製のカメラの中で、外観だけではなく内部機構に至るまで何にも似ていないこのカメラ。私の中では勝手に旧ソ連時代の最高傑作だと考えている。

| | コメント (4)

2007年11月 5日 (月)

運動不足

20070726035_2 Konica HexerRF + Nokton35/1.2 + KR

この一週間、自宅で静養していたのですが、昨日、久しぶりに外へ出ました。

久々の外は気持ちが良かった。
と言っても郊外に出たわけではなく、ミナミをぶらぶらとしただけ。

入院していた日数を合わせるとほぼ2週間、ろくに歩いていなかったので、歩くのがつらいつらい。

まず、早く歩けない。
かなりせっかちな方なので、歩いていて抜かれる事はまず無かったのですが、もう右から左から抜かれまくり。

次に走れない。
駆け込み乗車。本当はやってはいけないのですが、間に合うと思って行くと、体が付いて来ない。
結果、ドアに挟まれ車内放送で怒られました(泣

完全に体がなまってしまいました。
これからリハビリに励むことにします。
このままではスナップに出かけるのもままならない。
その前に出勤しなければ、それが一番考えたくない。

| | コメント (6)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »