« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

猫酒場

Img_36301 Canon eos KDN

新宿の後は銀座へ。
いつものアンティへ顔を出すと、ちょうど板金ライカ倶楽部の写真展撤収日で、皆さんお揃いでしたので、一緒に混ぜてもらって楽しくお酒を飲んでいると、なにやら先日面白い店を見つけたそうで、その話で盛り上がっていると、「よし、これから繰り出そう」と言う事になり、一行は浅草へ。

国際通りから一方通行の道を少し入った所でタクシーは停車。先頭のElmaxさんは脇の路地をどんどん進んで行く。「咲くのかな?」だったか「すごいよね」か。その言葉につられ、上を見上げると見事な藤棚があった。まだ花は出ておらず、枯れ木の様な風体を晒している。「何処から生えているのだろう?」と周りを見回すと、居酒屋らしき店の引戸脇の僅か30cm四方程度の地面から、幹が身をよじらせるように棚に向かって伸びている。「すごいな。咲いたら見てみたい。」

眠くなって来たので、また明日。

| | コメント (4)

2008年3月30日 (日)

お花見

Sdim02191 SIGMA DP1

お花見に新宿へ行って来ました。
ソメイヨシノはちょうど満開で見頃でしたが、その反面人、人、人。
新宿門近くの芝生は人で埋まってました。

さくら撮影にと出掛けたのですが、あいにく雲が出てきてしまったので、
撤収して西口の中古カメラ店へ。
真っ先にジャンクコーナーへ行くパートナー...
おいおい。
「ほらほら、上海あるよ!」
「どれどれ。うわ高っけ。ジャンクだろ」 て言うかマニアック過ぎ。
その後店内を一巡しましたが、在庫が変わり映えしないので、早々に退散。
思うのですが、中古カメラの動きが鈍くなっているように感じます。
ちょっと心配な傾向です。

| | コメント (3)

2008年3月23日 (日)

春ですね。

Sdim01851 SIGMA DP1

今日は本当にいい天気でした。
最近恒例となって来た近所の梅林公園へ行くと、白木蓮の花が満開でした。先週満開だった梅はもう散り始めていて、種類の異なる物が満開と言った感じでした。
また、東京で開花宣言のあった桜は蕾から花びらがはみ出していましたが、まだ開花はしてませんでした。

| | コメント (4)

2008年3月19日 (水)

いちご狩り

Sdim0162a1 SIGMA DP1

DP1を手に入れて2週間が経つのだが、つかいこなしているとは、到底思えない。

これは先日いちご狩りに行った際に、撮ったのだが、これではDP1を使った意味が無いではないか。なにやってんだか?

極めて個人的な意見ですが、DP1ってちょっとKRっぽくありませんか?あくまで主観的な意見ですが...

| | コメント (4)

2008年3月15日 (土)

またDP1

Sdim01401SIGMA DP1

先週に引き続き、DP1を持って近所の梅林公園へ。
先週と比べて今週の方が開花は進んでいたが、祭りを開催していないだけで、人出はぐっと減り、かなり歩き易くなっていた。
たぶん、花を見る事が目的ではなくて、昼間から外で堂々とビールを飲む事が目的だったらしい。

また懲りずに最短撮影距離で梅の撮影。
やはり最短距離が30cmと言うのは物足りない。GRD並みの1cmとは行かないまでも、せめて半分の15cmまで寄れたらまた違った世界が広がるのに...
解決策としてクローズアップレンズを購入しようかと考えている。さらにフードアダプタも、もう1セット購入してフィルターとクローズアップレンズをワンタッチで交換できるようしようかなと。

接写が出来るようになるのはいいが、ちょっと問題が出てくる。これは最近判明した事ではなく、購入時から気になっていたのだが、明るい場所でモニタがすごく見難いのである。まあ所詮液晶画面なので、デジカメは皆そうなのであるが、こいつは特に見難い気がする。あまりに見えないので外付けファインダーを多用している位である。これじゃまるでM3にエルマリート28mm付けたみたいじゃあないか(笑。いっその事露出もマニュアルにしようかな?それやとデジカメの意味無いやろ!(心の突っ込み)
そこまで行かなくても液晶モニタは構図確認と水平出しに使用しているだけで、露出の確認は全くと言っていいほど出来ない。さらにピントの確認に至っては絶望的ですらある。
この写真もマニュアルフォーカスにして目測で撮影した。構図だけはかろうじてモニタを頼りにしながらである。
なんかRF機を使っているのと大差ない気がする。それはそれで楽しいので良いのだが。

なんだかんだ言って不満はあるけれど、出来の悪い息子みたいでかわいく思えてくるから不思議だ。なんでだろうな?

| | コメント (6)

2008年3月 9日 (日)

日向ぼっこ

20080309013暖かい日差しの中、新聞を読むおじいちゃん。
心が和みます。

| | コメント (2)

2008年3月 7日 (金)

DP1試写

Sdim00081 SIGMA DP1

外へ撮影に行く時間が無いので、自宅の中で一枚。
この程度では良く分かりませんが、等倍で見ても嫌な感じがしないかな?

DP1をメインのデジカメ(あくまでデジカメのメインです)とする為に、退路を断つ意味でGRDは手放す事にしました。と言っても売却はせず、小樽に住んでいる弟にあげる予定です。以前里帰りした時に欲しがって、その時に後継機を買ったらあげる約束をしてましたので。

あて明日はお休みです。思う存分写真を撮って来ようと思います。もちろんSPとDP1とモノクロフィルムを持ってね。

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

もう一つの選択肢?

R00114971 いつまでも引っ張っていても仕方ないので、報告します。

結果から言いますとNikon SP-Limitedを買ってしまいました。
Elmaxさんが書き込みしておられたM2やMPもしくはM4、はたまたボディは止めてエルマリート28mm1stとか。でもこっちにしました。ライカを期待していたShigeさんごめんなさい。

なぜライカでは無くてSPなのか?と聞かれると明確な答えは無いのですが、ライカではないRFが欲しかったからかな?

もう一つのシステムRFという魅力と、ライカのような優雅なデザインでは無い、質実剛健としたまるで銃器のようなデザイン。
それでいて操作感はライカに勝るとも劣らず、耳に心地よい静かなシャッター音。
さらに次々と現れるファインダーや、使えないけど機構があるだけでわくわくするフォーカスダイアル等々のギミック。
決してライカより使いやすいカメラでも美しいカメラでもないけど、そのちょっと不恰好な所がまたなんとも言えない魅力ですかね。

そんなわけで早く撮影に出かけたいのですが、平日は時間が無いので、夜な夜な眺めながら晩酌してます。

| | コメント (8)

2008年3月 2日 (日)

DP1入手

R00114941 今日旧式で時代遅れのRF機をカメラ店へ買いに行った折、明日発売予定のDP1について店員さんに聞いてみると、「予約されているのなら今日お渡し出来ますよ」
「えっ!...じゃあ一緒に下さい。」

てな訳で1日に2台もカメラを入手してしまった。
機械式フィルムカメラと最新のデジカメを。

まだ、まともに使っていないので、なんとも言えないが、GRDと比較しての印象を。
(やっぱ比較対象はGRDでしょう)

意外と大きいな。と言うのが第一印象。
前面投影面積はそう大きくないのだけれども、厚みがかなりある。
さらにレンズバリアが無く、前球がかなり大きいので、傷つきそうで心配であったので、フィルタが付けられるようにフードアダプタを付けたので、さらに大きくなってしまった。

質感はGRDに軍配が上がる。
DP1もアルミを使った金属外装であるが、GRDのが緻密感がある。
DP1は見た目より軽いなといった感じ。
これは操作系にもいえる事。各SWの感触もかなり異なる。

動作がもっさりしている。
いろいろな所で述べられているが、起動してから撮影可能状態まで3,4秒掛かる。
さらにピントが合うのに1秒弱掛かる。
RAWの書き込みにまた数秒掛かってしまう。この辺はGRDも同様ではあるが...

全体の印象としては初期のデジカメといったらいいだろうか。

でもこいつの吐き出す絵はなかなか良さげ。
早く撮影に連れ出したいものだ。

もう一台のカメラはどうしたって?
それは後のお楽しみです。
まだ箱開けただけで、全然使ってない。
そういう面では、充電さえすれば使えるデジカメは便利だな。

| | コメント (2)

2008年3月 1日 (土)

旧式RF

2008022206 Ferrania Condor Officine Galileo Eliog 1:3.5 f=5cm 1/50 f6.3 RVP

ちょっとご無沙汰だったかな。
ブログを続けるにも情熱が必要。
くだらない日記なのに他人に読まれる事を前提としている。
自己満足と言えばそれまでだけど、他人が読んでくれると思うと、書く意欲が湧いてくる。唯の日記だったら三日坊主で終わるだろうな。

最近所有しているカメラを処分している。
ちょっと欲しいカメラが出来たのと、使わないカメラを持っていても仕方ないかなと。
それよりかは、これ一台。みたいなカメラが欲しいなと。

そんなわけでちょっと小金が出来たので、一生使えるカメラを買おうと思っている。機種はもう決めている。後は店に行って「これ下さい!」と言うだけである。
明日その決断が出来るであろうか。心配である。

| | コメント (3)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »