« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

最近のF1

004Leica M2 + Super Angulon + Fomapan400

今日シンガポールで初開催されるF1は、初のナイトレースらしいですね。日本との時差もそれほど無く生中継されるようなので、ちょっと見てみようかなと言う気にさせます。
前回のイタリアグランプリでは、名前を知らないチームのこれまた名前を知らないドライバーが勝ったようで、これで少しは面白くなったのでしょうか?
中島パパが参戦していた頃は、毎回欠かさず眠い目を擦りながら見ていたものですが、この十年位は全く興味が無くなって見てません。二世ドライバーのデーモン・ヒルがマシンの力でチャンピオンになった辺りから、見るのが馬鹿馬鹿しくなってしまい、見るのを止めました。だってマシンが良ければ(チームが金持ちなら)、誰が乗っても優勝出来るんだから。
メカ的にも魅力が無くなりましたね。今はV6?2.4L?でしたっけ?当時の3.5LV12フェラーリエンジンは本当にいい音していました。茂木のイベントにジムカーナに行った時に、会場がヘアピンの裏だったので、間近で聞くことが出来、まるで管楽器のような音に「ああテレビと同じ音だ」と感動すると同時に、鳥肌が立った覚えがあります。やっぱり完全バランスのV12じゃないとあの音は出ませんね。

今後のF1は今夜見て、今後見続けるか判断します。きっと見ないけれどね(笑)

| | コメント (2)

2008年9月23日 (火)

マイナー車大集合

Img_4747_2 Canon EOS KDN

先日、精進湖のエントリーを書きましたが、目的はこれでした。
PIAZZA MEETHING 2008
1997年から開催していて今回で12回目です。
一度だけ、自分の結婚式の直前で参加出来なかった以外は、全て参加してます。
メンバーの入れ替わりは激しいのですが、変わらないメンバーは全く変わりません。
普段全く会わなくても、年に一度しか会えなくても、会った瞬間に笑い合える貴重な仲間達です。
この日集まったPIAZZAは31台。
製造終了から17年、初めのモデルからすると27年。
特に人気のある車でもないのに、よくこれだけ集まったものです。
聞く所によると、生存台数は各都道府県均等と仮定して、10台程度と言う事らしいので、この日集まった台数は、そのうちの5%以上と言う事になります。
これだけの台数が集まる事は、このイベント以外ではないでしょう。
でも将来もあるかどうか、微妙な所です。
ずっと続く事を祈ってはいるのですが。

私のいとしい(130万掛けて復活した)ボロは手前から3番目です。
この日唯一のNAエンジン搭載車でした。
(NA=Normal Aspiration 自然吸気=ノンターボ)

| | コメント (8)

2008年9月21日 (日)

精進湖

065Leica M2 + Summaron35/2.8 + Fomapan400

先週の3連休に富士5湖の一つである精進湖へキャンプへ行って来ました。
目的はキャンプではなくオーナーズミーティングなのですが、その話題はまた後日。

精進湖は富士5湖の中で最も小さな湖です。その為か最も観光地化されていません。小さな旅館が数件とキャンプ場しかありません。コンビニもありません。湖で唯一の貸しボート屋は廃業していました。

ここには10年以上前から毎年来ているのですが、年々人が増えているような気がします。それによって他の湖のように、開発が進んだりしないと良いのですが...

| | コメント (2)

2008年9月17日 (水)

すーぱーあんぎゅろん

021Leica M2 + Super Angulon + Fomapan400

すーぱーあんぎゅろん。
以前、ある人が怪獣の名前と言っていたが、そんな事は無くレンズの名前である。

去年、親から強奪してきたレンズを取り返されてしまい、しばらく手元に無かったのですが、やはりどうしてもまた使いたくなり、探していました。
しかし探すと、なかなかいい出物が無い。

半分諦めていた時に、ちょっと高かったのですが、まあまあの程度の物を手に入れる事が出来ました。

その代わり4本のM-Hexanonレンズとドナドナしました。

ようやっと手に入れたはいいが、なかなか使う機会が無く、インテリアの一部と化していました。
しかしながら先日使うことが出来て、やっとこ現像に漕ぎ着けました。

う~ん。やはりいいですな。全然コントラスト出ないし、シャドウは落ちるし、ハイライトはすっ飛ぶけれど、スーパーアンギュロンはこうでないと(笑)

| | コメント (10)

2008年9月 9日 (火)

蝉時雨

013Konica IIIM Hexanon 48/1.8 + RVP

ようやく朝晩は気温が下がって来て、少しは過ごし易くなり、夜は虫の音が聞こえるようになりましたね。秋はもうすぐそこのようです。とは言ってもまだまだ日中は厳しい残暑が続いています。一時期のピークは過ぎたといえ、いまだ過ぎ行く夏を追いかけるかのように、蝉が懸命に胴体を震わせ、子孫を残そうと鳴いています。

蝉と言えば、この温暖化の影響で勢力分布に変化が見られるそうです。今までは関東では見られなかったクマゼミが関東まで勢力を伸ばし、それに追われるかのように油蝉の勢力権が北へ移っているそうです。

大阪で初めての夏を迎えた時に、驚いたのがこの蝉の違いです。暑さを助長するかのように盛大に合唱をしているのですが、何か違う。蝉だと言う事は分かるのですが、何か違和感を感じて聞き入ると、鳴き方が違う。そこでようやく思い当たりました。「ああ、これがクマゼミかぁ」。関東以北しか経験の無い人間にとっては初めての鳴き声でした。

なぜ今更こんな話かと言うと、今日の帰り道にそのクマゼミの鳴き声を耳にして、先ほどの温暖化の話を思いだし、ちょっと蝉に付いて考えてみました。
時期的なこともあるかと思うのですが、明らかに油蝉が減っているように思います。その代わりに増加しているのが、先ほどのクマゼミ、でもこれはまだそれほど多くないと思います。それ以上に猛威を振るっているのが、ツクツク法師です。

ツクツク法師と言えば、私が子供の時分は珍種の部類に入る蝉でした。鳴き声を聞くと嬉しくて一緒に歌ったものでした。ましてや2匹以上が合唱している事なんて奇跡に近い事でした。それが今やあちこちで、それこそ大合唱団を結成しています。そしてそれとは逆に全く見る事がなくなったのが、ヒグラシとミンミン蝉です。

ヒグラシは当時から、山に行かないと中々見れない蝉でしたから、住宅街で見かけないのは、それほど不思議はありません。しかしながらミンミン蝉はどうか?ミンミン蝉と言えば、油蝉以上に蝉の代名詞だったように思うのです。試しに蝉の鳴き声を思い浮かべてみて下さい。「みぃ~ん、みぃ~ん」と言う鳴き声を思い浮かべませんか。

思うに、ヒグラシ→ミンミン→アブラ→ツクツク→クマと移り変わっているように感じるのですが、いかがでしょう?

あのミンミン蝉達は何処へ行ってしまったのか?そしてこれからの夏は何処へ行くのでしょうか?

| | コメント (4)

2008年9月 7日 (日)

ゲリラ豪雨

Mg_4737Canon EOS KDN

最近日本各地でゲリラ豪雨なるものが被害をもたらしているようですが、私の家にも本日やってまいりました。
まだ夕方だというのに、辺りが暗くなり、空がピカピカ光り出したので屋上へ上がってみると、空が凄い事になってました。
今にも雷神が降りて来そうな空です。稲妻も方々に落ちています。この辺りは周りに高い建物がありませんので、屋上からは視界が360°あります。そこで見ていると稲妻と積乱雲の接近が手に取るように分かります。恐怖心を感じる位に稲妻が近づいた所で、雨粒が落ちて来ました。急いで洗濯物とオジギソウを取り込み終わるタイミングで、北からの猛烈な突風が吹き荒れ、それと同時に大粒の雨が大量に頭上から降ってきました。
幸いに雨は小一時間ほどで止みましたので、特に雨による被害はありませんでした。でもあのまま降り続いたら、と思うと恐ろしいものがあります。
やはり地球温暖化の影響なのか?
日本も東南アジアのように毎日スコールが降るようになるのでしょうか?

| | コメント (15)

2008年9月 4日 (木)

初TDL

R0012366鈴鹿のヘアピンを攻めるレーシングカー。ブレーキング中に華麗にヒール&トゥを決め、
セカンドからローに電光石火のシフトダウン。ブレーキをリリースしつつ、ステアリングを静かに、かつ大胆に切り込むと、ノーズがスッとインに向きを変える。そこを逃さず右足をアクセルに踏み換え、腰から伝わるリアタイアの動きと相談しながら、アクセルを徐々に開けていく。クリッピングポイントを過ぎる頃にはアクセル全開だ。そしてまた次のコーナーに備えブレーキングの体勢に入る。

なーんて事は置いといて。ここは舞浜ディズニーランド。しかも鈴鹿のヘアピンは左廻りです(笑
先週末恥ずかしながら、初めてランドデビューを果たしました。シーやUSJは行った事があったのですが、本当にランドは初めてでした。変な思い込みがあってずっと避けてました。ミッキーマウスがうじゃうじゃいて、パレードの車がただ回っているだけだと思ってました。酷い偏見です。
入ってびっくりしました。良く出来ています。これはリピーターが絶えないのも、マイケルが貸切にする気持ちも分かりました。夢の国と言う意味がやっと分かりました。

晴れたり、雨が降ったり、ラジバンダリする生憎の天気でしたが、結構な数のアトラクションに乗る事が出来、満足でした。でもスペースマウンテンは最悪でした。落ちる事は無いので、恐怖感は全く無いのですが、ぐるぐる回されて気持ち悪かった。ジェットコースターで乗り物酔いになったのは初めてです。でも出てくる女の子が「超楽しかった!」なんて言っているのを見ると、三半規管の造りが違うのだろうなと思いました。

逆に気に入ったのはトロッコ列車と蒸気船ですね。座っているだけでいろいろな景色が見られ楽しかった。

今度はもっとゆっくり行って見たいと思わせる場所でした。でも写真撮る場所ではなさそうです。

| | コメント (8)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »