« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月 9日 (日)

写真展へ

30bLeica M4 + Super Angulon 21/3.4 + PRESTO

先日、退院後初の外出で初台で開催されている蜷川実花氏の写真展へ出掛けて来ました。
初台は生前祖父が住んでいたのですが、その後全く縁は無く、せいぜい首都高の上から見るぐらいでした。駅に降り立つのは15年振り位でしょうか、もうさっぱり分からなくなってました。
会場は東京オペラシティとの事で新国立劇場の一部のようです。
今までの蜷川実花氏の写真展は無料だったのですが、今回は有料でした。まあこの会場の豪華さでは仕方ないですね。やはりと言うかいつもどおりと言うか、客層は全て若い方でした。
写真展でちょっと気になったのはモノクロの作品があった事、それもセルフヌードでした。テレビのインタビューでの話してましたが、初期はモノクロで創作活動をしていたそうです。ちょっと意外でしたね。
写真展の後はせっかくなので、歩いて新宿まで行くことにしました。それも甲州街道を歩いてもつまらないので、都庁を目標にしてプラプラと路地裏を歩くことにしました。すると都庁と初台の間の西新宿と呼ばれる地域は、再開発の波に取り残されたようで、フェンスで囲まれた空地の先に超高層ビルが見える不思議な空間でした。
そのまま、都庁の脇を抜けて新宿西口で一休みした後に、ヨドバシカメラ時計館の前で板金さんにばったり遭遇してびっくり。新たに手に入れたレンズの試写中との事で、直ぐに新宿の雑踏の中に消えて行きました。結局その後東口までプラプラして帰途に着きました。
板金(てぶれっそん)さん、結果はいかがでした?

| | コメント (4)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »