« Heliar classic 50mm F2 | トップページ | Fiat500と芦ノ湖ツーリング »

2009年2月25日 (水)

何台分かりますか?

R00130042_3    先日、日本最大のショッピングモールであるイオンレイクタウンへ出かけて、これまた日本最大の大きさの「遊べる本屋」にて、こんな物を見つけて買って来ました。900mm×600mmもある巨大なカメラのポスターで、写っているのはクラシックカメラばかりです。これはなんだと思って右下の小さな文字を読むと1958年に撮影されたようです。と言う事はクラシックカメラではなく、現役のカメラ達といった所でしょうか。謎なのはLIFEのロゴです。ライフで使用中のカメラであったなら、M3を使用していない訳が無いので、きっとロゴだけ使ったのでしょう。
一眼レフが主流になる前のまだレンジファインダー機の時代のカメラ達が写っています。日本のカメラの数が一番多いようですが、ドイツやアメリカのカメラも多数写っています。カメラのバリエーションが豊富で、デザインもいい時代だったのではないでしょうか?
きっとこの時代に生まれていても、とても高価でここにいるカメラ達は購入できなかったでしょう。それを考えるといい時代に生まれたものだと思う一方で、今の面白みの無いデジタルカメラ一辺倒のカメラ業界を見ると、どうなのかなと言う気もします。
ところで、皆さん幾つ分かりますか?私は細かい形式は抜きにして、2台分からないカメラがありました。
※ちいさいくて見にくいので、クリックすると拡大します。

|

« Heliar classic 50mm F2 | トップページ | Fiat500と芦ノ湖ツーリング »

コメント

えっ、たった2台ですか?
ざっとみただけで、7台ぐらい判りません
でも、みな個性たっぷりのカメラたちですね
今だから手に出来るのではあるけれど
もうすこし、現役のときに触ることが出来ていれば と
夢想いたします

投稿: ミモパワーOM-1 | 2009年2月26日 (木) 00時48分

この時代のライフ社のカメラマンと関係あるカメラで、大変重要なスピードグラフィック・ピースメーカーやローライがないですね。

おっしゃる通りライカのIIIg,M3,M2,MPなどがないのも。しかし、中学生時代に使ったミノルタ35、ネオカ、アイレスなど懐かしいカメラがあり楽しいです。

投稿: Elmax | 2009年2月26日 (木) 14時39分

ミモパワーOM-1さん、こんばんは
すいません嘘付きました、もう一台分かりません。ついでにライカコピーもレオタックスなのかタナックなのか分かりません。
このカメラ達が現役だった頃に使ってみたかったというのは私も強く思います。それに比べて今のデジカメが50年後に使えるのでしょうか?

投稿: ろばーと | 2009年2月26日 (木) 21時58分

Elmaxさん、こんばんは
そうですね、スピグラはこの時代の基本ですよね。きっとこのポスターは135版のみなんだと思います。ここにスピグラ置いたらバランス悪そうですので...
ライカ関係は意図したかのようにすっぽり抜けていますね。それにしても羨ましい中学生です。私なんて中古のミノルタST101と親のX-1です。クラカメ好きはこの時からでした(笑)

投稿: ろばーと | 2009年2月26日 (木) 22時06分

古いカメラ達って興味をそそられます。
昨今の家電化したデジタルに興味がわかないのとは、対極にあるようです。

ちなみにたくさんのカメラ名が分かりません。
おおよその見当は付くのですが・・

そうそうエタレタ買っちゃいました。今年3台目・・
ただ、シャッターの分解整備が必要でエターⅢの実力は確認できてません。

投稿: yasu | 2009年2月26日 (木) 23時44分

yasuさん、こんばんは
エタレタですか~それはまた(笑)
是非修理してアップして下さい。
最近ちょっとチェコが気になるんですよね。
フレクサレット行ってしまおうかなんて...

投稿: ろばーと | 2009年2月26日 (木) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Heliar classic 50mm F2 | トップページ | Fiat500と芦ノ湖ツーリング »