« 何台分かりますか? | トップページ | ハッセル&ツァイス神話 »

2009年3月 3日 (火)

Fiat500と芦ノ湖ツーリング

203_2 Hasselblad 500EL + Planar 80/2.8 + TMAX400

1日にフィアット500修理名人であるCanvas Topのギンジさん主催による芦ノ湖ツーリングに参加して来ました。Fiat500のツーリングなんですが、カメラ仲間であるギンジさんのご好意によって特別参加させて貰ってます。(PIAZZAをイタ車だと言ってくれる優しい方なんです...うるうる、涙)
ツーリングはと言うと、いきなり道間違えたりして、どうなる事やらと思いましたが、車同じく、ほんわかとしたまろやかな集まりなので、特に問題にもならず和気あいあいとした、和やかな雰囲気で進行します。
私は車が異なるので、車列の後を付いていったのですが、この眺めが最高でした。ころころと可愛らしいお尻をプリプリさせながら、箱根の狭い峠道をすいすいと上って行きます。そんなにスピードは出ないだろうと余裕で構えていたら、とんでもない。結構なハイペースでグングン上って行きます。下りはさらに水を得た魚のようです。タイトなヘアピンコーナーをものともせずに、綺麗なラインを描いて抜けて行きます。思うに車体幅が小さいので車線いっぱいにライン取りをするとかなりアールを大きく取れるようです。またRR(レッドリボンではなくリアエンジンリアドライブ)なので、上りはリアにしっかりとトラクションが掛かり、下りではフロントに加重が掛かり過ぎないので回答性がいいようです。それにしても軽より小さな、排気量たった500ccの30年以上前の車の走りとは思えません。その走りの実力を改めて見直しました。
また、途中休憩を挟むと、再出発の時は他の車に間に入られないように一斉に全開で発進するのですが、この姿がまた堪りません。1台でも充分キュートなFiat500が集団でトコトコと発進して行く姿はまるで、宮崎アニメの「オーム」が「ビィー」と鳴きながら集団で突き進んで行く姿を連想させ、とても心和む光景でした。
そして、この集団の注目度は半端ではありません。道行く人の殆どが振り返り、指を指す人すらいます。その後を付いて行く私の車には全く見向きもしません。普段は他の車に乗る人からの視線が痛いのですが、この日ばかりは嬉しいような寂しいような複雑な心境でした。
その後箱根湯本の温泉で疲れを取って高速のパーキングにて解散となりました。
帰りの道すがら、隣席のパートナーと「チンクいいよね」「幾らするのかな?」と危険な会話をしていました。くわばらくわばら(笑)

|

« 何台分かりますか? | トップページ | ハッセル&ツァイス神話 »

コメント

おおおおおっチンクエチェントの集団だ!
ノーズを並べた姿は、まるで、ブルースの駐機のよう!

VW、ポルシェなど、RRは、その頃の、必然の姿なのですね

投稿: ミモパワーOM-1 | 2009年3月 3日 (火) 22時35分

いや、イッタリーだから、フィレッツェトリコローリかな?

投稿: ミモパワーOM-1 | 2009年3月 3日 (火) 22時38分

ミモパワーOM-1さん、こんばんは
フィレッツェトリコローリですか、イメージ的にチンクはMB339AよりもG.91でしょうか?
RRの理由はFFが出来なかった事(等速ジョイントが無かった)なんでしょうが、それ以上の魅力があります。

投稿: ろばーと | 2009年3月 3日 (火) 23時24分

お疲れ様でした~

楽しんで頂けた様で何よりでした。
今回は大きなトラブルも無くて、良かったです。
(でも後ろで追っ掛けてる時は緊張します)

また参加して下さいね!!

ピアッツアはイタリア車です(キッパリ)!!

投稿: ginji | 2009年3月 4日 (水) 00時09分

これは楽しそうですね。
この写真も撮りたいです。
その内、僕もチンクエの写真をUPしたいなぁ。

投稿: Shige | 2009年3月 4日 (水) 02時58分

チンクチェントはまさに絵になるかわいらしさ。
最近?チンクの現代版が出ているようですが、やはりオリジナルには適いません。

あれっ2台目のウィンドウからルパンが覗いてら!

投稿: yasu | 2009年3月 4日 (水) 07時59分

あれ?ピアッツァのセミリトラクタブルは埋込んであるんですか?

投稿: m_hash | 2009年3月 4日 (水) 16時05分

チンク、いいですねぇ。以前義弟が持っていて、彼の長期出張中などは、鍵を預かっていたので、よく転がして遊んでました。魅力的なクルマですよね。
そのチンクを義弟が手放すことになった時、なかなか買い手がつかないようなので、「オレが買おうかな・・・」とつぶやいたら、そのときの家内の顔の怖かったこと!。もちろん入手せず。

投稿: イグレク | 2009年3月 4日 (水) 19時51分

ginjiさん、その節はお世話になりました。
楽しかったですね~また私の車がトラブって足引っぱらなくて良かったです。
イタリア車認定ありがとうございます。父親イタリア人のハーフ位に思っておきますね(笑)

投稿: ろばーと | 2009年3月 4日 (水) 20時58分

shigeさん、こんばんは
これだけのチンクを見られて、本当に楽しい一日でした。
是非本場イタリアに生息するチンクの写真を待っています。

投稿: ろばーと | 2009年3月 4日 (水) 21時10分

yasuさん、こんばんは
ご心配お掛けしました。仕事は忙しくないのですが、他が忙しくて更新サボってました。すいません。
チンクのあのデザインは必然であって、それを外観だけ真似しても意味はありませんね。それでもかわいいんですよね。

向こうにいるのは銭形のとっつぁん...「ルパーン!」

投稿: ろばーと | 2009年3月 4日 (水) 21時15分

m_hashさん、こんばんは
さすが鋭いですね。あのカバーが開いた時のちょっと間の抜けた顔が好きになれなくて、カバー固定して乗っていたのですが、カバー一体型のカーボンボンネットが出たので交換しました。フロント軽くなって回答性は向上したのですが、車高が上がっていまい、ちょっと格好悪いんです。

投稿: ろばーと | 2009年3月 4日 (水) 21時23分

イグレクさん、こんばんは
それは羨ましい境遇でしたね~でも奥さんの許しは出ませんよね(笑)
私も余裕があれば欲しいところですが、手間の掛かる車が2台あってもしょうがないのでお預けです。でもいいよなぁ...

投稿: ろばーと | 2009年3月 4日 (水) 21時26分

こんばんは。
チンクチェンとは学生時代に買う一歩手前までいきましたが当時はA112Abarthにはしった私です。今でもチョッとだけ後悔しています。

投稿: Kenclip | 2009年3月 4日 (水) 21時36分

kenclipさん、こんばんは
いえいえ、A112Abarthの方が正解だったかもしれませんよ。チンクであればまだ探せば変えますが、A112はきっと無理でしょうから。でもお好きですね~私は学生時代両方とも検討しましたが、FFジェミニのあまりの走りとデザインの格差にびっくりして衝動買いしました。あの足は良かったなぁ、さすがロータスでした。

投稿: ろばーと | 2009年3月 4日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何台分かりますか? | トップページ | ハッセル&ツァイス神話 »