« キヤノンでモクレン | トップページ | ハッセルでカラー »

2009年3月24日 (火)

戦前エルマーでチンク

252Leica M4 + Elmar 35/3.5 + 400TX

またチンクの写真です。
撮影したのはエルマー35mm/f3.5
このレンズ、戦前1940年製のノンコートレンズなのですが、これが実に雰囲気良く写ります。もちろん現代の目で見ると大した性能ではないでしょうし、逆光ではフレアゴーストの嵐ですので、フードは欠かせません。ところが35ミリ用のフードが例のごとく高いので、私はエルマー各タイプに共通で使用できるFIKUSと呼ばれる伸縮式の物を使っています。これは35ミリから135ミリまで外径36ミリのレンズであれば共通で使用出来る、非常に便利なアイテムであるのに人気が無い為か、他のライカフードと比較して非常に安価で取引されています。これはレンズに装着すると絞り値が変更出来ないのがその原因かも知れません。またエルマーに使用するとレンズよりもでかくなってしまう所も不人気の原因かも知れません。
このレンズの描写はハッセルのプラナーやキヤノンともまた全く違っていて、上手く表現できないのですが、濃厚なんですよね。ハイライトからシャドウまでトーンが豊富という訳ではないのですが、なにかしっとりと落ち着いた描写をします。同じライカのズマロン35mm/f2.8なども似た傾向の写りをしています。やはり同じライカだからでしょうか。

ミモパワーOM-1さんとコメントのやり取りしていて改めて感じたのですが、写真の写りを文章で表現するのって難しいですよね。

|

« キヤノンでモクレン | トップページ | ハッセルでカラー »

コメント

くれよんで塗ったような感じで
ただしっとりしているというよりは
濃いなあという感じが少し入っていますね。
赤(違っていたら教えて下さい)だと思うのですが
色を感じるレンズかもしれません。

投稿: Shige | 2009年3月25日 (水) 01時57分

こんばんは。
トッポリーノ大好きなんでよ。
アバルトバージョンがカッコ良かった!
本気で買おうと思たんですが
車屋やってる友人が
メンテ大変だからやめてくれと言われて
諦めたんですが、この時代になって
リスペクトな新車が出たので
またウズウズしてます。
もちろん初代がいいですけどね。

投稿: ハーフ党 党首 | 2009年3月25日 (水) 02時29分

Shigeさん、こんばんは
その通り赤です。赤か橙かはっきり思い出せなかったのですが、デジカメで撮影したもの見て確認しました。
クレヨン、いい例えですね。こってりとでも言うのでしょうか?

投稿: ろばーと | 2009年3月25日 (水) 21時42分

ハーフ党 党首さん、こんばんは
いいですよねぇ!私も欲しかったんですが北国在住だったので諦めました。
695SSなんて最高に格好いいですよね、でも直ぐに壊れそう(笑)
メンテの事を考えると新型なんでしょうが、やっぱりオリジナルの魅力には適いません。もうちょっと余裕あればセカンドカーに欲しいんですが。

投稿: ろばーと | 2009年3月25日 (水) 21時53分

しっかりしていて、それでいてカリカリしていない描写ですね
テッサータイプのエルマーで、35ミリは辛いと聞いていましたが
辛さを微塵も感じさせませんね
絞りはF5.6から8近辺でしょうか?
後続の車の、崩れていないボケが良いですね
ライツレンズの良さが出ている写真なんですね

投稿: ミモパワーOM-1 | 2009年3月25日 (水) 23時51分

忘れてました、呼びかけ有難うございます、長い名前なので
ミモパワーでも、ミモでも、縮めて頂いてけっこうですよ

言葉で表現するのは難しいですね
写真を見て、いいなぁ と感じたことを素直に
いいなぁ だけでは足りないかと
思えば思うほど、追加するほどに伝わりにくくなるようです

投稿: ミモパワーOM-1 | 2009年3月25日 (水) 23時59分

ミモパワーOM-1さん、こんばんは
絞り値は覚えてませんが、そんなもんでした。
これは良く撮れていますが、フレア、ゴースト、グルグルボケ等々、かなりクセが強く使いごなし甲斐のあるレンズです。その分うまくいった時は嬉しいものです。ライツレンズの良さと言われると正直良く分かりません(笑)

呼ぶ時はミモパワーOM-1さんだと、まどろっこしいですが、書き込む分にはコピペ出来るのでフルネーム?で呼ばせてもらいますね。

写真を前にして、直接顔を付き合わせれば手振りも入るので、話は早いのでしょうが、そうも行きませんしね。難しいです。

投稿: ろばーと | 2009年3月26日 (木) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キヤノンでモクレン | トップページ | ハッセルでカラー »