« 12マガジン | トップページ | 青森行 »

2009年4月24日 (金)

魔性のカメラ

074 Hasselblad 500EL + Planar 80/2.8 +TMX400

ハッセルブラッドは恐ろしいカメラである。
私は以前より大きく重たい中判に興味は無いと、周りの中判を勧めて下さる方々のお誘いを断り続けていただが、その実ハッセルはツァイスレンズという事で興味があり密かに調べていた。結果、買うなら安くてクイックリターンミラー風のELだなと考えてはいた。考えるだけで行動には移していなかったが、そういう時は何故かカメラの方から転がり込んでくるもので、antiの常連さんのP氏からELを格安にて譲って頂いた。

手に入れてしまうと、そこから先の転落人生は早かった。ボディを手に入れたはいいがレンズが無かったので、E氏にお借りして使い始めるとこれが実に面白い。真四角のフォーマットが新鮮で撮影が楽しい。12枚しか撮れないので一枚一枚を大事に撮る様になる。じっくり構図を決めてゆっくりシャッターを押すと、ボッキューンとなんとも言えない音がして、撮ったぞという気にさせてくれる。またフィルムの装填をいかに手際良くやるかという楽しみもある。最後に舐めて封をする所も一本撮り終わった充実感を感じる。

こうなるとやはり自分のレンズが欲しくなってしまう。組み合わせを考えると60mmと100mmだなと考えたのだが、予算の都合もあり、また程度のいい80mmの出物があったのでそちらを購入。結果的には一本で済むので大満足。

使っている内に気になってきたのが、カラーとモノクロの使い分け。特に今月は桜が満開だったのでカラーを使いたい。でもモノクロを使いたいときもある、しかしその為にフィルムをチェンジするのは勿体無い。そうなるともう一個マガジンが欲しくなって購入してしまう。

そして次に気になってきたのがピントのズレ。スクリーン上で合わせたつもりでも、ずれている事がある。何故かなと考えるに、ウエストレベルファインダーは構図の決定には適しているが、ピントを追い込むのにはちょっとつらいのではないか。ルーペを使えばいいのだが、どうも覗きにくいのと、体勢的に手ブレの心配が出てくる。そうなると明るいアキュートマットのスクリーンを入れるか、プリズムファインダーを装着すれば良いのでは無いかと、次のアイテムを購入したいが為の口実を考えている。腕があればカバー出来る問題だとはわかっているが、こうなってくると止められない。

そしてこんな物が...
R0013205 足元からズブズブという音が聞こえてきそう。

|

« 12マガジン | トップページ | 青森行 »

コメント

ふふふ、心の流れ、おおいに賛同しちゃいますね~~。
自分も無意識のうちに同じ思考に、泥沼にはまりかけた
ことあります。
それも楽しみのひとつなんですが・・・。

で、私はハッセルではなく、Rolleiflexでお茶を
濁しました。

投稿: tora | 2009年4月25日 (土) 08時40分

矢継ぎ早の拡充計画ですね。
マット面でピントを合わせるならば
プリズムファインダーが欲しくなる気持ち良く分かります!
システムカメラはこういうのも、楽しみの一つですね
泥沼おおいに結構!!!
にゃは。

投稿: ミモパワーOM-1 | 2009年4月25日 (土) 13時41分

toraさん、こんばんは
私もRolleiflexに行こうかと思った時もあったのですが、合体メカ的な楽しさでハッセルに行きました。このアクセサリーの種類の多さはめっちゃやばいっす(笑)
でも二眼もいいんですよね~

投稿: ろばーと | 2009年4月25日 (土) 20時06分

ミモパワーOM-1さん、こんばんは
システムカメラは罪作りです。その上このデジタル全盛期の恩恵で逆立ちしても買えなかったハッセルを、吟味して買う事が出来ます。嬉しい反面、寂しくもあります。フィルム万歳!

投稿: ろばーと | 2009年4月25日 (土) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12マガジン | トップページ | 青森行 »