« 最後のレンズ | トップページ | 函館の建物 »

2009年5月26日 (火)

Nokton 50mm f1.1

044Konica Hexar RF + Nokton 35/1.2 + RVP

ついに出ましたね、和製ノクチことNokton50/1.1。
てっきり非球面使いまくりの超大口径高性能レンズでF1切りかと思いきや、非球面未使用で明るさもF1.1止まり。どうなの?と思いましたが、Flickrの作例を見ると収差をいい感じで残していて好感が持てる描写です。最近のコシナのトレンドですね。ライカが性能追求型の非球面を次々と投入している状況からすると、良い選択だと思います。あえて、明るさを抑えた事で小型軽量化を図った点も気になります。手元にNokton35/1.2があるのですが、最近はその大きさと重さで防湿庫の肥やしとなっていて(なので写真は2年前の尾道...)f1.4に買い替えようなんて考えていたので、f1.2よりも軽いならf1.4は置いといて、焦点距離は異なるけど、こっちにしようかなと。
でもアサカメの比較作例(小さすぎですが)を見ると、Nikkorのf1.1が欲しくなります。まあこれは手が届きませんので諦めるとして、Nokton欲しくなってしまいました。

|

« 最後のレンズ | トップページ | 函館の建物 »

コメント

重いレンズはだんだん出番が少なくなります。
ボディーとのバランスも難しいし、開放での
被写界深度が浅いので、距離計の調整が必須
となりますね。

投稿: Elmax | 2009年5月27日 (水) 16時50分

おっしゃる通りです。
冷静に考えると必要無いと思えてきました。
ふぅ、危ない危ない。

投稿: ろばーと | 2009年5月27日 (水) 21時57分

でも、尾を引きますねぇー
ファストレンズは…

投稿: ミモパワーOM-1 | 2009年5月27日 (水) 23時06分

ミモパワーOM-1さん、こんばんは
尾を引くとはコマフレアの事でしょうか、それとも諦めても諦めきれない心境を見抜いてしまったのでしょうか(笑)どっちにしろ非実用的に明るい高速レンズは一本は手元に置きたい所です。ああ、言っている事が滅茶苦茶だ...

投稿: ろばーと | 2009年5月27日 (水) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後のレンズ | トップページ | 函館の建物 »