« 円舞曲 | トップページ | 二眼レフ改造完了 »

2009年11月 5日 (木)

もう一回ワルツワイド

31 WALZ WIDE + WALZER 35/2.8+ DNP100 f5.6 1/300

昨日ご紹介したワルツワイドの逆光での写りです。
太陽が画面外にあるにも関わらず、このように盛大なゴーストが発生しています。
またフレアの影響か、全体的にコントラストが低下しているようです。
普通に考えると、とんでもないレンズな訳ですが、逆にこれだけ個性的な描写をするカメラは、かえって貴重な存在なのではないでしょうか。出そうと思ってもここまでは出せません(笑)
そしてこの柔らかな写り。そんじょそこらのトイカメに真似出来るものではありません。
これだけ魅力的な写りのカメラが金属ボディでありながら、数千円で手に出来るのですから買わない手は無いでしょ?

|

« 円舞曲 | トップページ | 二眼レフ改造完了 »

コメント

この写真の感じははっきり言って好きです。
でも、逆光には弱すぎのようです・笑。
使い方を心得れば
柔らかくていい感じのカラー写真が撮れそうな気がします。
モノクロもよさそうですね。

投稿: Shige(目利き) | 2009年11月 6日 (金) 10時58分

Shigeさん、こんばんは
そうですね、これはモノクロに向いているかも知れません。ありがとうございます、さすが目利きですね(笑)
もうちょっと、いろいろな条件で使ってみようと思います。

投稿: ろばーと | 2009年11月 6日 (金) 21時43分

ワルツはカメラが好きで、
用品から始めてカメラ製造までたどり着いたと聞いています
そんな情熱から生まれたカメラに興味はあるのですが
いまだに縁が無いですねぇ。
中古のワルツフードはお世話になってます(^^)

投稿: ミモパワーOM-1 | 2009年11月 7日 (土) 14時18分

こんばんは。
ワルツのカメラは前から興味がありましたが、ミモパワーさんと同じで縁がありません。
そうか、ジャンクを見つけて修理をすれば…。(オイオイ)

投稿: Kenclip | 2009年11月 7日 (土) 22時28分

そうか!
この手があった。盛大なゴーストを利用すれば
面白いかも・・
私のワルツワイドは前回写真でお蔵入りになってます。

でもゴーストは計算できないからなぁ
でもそれが面白い(笑

投稿: yasu | 2009年11月 8日 (日) 11時26分

ミモパワーOM-1さん、こんばんは
カメラが好きな方がカメラ用品から始めてカメラ製作を目指し、その夢を実現したカメラ。ロマンがありますね。
そう考えるとますます愛着が沸いてきます。
ワルツフードは良く見かけるのですが、持っていません。今度ひとつ買ってみようかしら?

投稿: ろばーと | 2009年11月 8日 (日) 16時50分

Kenclipさん、こんばんは
ワルツのカメラって良く見るようですが、探すと意外と見つからないんですよね。
シャッターの粘り程度でしたら簡単に直りますので、探してみるのもいいかも知れませんね。

投稿: ろばーと | 2009年11月 8日 (日) 16時54分

yasuさん、こんばんは
ゴーストは見えませんからねぇ~
でも半逆光以上であれば、ほぼ100%出現するので大丈夫ですよ(笑)
問題はその発生位置ですね。
これでお蔵入りから現役復帰ですね。

投稿: ろばーと | 2009年11月 8日 (日) 16時57分

 珍しいからと友人にもらいました。
強烈な落下品で、ゆるく軍艦部分がゆがみ、ファインダーが内部で破壊され、(こういうとき、距離目測でよかったね)しかも、軍艦部分を連結する、大きなカバーねじがゆがんで外れないという物件。
最初、ラッチを開放しても裏ふたが開かない!
過去、最高のジャンクでしたが、開放に成功し、そのあまりな稚拙なつくりにがっかりし、なぞの内部塗装に驚愕し、いったいどこがいいのかわからなくなり、修理二日目にして、板金屋になってしまいました。
 まあ、なんせ製造されて50年経過していますからね。
ほかのメーカーが二眼レフに主力を置いて細々とやっている時代、(ワルツフレックスもあったね、そういえば)市販車の経験もないまま、F1に挑戦したホンダにも似ているところがあって、あばたもえくぼ。
 巻き上げ部分が脆弱なのは、発条のせいだし、ときどいスタックしちゃうのは、シャッターカムの遊びが大きいせいだし、まあよくはないけれど動く状態にしておきたいカメラでもありますよね。
 コリメーターテストでもして、もしかしてレンズの取り付け方法と内面反射をなんとかしたら、このレンズ使えるようになるかもしれません。
 なんとも雰囲気のあるシャッターに乾杯。

投稿: 柳 | 2011年6月16日 (木) 20時31分

柳さん、はじめまして。
そんなジャンクを復活させたなんて凄いですね。
文面からすると相当な腕前と見ましたが?

安く大量生産する為にダイカストを共通にしたので、
距離計が無いと中身がスカスカなんでしょうね。
でもあの塗装はwaideだけですね、何でだろう?
現代のコーティングを施せば、コントラストも上がって逆光にも強くなるかな?

投稿: ろばーと | 2011年6月16日 (木) 23時58分

 板金失敗。
ゆがみ、フィルター枠の修理は少しずつまん丸になるような工具がありますが、いやいや弁当箱を元に戻すことはちょっと不可能でした。
 なんせ元通りにならない限り、レバーとかはじめから開けてある穴が正規の位置にこない。
レンズはまともみたいなので、さてどうしようかと思いあぐねて、方針を変更。
 レンズを外した二眼レフにレンズだけ移植してワイドローライもどきにしようかなと思っています。イメージサークルが違うのでローライキンみたいなマスクで35ミリフィルムに画像が結像するのを目標とします。
 当初、オリンパスワイドのライバルかとちょっとだけ期待しましたが、改造カメラの材料になり、いやいや完全なワルツワイドも欲しくなったりして病膏肓です。
 以上報告まで。
返信ありがとうございました。

投稿: 柳 | 2011年7月 9日 (土) 09時36分

柳さん、こんばんは
ずいぶん御苦労なさっているようですね。
二眼レフに移植となるとフランジバックの関係が難しそうです。
学研君なら半埋め込みで行けるかな?
完成した際には教えて下さいね。

投稿: ろばーと | 2011年7月10日 (日) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円舞曲 | トップページ | 二眼レフ改造完了 »