« のだめカンタービレ | トップページ | チェコのキュビズムその2 »

2010年1月20日 (水)

アエロフロートの話

347Leica M5 + Sonnar 50/1.5 + PRESTO

今回のプラハ行きは価格の安さから、アエロフロートのモスクワ経由便を利用しました。アエロフロートと聞いただけで危ないイメージがあるのですが、実際に乗ってみて良かった点、悪かった点の感想。
・まずは食事(笑)
これが意外な事に美味しい。ボリュームもたっぷりで満足出来ます。ただしレタスは駄目です。寒い国だけあって野菜は貴重なようで、日本だったら食べないような変色したレタスが付いてきます。(これはチェコでも似たようなものでした)それとは反対に、プラハ発の機内で出たプラハハムは最高でした。全般的に肉系は美味しいです。他にはモスクワ発で出たカマンベールチーズ、美味しいと思って包装紙を見たらフランス産でした(笑)
ドリンクはアルコール類は有料でした。ソフトドリンクは一通りありますが、なぜかトマトジュースがあります。ロシア人はこれが好きなようで良く頼んでいます。炭酸飲料はカップではなく缶でくれるので、量を飲みたい場合は炭酸がお勧めです。食後は暖かいお茶かコーヒーのみです。「血おあ可否?(Tea or coffee?)」と聞いてきます。日本路線は緑茶もあります。あまり美味しくはありませんが。
・サービス
これは路線によります。日本路線のCAはとってもサービスが良いです。プラハ-モスクワ間はかなり適当です。英語もほとんど通じませんので身振り手振りです。コーヒーの後にmilk?と聞かれたのでNo I'll take it black. と言ったつもりなのですが、しっかりミルクが入ってました(笑)これは私の発音の問題かも知れません。でもYes No位分かるよね?
・機材
これも路線によります。日本路線は個人モニターも付いた綺麗なエアバスA330-200でしたが、プラハ-モスクワ間は内装がくたびれ、オーディオも大型モニターも無いA320でした。でも西側の機体ですので安心感はあります。
・操縦
と言っても着陸時の衝撃の話なのですが、これが上手い!横風で斜めからの進入の場合、接地の瞬間に機体を正対に振るのですが、その時機体も傾いているので必然的に、片足からの接地になるのですが、ショックが殆どありません。「トン、トン、トンッ」と小気味良く接地し、すかさずのスラストリバーサ、お見事です。
・その他
これはアエロフロートの問題では無いのですが、ロシア人は携帯が大好きなようで機体が動き出すまで通話しているわ、着陸したらすかさず電源を入れて通話を始めるわで驚きます。さすがに離着陸中はおとなしいのですが、日本ではあり得ない光景にびっくりです。
P1020015 いくら直しても小首を傾げてしまう個人モニター。
でもこのアルミの質感が堪りません(笑)

|

« のだめカンタービレ | トップページ | チェコのキュビズムその2 »

コメント

うわーい(^^)待望のアエロフロートリポートだ!
007張りに詳細なレポートで期待の性能まで明るみにしてもらえるものと大いに期待。
あれ?ツポレフじゃないんだ。がっくり。
そりゃまぁ、日航も時代遅れのジャンボをやっとこリタイアさせる時代だし
世界で競争しているアエロフロートが、いつまでもツポレフなわきゃ無いか。

好き勝手なイメージを膨らませてすみませぬ(^^)

投稿: ミモパワーOM-1 | 2010年1月20日 (水) 22時42分

ミモパワーOM-1さん、こんばんは
行く前からエアバスである事は分かっていたのですが、ひょっとして機材変更があるのではと期待していましたが、残念ながらありませんでした。プラハからモスクワに行く際に、到着便の遅れから乗り継ぎ出来ないので、一便前に変更した時に密かに期待していたのですが、これもまたエアバスでした。モスクワのシェレメチエヴォ空港で目を皿にして探した感じでは、旧ソ連及びロシア製の機体は1割もありません。またターミナルに接続している機体は皆無でしたので、使用しているかも怪しいです。ちなみに確認出来たのはTu154とIL-96のみでした。他に輸送機のIL-76がいました。
もしJALがデルタと提携してスカイチームに入ったら、アエロフロートでもマイル貯まるんですよね...

投稿: ろばーと | 2010年1月20日 (水) 23時43分

 もう何年も乗っていませんが、アエロフロートはけっこう好きな航空会社です。機内食もけっこうおいしいですよね。意外にいいものを食わせてくれるな、って感じ。
 でも昔、シベリア上空でイリューシンIL62の壁のところから「プシュー!」と言って冷たい水蒸気が吹きだしてきたのには驚きました。あわててスチュワーデスに「通報」すると、ニコニコしながら毛布を持ってきてくれました。


投稿: イグレク | 2010年1月21日 (木) 11時09分

今を去ること40年、モスクワからヘルシンキに飛んだアエロフロートのパイロットは元空軍だとかで、ファイナルアプローチの降下でプラスGがかかった急なダイブにはビックリ。おいおい特攻機じゃねーぞ、とヒヤヒヤ。でも無事オーバーランなしで着地しました。

投稿: Elmax | 2010年1月21日 (木) 13時20分

ちょっと乗ってみたいような気になりました。
流石に操縦は上手そうですね。
モスクワに下りていく風景を見てみたいです。

投稿: zappasolo | 2010年1月21日 (木) 16時14分

イグレクさん、こんばんは
上空でプシューは怖いですね~。でもアエロフロートのCAが、ニコニコしたのは貴重な体験かもしれません(笑)皆むっつりしてました。
ナローボディのIL-62で長距離はしんどそうですね。短距離なら乗って見たいかも?

投稿: ろばーと | 2010年1月21日 (木) 23時22分

Elmaxさん、こんばんは
それは恐ろしい体験をされましたね。当時のアエロフロートは半軍用でしたから、パイロットも操縦荒らそうですね。ご無事でなにより(笑)

投稿: ろばーと | 2010年1月21日 (木) 23時32分

zappasoloさん、こんばんは
サービス悪くありませんし、価格も安いのでお勧めです。
シェレメチエヴォ空港は郊外にあるようで、モスクワは見る事が出来ませんでしたが、真白の色の無い世界の中に煌く、オレンジ色をした街の光は、とても幻想的で美しいものでした。

投稿: ろばーと | 2010年1月21日 (木) 23時42分

こんばんは。
アエロフロートですか。
10年ほど前、エアーポケットを体験して死ぬほど怖い思いをしました。
しかし、食事の美味さとCAの美しさは鮮明に憶えています。(笑)

投稿: Kenclip | 2010年1月22日 (金) 21時10分

この写真いいなぁ
少しオーバー気味でブレッソンを彷彿とさせます。

東欧に行ってはみたいのですが、縁がありません。
海外はなぜか英語圏が圧倒的に多く、以下フレンチ・チャイニーズ・・
大学の第二外国語はジャーマニなのに・・

投稿: yasu | 2010年1月23日 (土) 10時42分

Kenclipさん、こんばんは
エアーポケットは嫌ですね、あれだけは慣れる事は出来ません。地面に降り立った瞬間に人間は地に足を付けていないと駄目だと再認識します(笑)
CAは肌が真っ白で本当に綺麗ですよね、でも愛想悪い...

投稿: ろばーと | 2010年1月23日 (土) 21時27分

yasuさん、御無沙汰です。
ブレッソンありがとうございます(笑)
プラハからモスクワへ出発するアエロフロートの機内から、慌てて撮った一枚なので、露出を合わせる時間がなく、オーバーになってしまいました。でも雰囲気は出ているのではないかなと思ってアップしました。
私も第二外国語はドイツ語でしたが、さっぱりです。でもチェコ語はちょっとドイツ語に似てましたね。チェコ語で日本人はヤポンスカでした。

投稿: ろばーと | 2010年1月23日 (土) 21時43分

ご無沙汰しております。
今年もよろしくお願いします(o・ω・)ノ))
3年前のエアロフロートよりランクアップしてますね~
その頃はシートはスレがあったり、所々ガタが出てたり・・・シートごとにモニターなんて付いていませんでした。映画も字幕を選べず・・・分かりませんでした。
帰りに至ってはビデオが壊れて、見れませんでしたねぇ。
・・・機体が古かったのかもしれません。

食事の中に入ってた黒パン?の酸っぱさにはヤラれましたね。美味しくない。他のご飯は美味しかったのですが・・・
オレンジジュースを頼むと何故か?トマトかオレンジと聞かれてたのを思い出します。トマトジュース好きのオイはよく飲んでました(笑
日本と違って客室乗務員のガタイの大きさにもビックリでした(苦笑
まぁ緊急時には頼りになりそうな方達で安心感はありました・・・
操縦も上手かったです~

モスクワ空港の薄暗さと狭さには、ローカルの雰囲気が出てましたね~外では農耕用のトラクターが積荷を引っ張ってたり・・・今では楽しい思い出です。

投稿: ginji | 2010年1月25日 (月) 03時32分

ginjiさん、こちらこそよろしくおねがいします。
3年前はまだロシア機だったようですね。
エアバス製でしたので快適でした。モニターは付いてましたが、映画は英語のロシア語字幕でした。

パンは酸っぱいと言うかパサパサしてました。でも食べられない程では無く、多すぎて食べ切れなかった分を、小腹が空いた時に食べてました。
オレンジとアップルを頼んだのですが、100%かと思っていたら普通のジュースでした。トマトを頼んでみるべきでしたね。

モスクワ空港は確かに狭いですね、その割に免税店は沢山あって、でもどこも酒とタバコと香水しか売っていません。さすがにウォッカの品揃えは良かった(笑)空港の雰囲気はベトナムに似てます、なのであまり違和感ありませんでした。こんなもんでしょ的な(笑)
今度は小銭を用意して、生絞りオレンジジュース自販機を試してみたいものです。

投稿: ろばーと | 2010年1月27日 (水) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のだめカンタービレ | トップページ | チェコのキュビズムその2 »