« VEGAのレンズをデジタルで遊んでみた | トップページ | アエロフロートの話 »

2010年1月18日 (月)

のだめカンタービレ

62Contax G2 + Planar 45/2 + RVP100

プラハでは「のだめカンタービレ」のロケも行われたそうです。
写真はホテルまでの帰り道との設定で使われた、プラハ城へ登る階段。でもホテルは旧市街にあるので、この階段を登って帰る事はありえません。
他にロケ地として使用されたのは、

 グランドホテル・ボヘミア
 グランドホテル・エウロパのカフェ・エルロパ
 市民会館
 ドボルザーク・ホール

等々あり、前まで行ってはいるのですが、写真を殆ど撮っていません。
今から思うと、各々カフェが入っているので、休憩すれば良かったと、ちょと後悔しています。

その中での数少ない「のだめ」関連の写真。
P1020924 真一の恩師の「ビエラ先生」役を演じていた、チェコの有名な指揮者のコンサートの張り紙...名前は、すいません忘れました。
上から3番目の方です。

|

« VEGAのレンズをデジタルで遊んでみた | トップページ | アエロフロートの話 »

コメント

こんばんは。
プラナーはこってりしてますね。
東欧には、やはりぴったりなレンズだと思います。

でも「のだめ」のロケがあった等では
もはや遠い異国の感じが薄れます(笑)

投稿: 党首 | 2010年1月20日 (水) 01時04分

党首さん、こんばんは
デジも綺麗で良いのですが、記憶色としてはこのプラナーはぴったりです。実際よりも雰囲気が出ていると思います。

「のだめ」は日本のドラマとしてはあり得ない規模の海外ロケを行っています。意外に侮れない存在です。さらに映画も公開中のようです。

投稿: ろばーと | 2010年1月20日 (水) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VEGAのレンズをデジタルで遊んでみた | トップページ | アエロフロートの話 »