« あけましておめでとうございます。 | トップページ | プラハでの戦利品 »

2010年1月 3日 (日)

トラムの話

P1000270

Panasonic DMC-GF1 + 20/1.7

いろいろと書く事は多いのですが、まずは美しいトラムの話から、
プラハ市内には旧市街の周囲を囲むようにトラム網が整備されていて、市内の移動にとても便利な存在なのですが、車内で日本人に会うことはありませんでした。基本的な観光コースである旧市街からプラハ城に掛けては景観保護の為か、通っていないので使わないのかも知れません。また番号によって行き先が異なるのも使い難い原因かと思います。私も一度間違って違う場所に連れて行かれました。
トラムの車内では切符を買ったり、料金を払ったりはしません。メトロの駅で切符を購入して、最初に乗ったメトロかトラムでタイムスタンプを打つだけで、後は買った切符の有効時間内は乗り放題というシステムです。検札の人が廻って来るらしいのですが、一度も会いませんでした。
外観からは情緒があって素敵な印象がありますが、窓は落書きだらけで中も綺麗とは言い難いです。運転も結構荒くてガコガコ前後に揺れます。新しい車両では電光掲示板が車内にあって、行き先や次の停車駅が見て解るようになっていますが、写真にあるような情緒ある車両では一切ありません。案内はチェコ語の車内放送のみです。初めは乗り過ごさないように地図と景色をしっかりと見て乗り過ごすまいと構えていましたが、回数を重ねるうちに何を言っているか解るようになりました。と言っても停留所名だけで他は解りません。でも次の停留所の次にさらに次の停留所の名前を言ってくれるので、前もって準備する事が出来てとても便利です。
車内はあまり綺麗ではなく、乗り心地も褒めたものではありませんが、古い町並みをかすめるように走るトラムはまるでタイムマシンに乗っているようで、貴重で素晴らしく楽しい体験でした。また次の機会にも乗りたい乗り物です。発車時にはチンチンとベルを鳴らすのは万国共通のようです。「そこどけ」の意味でも鳴らしてましたが...

P1020456 Panasonic DMC-G1 + 7-14/4

窓の落書きが少し見えますね。まだ可愛いほうです(笑)

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | プラハでの戦利品 »

コメント

石畳の道に、軌条
欧羅巴らしい風景です。
クラブの先輩からの年賀状もドイツやオーストリアの鉄道や
チンチン電車の写真シリーズで旅情を掻き立てられます。
ガコガコも、また楽しからずや。
出来の悪いうちのカミさんなら文句ばかりだろうなぁ。

投稿: ミモパワーOM-1 | 2010年1月 4日 (月) 00時03分

一瞬、日本かと思った建物でした。。。
乗り物の旧社会主義的デザインは、いいですね。
GF1は、気になっている機種だった。
本年ものよろしくどうぞ。。。

投稿: MoBlue | 2010年1月 4日 (月) 08時32分

ミモパワーOM-1さん、こんばんは
私は鉄屋ではありませんが、路面電車はその情緒ある姿が大好きです。ましてや石畳の上を走るなんて素敵な体験でした。
乗り心地を差し引いて有り余るものがあります。
是非奥様と、

投稿: ろばーと | 2010年1月 4日 (月) 21時33分

MoBlueさん、こんばんは
今年もよろしくお願いします。
新しい建物でしたので、日本的に見えますね。
GF1もG1もコンパクトなのに写りもいい凄いカメラです。
ライカレンズも使えますよ。

投稿: ろばーと | 2010年1月 4日 (月) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます。 | トップページ | プラハでの戦利品 »