« Be My Last | トップページ | のだめカンタービレ »

2010年1月16日 (土)

VEGAのレンズをデジタルで遊んでみた

R0013711プラハで買ってきた3台目、そして最後のカメラはDruoptaのVEGAです。
このカメラのメーカー名はDruopta Purahaとなっていますが、シャッター部はETARETAと共通です。ネットで調べてみると、VEGAにETARレンズ付きの物も存在しているようで、こちらにはETAではなく、Druoptaと記されています。これらの事よりETAとDruoptaは同一の会社の製品ではないかと考えています。恐らくVEGAはETARETAの廉価版という位置付けだったのでしょう。
さて購入したVEGAですが、フィルム送りは巻き戻しが必要ない、ダブルマガジンを使用した方式ですが、あいにく空のマガジンを持っていませんので、撮影が出来ません。あまり程度も良くありませんので、レンズだけ取外してデジカメで使ってみました。
P1000731 Panasonic GF1 + Druoptar 50/4.5 M-μ4/3及び自作アダプタ使用

この写真は一番まともだったもの、どうもホヤホヤした写りになってしまいます。
また不思議な事にヘリコイドの繰り出し量が足りておらず、無限遠に合わせると近接にピントが来ません。しょうがないのでアダプタ側で、繰り出し出来るようにしてピントを合わせました。なんで足りない?

部品取りされてしまった可哀想なVEGA君。でも大丈夫、ちゃんと元に戻せます。
R0013713

|

« Be My Last | トップページ | のだめカンタービレ »

コメント

デジタル写真が流行中の現在、オンワカ写真に魅力を
感じ始めました。確かに非球面や異常分散ガラス使用
のレンズは優秀ですがどうも飽きが来て仕方がありま
せん。ハイエナに部品を取りされたVEGAちゃん頑張れ。

投稿: Elmax | 2010年1月16日 (土) 20時21分

このカメラのデザインは、いいですねー
フランス風というか、いいですねー

投稿: MoBlue | 2010年1月17日 (日) 09時45分

こんばんは。
VEGAのシンプルな姿は魅力的ですが、
VEGAのレンズを装着したGF-1の収まり具合も捨て難い魅力を感じます。

投稿: Kenclip | 2010年1月17日 (日) 20時49分

Elmaxさん、こんばんは
ホンワカ写真は私も好きなのですが、このレンズ、ピントの山が掴めないので、ピンボケ連発してます。VEGAちゃんに戻した方がいいようです(笑)

投稿: ろばーと | 2010年1月17日 (日) 21時07分

MoBlueさん、こんばんは
レンズシャッター付けると、年式不詳になって面白いデザインになりますね。でも裏には液晶画面みたいな。

投稿: ろばーと | 2010年1月17日 (日) 21時16分

Kenclipさん、こんばんは
VEGAは珍しい左巻上げのカメラなのですが、デザイン的には全く破綻がなく、チェコのデザインセンスが伺われます。
GF1のファインダもペンタ部の膨らみもないデザインは、こういったレトロなレンズの方が似合うのかも知れませんね。
もうデジ一は必要ありません。

投稿: ろばーと | 2010年1月17日 (日) 21時21分

おっと、ベガ購入ですね!。
私もエタレータとベガは同一工場製だと感じました。
レンズはたしかにドルオプタールとエタールがありますが、この2つのレンズはたぶん同じものじゃないかと思います。どちらもトリプレットのレンズのようです。

投稿: イグレク | 2010年1月18日 (月) 14時28分

イグレクさん、こんばんは
やはり同一工場製ですよね。
レンズは、開放値と前玉の口径が異なるので、基本は一緒なのでしょうが、異なるレンズではないかと思われます。それより繰り出し量が足りないのが大きな謎です。

投稿: ろばーと | 2010年1月18日 (月) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Be My Last | トップページ | のだめカンタービレ »