« Canon PELLIX レストア その2 | トップページ | Canon PELLIX レストア その4 »

2010年4月23日 (金)

Canon PELLIX レストア その3

123 Canon FT + 50/1.4 + ACRS

さて次はミラーボックスを取り出し、ペリクルミラーを清掃したいと思います。
R0013846 張り革とセルフタイマーレバーを外します。
R0013850 前板とミラーボックスが外れました。
R0013851 絞込みや露出計の駆動部、なにやらリンクが一杯です。
ペリクルミラーを外します。
R0013864これがペリクルミラーです。
大変薄くて軽いです。アルコールを使って綺麗に洗浄します。
写りに影響しますので、しっかりと行わないといけません。

次はフォーカシングスクリーンを外します。
R0013862劣化してボロボロになったモルトが剥がれ落ちてきます。
右上が取り出したスクリーンとフレネルレンズです。
さらに分解して綺麗に清掃します。
ミラーボックス内のボロボロのボルトは全て剥がして貼り直します。
長くなってしまいましたので、また明日に持ち越します。

|

« Canon PELLIX レストア その2 | トップページ | Canon PELLIX レストア その4 »

コメント

ある意味元祖屈折光学機?
私なんか途中でおそらく魂がつきますね。
ペリクルって構造は興味あったんですが
中身見たのははじめてです。
リターンしない分だけ少し簡素な感じがします。
かなり大手術ですね。
無事退院お祈りします(笑)

投稿: 党首 | 2010年4月24日 (土) 02時02分

すっぴんのぺリクルミラーを初めて拝見しましたが、
あたかも昔の彼女の心の中を覗き見したような感じです。機械式カメラのメカは本当に楽しいですね。

投稿: Elmax | 2010年4月24日 (土) 07時14分

すごいですねぇ
ペリクルミラーによるクイックリターン機能がないとは
言え、私にはここまでやる技術も知識もありません。
それでもElmaxさんが言われるように、機械式カメラの
メカは楽しいし・美しい(昔の彼女だけに・・)

今後が待たれます。

投稿: yasu | 2010年4月24日 (土) 15時36分

党首さん、こんばんは
屈折した私にはちょうどいいカメラ?
ペリクルミラーはスプリングで支持されているんです。なんでかなと思って考えると、温度変化や衝撃で破損する事を避けたのかな。
必ず現場復帰させますよ(笑)

投稿: ろばーと | 2010年4月24日 (土) 22時07分

Elmaxさん、こんばんは
昔の彼女の心の中とは実に神秘的な世界ですね。
覗けるものなら今からでも覗いて見たい?(笑)
綺麗になった姿をお見せしたいです。

投稿: ろばーと | 2010年4月24日 (土) 22時11分

yasuさん、こんばんは
ネットと書籍の資料をかき集めればなんとかなります。
後はきっかけだけです。
昔の彼女に初めて話しかけた時を思い出して...

投稿: ろばーと | 2010年4月24日 (土) 22時14分

百聞は一見にしかずですねー、ペリクルミラーはこれですか〜
ボディーも、案外モジュールになっているんですねー。
クールだなぁー。

投稿: MoBlue | 2010年4月25日 (日) 13時32分

MoBlueさん、こんばんは
こうやって見るとちょっと暗い透明なフィルムに見えますね。

生産性を上げる為かユニットになってます。
分解するのもやり易くて助かります。

投稿: ろばーと | 2010年4月25日 (日) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Canon PELLIX レストア その2 | トップページ | Canon PELLIX レストア その4 »