« キヤノンFT-QL | トップページ | やっとカラーをアップ »

2010年4月 6日 (火)

レンズのお手入れ

42 Leica M5 + Summilux 35/1.4 + ACRS

先日ジャンクで手に入れたFTですが、これに使えるレンズが他にあったはずだとガサゴゾ探していると、随分前に梅田のキタムラのジャンクコーナーにて、ワンコインで購入した28mmが出てきました。取り出してみるとワンコインだけあって外観ハゲハゲ、ヘリコイドスカスカ、絞りリングとオート、マニュアルの切り替えリングは砂が噛み込んだかのような操作感。レンズにもカビ後らしきものがあります。このままでも使えると思って、ボディに装着して操作してみると、あまりの操作感の悪さに嫌気がしてきました。特にヘリコイドの、近接への繰り出しは重いのに、反対の無限遠方向の回転がスカスカなのには我慢がならなくなってしまい、ばらしてグリスアップする事にしました。
R0013774 とにかくバラします。
写真の状態よりもさらにばらして、ヘリコイドや絞りリング部の、もうすっかり固化してしまった40年物のグリスを拭き取ります。拭き取るだけでは完全に除去できないので、中性洗剤と使い古しの歯ブラシを使ってゴシゴシ洗います。しっかりと水気を取ってから組み立てです。ヘリコイドや絞りリングの摺動部には、たっぷりとヘリコイドグリスを塗布してあげます。途中ヘリコイドの組み付け位置で少し悩みましたが、後は問題なく組み立て出来ました。最後に外観をチョイチョイと磨いて完成です。
R0013782 まだちょっと塗装の剥げが目立ちますが、ヘリコイドや絞りリングの感触はしっかりとして気持ちのいいものになりました。次の週末が今から楽しみです。と、その前にボディのモルトの張替えをやらねばなりません。明日も忙しいぞ(笑)

|

« キヤノンFT-QL | トップページ | やっとカラーをアップ »

コメント

ジャンク・レンズを手入れして現役復帰をさせるとは
なんと素晴しい事か。写真を見ると準新品みたいだし、
当時製造した人が知ったら感激する事でしょうね。

投稿: Elmax | 2010年4月 7日 (水) 09時24分

Elmaxさん、こんばんは
ジャンクを引き取って来て、磨いて綺麗にしたり、
手を入れて使えるようになるのはとても楽しい作業です。

分解してみて初めて分かる事もいろいろあって、
手作業で面取りをした跡などを見つけると、
どんな方が加工したのかと想像しながら作業しています。

投稿: ろばーと | 2010年4月 7日 (水) 20時21分

楽しいねぇ
古いカメラは愛情込めて掃除するだけでも動き出す。
設計者・製造者の思いは色あせないと言う事か・・

レンズ整備など自分でやるとますます愛着湧くモンねぇ
しかしお見事!

投稿: yasu | 2010年4月 8日 (木) 20時26分

yasuさん、こんばんは
これだけは止められません、ジャンキーですから(笑)
この時代のカメラは実に真面目に作られていますね。
それを安価に手に出来るなんて幸せな事です。
まあ、一般的にはガラクタですが...

レンズもこの時代の短焦点ならなんとかなりますね。
これ以上新しいのはもうお手上げです。

投稿: ろばーと | 2010年4月 8日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キヤノンFT-QL | トップページ | やっとカラーをアップ »