« 職業選択の自由 | トップページ | 行って来ます。 »

2010年10月13日 (水)

九州その5

2010092740
Nikon S3 + 35/1.8 + ACRS

佐賀県で焼き物を堪能した後は、今回の旅の目的であるお墓参りをする為、平戸島に渡ります。島へ渡るには平戸大橋を利用します。以前訪問した際はバスでしたので、その大きさが分かりませんでしたが、今回自分で運転して渡るとその大きさが良く分かります。有料だと思って小銭を用意していたら無料になっていました。料金所が跡形も無い事から、かなり以前に無料化されたようなのですが、レンタカーのナビはこれでもかと、しつこく料金所と通行料を知らせてくれました。いったいいつの地図データを使っているのやら。

平戸ではゆっくりしたいと思い、温泉に宿泊しました。部屋は修学旅行を思い起こさせる年季の入ったものでしたが、目の前に海が広がる露天風呂は最高でした。内湯には入らなかったので詳細不明ですが、男風呂には水槽があって水族館風呂として「なにこれ珍百景」に紹介されたそうです。

次の日は住職さんとの約束まで時間があったので、平戸市内の散策です。平戸は鎖国前に海外貿易の主要拠点だっただけに、西洋文化の影響を多く受けています。なかでもキリスト教は多く信仰されたそうで、今でもキリシタンが多い地域となっています。写真は平戸で最も有名なカットであるお寺の先の教会の図です。他にも平戸城にも行ったのですが、約束の時間が迫っていた為入城はせずに外から眺めただけ、まあ模造天守ですので良しとしました。

その後お寺の住職さんを訪ねたのですが、檀家さんが亡くなったとのことで30分程お話をしたところで、お迎えの方がいらしてお開きとなり、我々だけで御墓参りをしてお寺を後にしました。

さあ平戸を出発しようと思ったのですが、お昼時を過ぎていたのでお腹が空いてきました。出発してしまうと佐世保まで大きな町はなく、途中でお昼というのは難しいと考え、ホテルで貰った地図を片手にお店を探します。ですが営業時間が夜だけだったり駐車場が無かったりで、中々いいお店がありません。そんな中、駐車場付きの定食屋を見つけたのでそこを目指します。車を止めて中に入るとお客が一人もおらず、店主が一人でテレビを見ています。「これは失敗した」と思ったのですが、今更引き返す訳にも行きませんので、「平戸ちゃんぽん」を頼みました。奥様らしき方が持って来てくれ、「食べると暑いよね、エアコン入れるね」とエアコンを入れてくれます。それまではドア開放でちょっと暑いなと思っていたので嬉しい心遣いです。そしてちゃんぽんを頂いたのですが、これがおいしい!恐らく豚骨とアゴから出汁を取ったWスープが絶妙です。ほんのり甘味を感じるのもまたおいしい。期待していなかっただけ、余計にこれは収穫でした。次に来た時にはまた来ようと心に誓い平戸を後にしました。

|

« 職業選択の自由 | トップページ | 行って来ます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 職業選択の自由 | トップページ | 行って来ます。 »