« 中国 その8 故宮博物院 | トップページ | 中国 その10 帰国 »

2010年11月23日 (火)

中国 その9 故宮博物院

Img_0478a_2

さて故宮に入った訳ですが、まずはそのスケールに圧倒されます。
とにかくでかくて、広い!
入場者も相当な数がいるようです。
何やら立派な門やら建物が並んでいます。
そしてその前に広がる広場の大きさも相当なものです。
広場には瓦のようなものが敷き詰められています。
人が通る個所は新しい物に交換されていますが、その他の場所は古い物を使っているようで、そちらの方が趣があります。
入って直ぐに陶器博物館の表示があったので、早速メインルートを逸れて見に行くことにします。
行ってみるとこじんまりとした雰囲気のいい建物が立っています。
後で知ったのですが、「文華殿」という建物で元は皇太子が住み、内閣が置かれた建物だそう。
中に入ると外の喧騒が嘘のような静かな時間が流れています。
展示品はいかにもといった物が多いのですが、中にはおっと思わせる物もあったりしてかなり楽しむ事が出来ました。
訪れる人も殆どいないので、ここはお勧めですね。
私的には故宮の中で一番気に入った場所です。
陶器博物館を後にして正規のルートに戻りますが、何処かで見たような建物が並んでいます。
なんだろうと考えていて、ふと思い出しました。
「日光東照宮だ!」
もの凄く広い東照宮です。
その後も「珍宝館」なる宝物館など回りましたが、迷子になりそうになっただけで特筆すべき事はありませんでした。
そうこうしているうちに反対側の出口に着いてしまいました。
この先戻ろうかと思ったのですが、iphoneで無料でダウンロードしたアプリによると故宮駅なるものがあるようなので、そこから地下鉄に乗るつもりで出たのですが、歩けど歩けどそれらしき物がありません。近くにあった案内板を見ると故宮駅はバス停だったようです。やられました。その場でアプリは削除です(笑)でももう歩き疲れていたので故宮の周りをぐるっと回って買える気力はありません。駄目元でバス停を覗いてみると、行き先と停車するバス停が書いてあるじゃないですか。そこには「天安門西」の文字があります。もうこれは乗るしかないと思い、バス停でバスを待ちます。次第に人が集まって来た頃にバスがやって来ました。扉が空く前から扉に人が殺到します。順番なんて関係ありません。弱肉強食の世界です。私はおとなしく一番最後に乗りました。
バスに乗ると車掌が乗っていて、なにか話しかけてきます。
たぶん金払えと言っているようなので一元を見せると、ここに入れろと指されたので、運賃箱らしき物に投入します。市内中心部は一律一元で乗れるようです。
Img_0504a_2
無事天安門に戻れたので地下鉄でホテルに戻る事にします。

|

« 中国 その8 故宮博物院 | トップページ | 中国 その10 帰国 »

コメント

秀逸な文章に、なんだか自分が迷いながら旅行している様な気分になりました。観光客では味わえない良い思い出になるのではないでしょうか。ありがとう!!!!

投稿: Elmax | 2010年11月23日 (火) 10時13分

Elmaxさん、
スパムコメントに入ってしまい、
気が付きませんでした。
申し訳ございません。
稚拙な文章ですが、
いつも読んで下さりありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね。

投稿: ろばーと | 2010年12月 3日 (金) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国 その8 故宮博物院 | トップページ | 中国 その10 帰国 »