« ワット・ヤイチャイモンコン | トップページ | ワットアルン »

2011年5月12日 (木)

象乗りなど...

20110502p1020401
ワット・マハタート
ここと次のワット・プラシーサンペットは、
ビルマ軍によって滅ばされた遺跡です。
そして木に取り込まれた仏頭で有名な遺跡。
仏頭はそこだけ人だかりがしているので直ぐに分かります。
周りには柵が設置されており、近づく事はできません。
同じように樹木に浸食された遺跡としてカンボジアのタ・プロームがありますが、
それよりも時代が新しい為か、中がレンガ積みなのが新鮮です。
20110502p1020390
仏教寺院だったのですが、ビルマは他の宗教だった為か、
仏像は全て頭と胴と足に切断され破壊されています。
そして頭は持ち去られたようで殆ど残っていません。
胡坐をかいた足の上に胴体だけが載っているのですが、
後の人が適当に組み合わせたらしく大きさが合っておらず、
それがより一層物悲しさを醸し出しています。
中に首が乗っている像が一体だけありましたが、
それは最近になって修復されたものだそう。
20110502p1020429
ワット・プラシーサンペット
ここはアユタヤ王朝の王の墓所です。
ここもビルマ軍の攻撃を受けたようですが、
墓所には何も金目の物が無かったのか残されています。
しかしながらそれ以外は破壊され廃墟と化しています。
20110502p1020388
次は象乗りです。
象乗りといっても像の背中の椅子に座ってコースを一周するものです。
象使いが操っており、直接背中に跨る訳ではありません。
背中までは高さがありますので、一旦木で出来たタラップに上ってから、
背中の椅子に乗り移りますが、
この時順番が回ってきた象は立派な牙を生やし、
まるでアフリカ象のような、そこで一番大きいと思われる雄の象。
大き過ぎてタラップより高い位置に椅子があるので、
右手で椅子を掴み、左足を象の背中に掛けてよじ登る恰好になります。
左足は象の背中を踏みつける事になるので、
痛いかと思い急いで乗ったのですが、これがいけなかった。
20110502p1020464
この時期のタイは真夏の東京並みに暑いので、
短パンにサンダル履きと行きたい所ですが、
その恰好では失礼に当たるので、寺院には入れません。
そこで、薄手の踝まであるコットンパンツを履いていったのですが、
それでもやはり暑く、腿部は汗で張り付いた状態。
そんな状態で無理に足を広げて乗り移ったものですから、
「ビリッ」
という異音と共に股の間が、すうっと涼しくなりました。
「...やばい!」
恐る恐る覗き込むと、ばっちりパンツ丸見えです。
隣のパートナーは気が付いていない様子。
いつまでも黙っている訳にはいかないので、
「なぁ、なぁ、ちょっとこれ見て」
「えっなに、何処?」
「ここ...」
「うわっ何これ...あははは、何やってんの」
もう大爆笑。
幸いな事に破けたのが真下だったので
立ってしまえば、他の人には見えない位置。
残り一か所で帰路でしたので助かりました。

象乗りがお昼前じゃなくて良かった。
あやうく唯の露出狂になる所でした。

|

« ワット・ヤイチャイモンコン | トップページ | ワットアルン »

コメント

バンコクに行っていたのですね。
うらやましいの一言です。
しかしアジアの混沌は写真で見ても面白い。
暑いのが苦手な私には不向きでしょうが、いつか行ってみたい。

しかしパンツが破けるとは余程足を蹴り上げたんでしょう(笑

投稿: yasu | 2011年5月13日 (金) 12時36分

yasuさん、こんにちは
バンコクは本当に暑い所でした。
yasuさんでしたらビールばかり飲んで動かないでしょうね(笑)
冬は涼しくて過ごし易いそうですが、
やはり暑い所は暑い時に行かないとね。
フィルムが今日上がって来るので、
来週にはアップしますのでご期待下さい。

アユタヤは短パン、サンダル履きでもいいそうです。
俺のパンツを返せ~(怒)

投稿: ろばーと | 2011年5月13日 (金) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワット・ヤイチャイモンコン | トップページ | ワットアルン »