« 台南観光一日目 その1 | トップページ | やれやれ... »

2011年9月26日 (月)

台南安平老街

P1030439

昨日台南の中心部はほぼ制覇してしまったので、
今日は台南をネットでいろいろ調べた所、
安平老街という観光地があるらしいので行ってみることにする。
詳しくは分からないので書かないが、古い城の跡地の周りらしい。
到着すると大きなお寺があり、結構な人出で賑わっている。
ちょっと浅草みたいだなと思いながら、周囲を散策してみると、
縁日だったのか、いつもなのか、出店が沢山並んでいる。
その先に古城の入口があったが、特に興味無いのでパス。
店がひしめき合っている路地があるらしいので探していると、
途中物凄い臭気に遭遇し、見ると臭豆腐の店だった。
現地ローカルはおいしいというのだが、この匂いは強烈。
納豆なんて可愛く思えてくる。クサヤと同レベルだろう。
路地は簡単に見つかって歩いてみるが、狭い上に凄い人。
一応スリに気を付けながら歩くが、特に心配はなさそう。
台湾に来て関心したのは、その治安の良さ。
ファーストフード店で場所取りの為にカバンを席において、
オーダーしに行ってもなんの問題もない。
最低限貴重品は身に付けるのはもちろんだが、
トイレに立つ時も同様。

お昼時になり、お腹が空き、
何より日差しが強く、歩いているだけで汗だくなので、
どこかお昼と休憩を兼ねて冷房の効いた店に入ろうと思うが、
冷房の効いた店があまり存在しない。
皆、オープンカフェ形式でご飯を食べている。
何件か「冷房開放」と書かれた店を覗いたが、
どこも満席で空席待ちをするにも方法が分からない。
そうこうしていると冷房が効いて空きのある店を見つけたので、
何の店かも確認せずに飛び込む。
店員さんがオーダー伝票を渡してくれるが、
何が書いてあるのかさっぱり分からない。
分かるのは値段と「蝦、芋、豚、魚、麺、米」といった単語のみ。
P1030476
それらを使った料理というのは分かるのだが、
どう調理したのかが分からなければ注文出来ない。
手元の指さし会話帳にも載っていない。
困っていると店員が寄って来たので、
指さしで「これなに?」と聞いてみるがもちろん通じる訳がない。
すると「ちょっと待って」らしき事を言って店先にいた老人を連れてくる。
話してみると少しだけ日本語を理解するようで、「エビ」などと教えてくれる。
昔日本語を教えられたのだろうと思うとちょっと複雑な気分になる。
ただ一生懸命説明しようとしてくれるのだが、やはり分からないので、
直接指差しで教えて貰う事になった。
厨房が店先にあるので、これなら簡単。
魚は淡水魚に見えたのでこれはパス。
以前食べられずに殆ど残した苦い記憶がある。
豚の料理は豚の足をぶったっぎって煮込んだ物のよう。
これは行けるだろと思い、オーダーする事に。
それとエビの茶碗蒸しのような物がこの店の売りのようなので、
頼まないのは失礼と考え、頼む事とする。
P1030477

豚足のスープは出汁が効いていて美味しい。
ジャガイモだと思った「土豆」はでっかい小豆だった。(大豆じゃないよ)
甘納豆みたいなのがごろごろ入っている。
もう一方のエビの茶碗蒸しみたいなのは良く分からない。
茶碗蒸しのようななめらかな食感ではない、ざらっとした感じで、
そこの方に小さなエビが数匹入っている。
なにやら不思議な食べ物だった。

無事にお昼にありつけたのでお店に別れを告げ、
もう少し周囲を散策して見る事とする。

|

« 台南観光一日目 その1 | トップページ | やれやれ... »

コメント

そう台湾って、以外に治安が良いんですが、観光で来る大陸系団体のマナーは最悪です。
しかし、私は台北で乗ったタクシーのF1ドライブと見まがう運転に感激!(ホンとは驚愕!)

私は香草の強い地元料理になかなか馴染めませんでしたが、ロバートさんは
たくましいですねぇ・・

投稿: yasu | 2011年9月27日 (火) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台南観光一日目 その1 | トップページ | やれやれ... »