2011年7月12日 (火)

八王子は暑かった

2011061421

Canon PELLIX + FL 58/1.2 + ACRS

昨日お昼を食べに出かけようと思い、
橋本駅ですまそうかと考えたのだが、
折角なのでちょい先の八王子駅へ行く事に。
八王子駅は乗り換えで利用しているが降りるのは初めて。
降りてみると想像していたより大きな駅でびっくり。
そごうがある北口の方が繁華街だろうと思い、
外に出てみると強烈な日差しに目が眩む。
出た所はロータリーの上の2階部分で、
ロータリーの向こうの通りまで歩道橋になっている。
なんとなく仙台駅に似た構造。でも規模はちょと大きいと思う。
それにしても日差しがきつい。
繁華街がありそうな方面へと歩くと、この暑さの中でも結構な人出。
改めて大きな駅なんだなと実感。
途中ちょっといい感じのパブを見つけたのだが、
ここに入ってしまうと絶対にビールを飲んでしまうのでパス。
暑いので暖かい食べ物は嫌だなと思っていたら、
サブウェイを見つけたのでサンドで済ます事にする。
ここは野菜の量が多いので、たまに利用します。

食べ終わってから駅前を少し開拓。
大きなドンキがあったので入ってみる。
渋谷や歌舞伎町の狭いぐちゃぐちゃの店しか知らなかったのだが、
ここは量といい、品ぞろえといい、完全にホームセンター。
上から下まで見て回るだけでも結構楽しめる。
でも何も買いませんでしたが...

次に向かったのはヨドバシカメラ。
フィルムでも買おうかと思って入ったのですが、
入口直ぐのデジカメコーナーに引っかかる。
デジカメが一等地なんですね。
ついでなのでPENTAX-Qが見たいと思い、
探したら一番入口近くで発見、注目度は高いよう。
でも置いてあったのは、実物大の「紙箱!!」
まだモックがないので、大きさだけでも、との考えのようですが、
紙箱見せられてもねぇ...

お次はpanasonicのDMC-G3とGF3を見てみる。
DMC-G1とGF1持ちからすると、
「なんじゃこりゃ?」
「本当にマウント一緒かいな?」
と思うほど小型軽量化が進んでます。
でも小さすぎでホールディングはいまいちかな?
7-14mmと組み合わせるとさらに使い難そう。

ふと横を見ると富士フィルムのX100が、
震災の影響で品不足と聞いていましたが、
既に解消されたのか、デモ機が触れるようです。
「でもなぁ、距離計無いから、ピンボケが怖いよなぁ」
と思いながら覗いてみると光学ファインダーだけあって明るい。
液晶パネルを利用したブライトフレームも見易い。
パララックス補正もきちんとされる。
横には情報も沢山表示されて何やら便利っぽい。
一番いいなと思ったのがシャッター切った直後に
EVFの再生画面に切り替わって確認が出来る事。
そしてその動作が実にきびきびしていて気持ちがいい。
これなら直ぐに確認して補正掛けられる。
AFもコンタックスGのデジ版だと思えば問題なし。
「これは欲しいなぁ、幾らするんだろう?」
「.....やっぱり要らないや」

数年で陳腐化するデジカメにあの値段は出せません。
どんどん買って消費した方が景気は良くなるけどね。
ジャンクで買った50年前のカメラで我慢します。

| | コメント (2)

2011年7月 3日 (日)

さらに雨漏り

2011061470

Canon PELLIX-QL + FL58/1.2 +ACRS

2,3日前に神奈川西部は激しい雷雨に見舞われました。
仕事中だったのですが、これはチャンスと思い、車に立て籠もりました。
何故かって?
それはもちろん雨漏りの箇所を突き止める為です(笑)
でも立て籠もって直ぐに後悔しました。
アイドリング状態ではエアコンを動かせない車なので、
エンジンを切った状態で立て籠もったのですが、
もうミストサウナ状態です。
しかも雨足が激しくなって来て外にも出られません。
もうこれは腹をくくって雨漏り箇所を探す事にしました。
するとリアシートの足を置く場所が濡れています。
カーペットをめくってみると床に水が溜まっています。
水の流れを辿るとリアシートの下から来ているようなので、
リアシートの座面を外します。
すると側面から水が来ているようなので、
さらに側面の内張りを剥がします。
開けてみるとボディ外板と内張りの間に空間があって、
そこに溜まった水が溢れて流れて来ています。
さらに追いかけるとドアの開口部に設けられた
空気抜きの穴から水が浸入しています。
本来であればここから進入した水は、
サイドシル底面に設けられた排水口から排出されるのですが、
以前にボディ剛性を上げる為にサイドシルに注入した
発泡ウレタンが排水口を塞いでいたのです。
やったこれで雨漏り対策の目処が立った
と思ったら、今度はリアシートの背もたれの上から水が滴っています。
そこで天井の内張りを剥がして見ると、フレームの中から水が出ています。
辿って見るとリアゲートへの配線ダクトから進入しているよう。
とりあえず進入ポイントは分かったので、
対処をするだけですが、
それはまた後日。

| | コメント (2)

2011年7月 1日 (金)

カメラストラップ

2011061449

Canon PELLIX + FL 58/1.2 + ARCS

カメラストラップは人それぞれ好みがあるとは思いますが、
私はカメラに付属のロゴ付きのストラップは使いません。
お金出してメーカーの広告塔になる必要は無いと思うので。
そこで社外品のストラップを使う事になる訳ですが、
私が良く使うのは、某コスメポーチを作っているA社の物と
重量感を軽減してくれる伸びるストラップです。
A社の物はすこし値が張るのですが、素材が革でも布でも、
しっかりした造りで使い勝手も良く気に入っています。
伸びるストラップの方は最近後発品を見かけるようになりましたが、
やはりオリジナルの物が一番重量軽減効果があるようにみえます。
ただちょっと見かけが大げさなのでハッセル専用になっています。

最近新たに見つけたのがこのストラップ。
米軍のバッグ等を吊り下げるストラップを利用した物。
ブラックペイントボディに付ければ気分は戦場カメラマン?
になれるかと思って購入(笑)

20110630r0014188

購入時は革が大きくてシャッターボタンに指が届かなかったので、
少し加工してみたら使い易くなり、いい感じになりました。

20110622r0014183

問題はこのストラップで何処に行くかです。


| | コメント (8)

2011年6月24日 (金)

また雨漏り...

2011061423
Canon PELLIX + FL 58/1.2 + ACRS

大量に雨漏りしている事が発覚したので、
本格的な梅雨を迎える前に何か手を講じないと水没してしまう。
と言っても何処から漏れているかが分からない。
誰かを中に閉じ込めて外から水を掛けるか、
洗車機に突っ込むか考えていると
ちょうど雨が降り出したので、中に籠って観察する事に。
かなりの土砂降りになって来たのだが何処からも漏れない。
何時まで経っても漏れないので、いつの間にか眠ってしまった。
ハッと目が覚めるとリアサイドのガラスを止めている箇所から
ポタポタと水滴が垂れている。
そこはゴムパッキンで防水されているのだが、
経年変化でボロボロに溶けてしまっている箇所。
新品に交換したい所であるが、もうメーカーから部品は出ない。
しょうが無いので汎用のスポンジパッキンを切り抜き代用してみた。
数日後の雨で確認すると、何とか水の侵入は止まったよう。
後日代用品を頂いたので交換しようと思っている。

雨漏りは止まったはずなのだが雨の次の日は何か車内が黴臭い。
以前のように水が溜まる事は無くなったが、まだ何処かから漏れているよう。
そんな状態でチンクツーリングに参加する事になったのだが当日は生憎の雨模様。
久しぶりにナビシートにパートナーを乗せて走っていると、
「冷たい!」
隣から声が飛ぶ。
何の事かと思ったら足を上げて見せて、水が垂れて来たと言う。
見ると爪先の辺りに確かに水滴が付いている。
「ほらここ、ここ。」
指さす先、ナビシート正面のグローブボックスの裏から水が垂れている。
成るほどこれは気づかないはずだ。
走行していないと垂れて来る事はなく、
走行中に垂れて来てもこちらからでは分からない。
完全な盲点だった。

ここからの雨漏りは良くある症状らしく、
フロントガラスとボンネットの間にある空気導入口に
入った水をエンジンルーム内に排水するダクトが、
落ち葉などで詰まっているのが原因らしいと聞き、
ワイパーの下にあるカバーを外して見ると何か落ちてる。
形状からして開口部を塞ぐ部品らしい。
確認した所、ダクトは詰まっていなかったので、
この部品で開口部に蓋をする事にした。
その後雨中を走行したが、足元に水が垂れて来る事は無くなり、
修理完了かと思っていたのだが、

後日、雨の中一人で走行中に右手に冷たい感触が...
見ると右のドアとボディの隙間から水が垂れて来ている。
あちらを塞ぐと他から漏れる?
圧力容器じゃ無いんだから...

 

| | コメント (4)

2011年6月21日 (火)

雨漏り

2011061401
Canon PELLIX + FL 58/1.2 + ACRS   photo by ginjiさん

先日車に乗り込んでオーディオのスイッチを入れると、
エラー表示が出て電源が入らない。
何度かオンオフを繰り返しても変化が無いので、
とりあえず音楽無しのまま帰宅する事にするが、
音が無い夜の高速道路はかなり寂しい。
帰宅してもう一度スイッチを入れてみると
スピーカーからハウリングのような音が出て、
完全に沈黙してしまった。

その日は夜遅かったので改めて次の日確認してみると、
ナビシート側の床がぐっしょり濡れており、
カーペットを剥いでみるとフロアから3センチ程水が溜まっている。
どうやらオーディオがおかしい原因は、
何処かで配線に水が入ってショートしたよう。
チューブを使ってフロアの水を排水し、
一日ドアを開放して乾燥させておいた。

次の日の朝、出掛けようとするとセルが回らない。
普通だったらバッテリー上がりと思う所なのだが、
燃料ポンプは元気に回っているし、一日で上がるとは考えられない。
いろいろヒューズやら配線やら見ても分からない。
まさかと思って電圧を確認すると全然低い。
どうやらオーディオの配線からの漏電でバッテリーが上がったよう。
充電器でバッテリーを充電している間にオーディオ類を取り外す。
その後バッテリー上がりは起きていないのでそれが原因だった模様。

その日以降オーディオが無いのでiPhoneからBluetoothで、
ポータブルのスピーカーに音を飛ばしている。
当然ながら音は悪く、低音なんて存在しない。
でも何も無いよりはましと思って我慢しているが、
早い所新しいシステム入れないと駄目だよなぁ...

雨漏り話はまだ続くのであった。

| | コメント (0)

2011年6月16日 (木)

ブラックペイント

2011061431
Canon PELLIX + FL58/1.2 + ACRS

今回のツーリングは新たに修理を完了したPELLIXのシェイクダウンも兼ねていました。
実はこのPELLIX、2個イチならぬ、3個イチなんです。
どうしても黒ボディが欲しかったので、ジャンクを購入したのですが、
いろいろ不具合があって、部品交換をしないと使えない状態。
これを復活させるのは諦めて、ジャンクの白ボディと組み合わせました。
正しくは白ボディに黒い皮を被せました。
セルフタイマーレバーを入れ替えるのを忘れていますね。
さらにプリズムはどちらも腐食が酷くて再使用出来なかったので、
これまたストックしてあったジャンクのFTbより移植してあります。
メカ的には各部清掃とシャッターのテンション調整をした程度ですが、
通常使用においては不具合無く使用出来ました。
f1.2開放でもちゃんとピントが来ているようですし、
最高速(と言っても1/1000sですが)もちゃんと開いています。
ただ1秒がTになってしまうので、スローガバナの清掃と注油が必要なようです。
それはまた時間がある時にでも。

20110614r0014182

| | コメント (4)

2011年6月14日 (火)

チンクとツーリング

2011061410
Canon PELLIX QL + FL58/1.2 + ACRS 開放

チンクツーリングにギンジさんの御好意に甘えてまた参加して来ました。
行き先は山梨河口湖。
天気予報通りに朝から雨が降り続く中でのスタートでした。
雨だから空いているだろうと思っていたら、なんと渋滞。
休日1000円高速終了の影響でしょうかね。
集合時間に遅刻してしまいました。ごめんなさい。
チンク4台と一緒に河口湖のイタリアンのお店を目指します。
渋滞も解消して雨の中ですが、快適に走行。
高速を降りて湖畔の狭い道路に入るとチンクの本領発揮です。
狭く曲がりくねった道をクリンクリン曲がって行くので、
気を抜くと置いていかれそうになります。
チンクと同じようにコーナーに突っ込むと、
出口で曲がらなくて焦る事になるので、
チンクより早めにブレーキングをして、
アクセルを開けながらクリアしないと行けません。
レストランでもう一台と合流してお昼ご飯。
これが実に美味しいお店でした。
その後温泉に入って帰路という予定だったのですが、
あまりに時間が早いので何処かで時間を潰そうとなり、
「西湖いやしの里根場」
に行って見る事に。
テレビで見て知っていたのですが、行くのは初めて。
こじんまりとしていて、これぞという目玉はありませんが、
ほんわかとしたいい所でした。
一番の収穫はン十年ぶりに「蚕」を見る事が出来た事。
あのにおいといい、形といい、懐かしい思い出が蘇りました。
2011061452

帰りにさらにトラブルが発生したのですが、
これも無事解決して河口湖畔の温泉に入って帰宅しました。
雨が降ったり止んだりの生憎の天気でしたが、楽しい一日でした。
どうして週末の談合坂が渋滞するのか不思議だったのですが、
今回の事でちょっと分かったような気がします(笑)

| | コメント (2)

2010年9月11日 (土)

疲れます。

51
Canon PELLIX + FL19/3.5R + PX

この所、仕事環境が変わりまして、電車で片道2時間半掛けて神奈川まで通勤しとります。
そんな訳で(いつもですが)更新が滞りがちであります。
まだ暫くはバタバタしていると思います。
早く落ち着きたいなぁ...

写真の四隅のケラレはフードではなくて、フィルターによるものです。
このレンズ、フードの設定はなくて、フィルターがシリーズIX指定だったのですが、そんなフィルターが手に入る訳も無いので、たまたま持っていたねじ込み式のフィルターを付けると、丁度良かったので、これでいいやと使ってみたらケラレました。薄枠フィルターを使えば問題無いかも知れませんが、大口径の薄枠フィルターって下手な中古レンズより高いんだよなぁ。

| | コメント (8)

2010年9月 7日 (火)

ついにテレビご臨終

47
Canon PELLIX + FL19/3.5 + PX

前々から調子が悪かった十七年前に購入したソニーのテレビ、キララバッソがつ
いに壊れました。
ちょっと前から画面が歪む等の異常が見られたのですが、視聴にはさしたる問題はなく楽観していた所、日曜日に突然映らなくなりました。電源スイッチを入る切るしても変化が見られないので、コンセントを抜き差ししてみると、ブンッと音がして電源は入るのですが、直後にパシパシと音がして、安全装置が働いたような雰囲気があり、反応がありません。懲りずにコンセントの抜き差しを何回か繰り返していると、テレビの後ろがピカッと光り、焦げ臭い臭いが漂って来たので、慌ててコンセントを抜きました。
これはさすがにまずいと思い、ネット上でヨドバシにテレビを注文しました。商品の到着までは寝室で予備的に使用していたソニーマレーシア製14インチのモノラルテレビを、リビング用に格上げです。このテレビの生産工程の一部は私が設計した装置で行っていて、嬉しくて記念に購入したのですが、今は液晶に変わってしまったので使用していないようです。
しかし14インチのテレビを使ってみると、最近のワイド化の影響で番組によっては周囲に黒縁が出来てしまって、実効サイズが10インチ程度になってしまいます。さらに番組表を表示させると文字が読めません。ちょうどサッカー日本代表の試合があったのですが、ボールが小さ過ぎて見えません。これは見ていられないので、滅多に使わないのに何故か設置してあるプロジェクターで観戦する事にしました。部屋が暗くないと見えないのであまり使わないのですが、今回は役に立ちました。でも80インチはさすがにでか過ぎて、自宅の狭いリビングで、サッカーの速い動きを目で追うのは疲れました。
通常の番組はテレビが到着する日曜まで小さい画面で我慢です。
エコポイントが延長されたので、3月まで持たせるつもりだったんですけどね。

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

新宿中古カメラ市

R0014074

今さらですが、本日新宿高島屋で開催されている中古カメラ市に行って来ました。
開幕から既に日数が経っているので客の入りは閑散としています。
私も行ったはいいけど特に欲しい物は無いので、プラプラと会場を回ります。
途中見つけたミランダがいいなぁと思いながらも見送り。
やはり今回も何も買わずに帰宅かと思っていると、鈴木特殊カメラさんのブースで口径は小さいのにマウントは大きい変なレンズを発見。
Canon 100mm/3.5 FDマウント
これはもしや探していたRマウントの100mmではないかと思い見せてもらう。
聞く所、Lマウントのレンズをメーカーで一眼レフ用に改造した物だとの事。
なるほど。と思いながらも、これはLマウントレンズのヘッドをRマウントのヘリコイドに組み込んだ物だろうなと当たりを付ける。マウント面を見るとフォーカシングアダプタとの表記があるので間違いないなと確信を得る。探していたRマウントのレンズとは少し違うけれども、それ以上に珍しい組み合わせだったので購入。曇りやすいレンズに関わらず全く曇りが見られなかった事も決め手となりました。19mmと比べると前玉はこんなに小さいんです。開放値はF3.5で同じなのにね。
ブリーチロック部とヘリコイドの感触があまり良く無かったのですが、帰宅後分解清掃を行い、グリスを入れ替えると実に気持ちいいフィーリングとなりました。早く使ってあげないとね。

| | コメント (8)