2009年11月23日 (月)

冬の撮影グッズ

119 Gakken Flex 改 + DNP100

今日は日差しが差し込み暖かい一日でしたが、日一日と確実に冬に向かって寒くなっているようですね。冬は空気中の水蒸気が減少するので、ヌケが良くなって写真を撮るにはいい時期なのですが、少し問題があります。といっても寒さではありません。ちゃんと着込んだ上で、寒い屋外に出かけるのは大好きです。でも家の中が寒いのは大嫌いです(笑)
問題となるのはカメラの操作です。寒いので手袋を着用するのですが、つるつるすべる上に、もこもこして操作性が格段に悪くなります。ボタンひとつで全てを行ってくれるカメラであれば問題ないのかも知れませんが、私が使う古いカメラはそういう訳には行きません。それを嫌がって素手で扱うと、初めはいいのですが、直ぐに手がかじかんでしまい、これもまた操作性が悪くなります。
例年冬になると撮影旅行に出かけるのですが、いつもなにかしら妥協しながら手袋を使っていました。今年もまた出掛けるのですが、今年こそはこの点を改善したいと考え、買い物に出かけた際に探して見ました。初めは普通に衣料品店を探していたのですが、やはりこれといった物は見つかりません。その時に目に付いたのが、アウトドア専門店です。ここならきっと冬のヒマラヤ山脈でも凍傷にならず、なおかつ操作性を損なわない手袋があるのではないかと考え、入って見ました。今までアウトドア専門店というものに全く縁が無く、入った事も無かったのですが、これはこれでかなり面白い体験でした。本当にヒマラヤに行けそうな装備が沢山並んでいます。早速、手袋コーナーに行くと、やはりスキーで使うような暖かいけれどもちょっと厚手の物が並んでいます。
「やはり無いか。」
と思い裏手に回ってみると、少しライトな手袋が並んでいます。
これは期待できそうです。
そして見つけました。
その名も「カメラマングローブ」
冬山登山では使用出来ないと思いますが、人間の住む下界では十分に防寒性に優れていそうで、なおかつ操作性も犠牲になっていないようです。早速手を通してみると、これが実に良く出来ています。サイズが3種類あるのでぴったりなサイズを選ぶ事が出来るのと、手首の部分が締まっていて、少し長く出来ているので、手にぴったりとフィットします。また、カメラマンとなっているだけあって親指から薬指にかけてゴムの滑り止め加工が施されています。また憎い事に人差し指の滑り止めだけは第一関節までとなっています。これはカメラを持ってみると分かるのですが、親指、中指、薬指の3本でカメラを支え、人差し指はシャッターのレリーズだけですので、人差し指の第一関節以下は、滑り止めが無い方がシャッターボタンを押し易いのです。
これはかなり気に入りました。
これで、この冬の撮影旅行がさらに楽しくなりそうな予感がします。
早く現場で使ってみたい、そんな手袋です。
R0013683

| | コメント (4)

2009年10月22日 (木)

二眼レフ

R0013639先日紹介しきれなかった、もうひとつのカメラ関連アイテムの二眼レフ型デジカメケースです。
前に紹介したエルメスバージョンのライカ型デジカメケースと同じシリーズのようです。
ライカ型よりも深さがあるので、コンデジよりも一回り大きなデジカメ、GRDやGX200等にちょうどいい大きさと思います。
どちらも所有していないので、何を入れればいいのやら...

これが一番似合うのはローライミニデジかもしれません。
二眼レフの中から二眼レフ。
それがやりたいが為だけに買ってしまいそうです(笑)

| | コメント (6)

2009年10月 4日 (日)

ライカM4?

R0013638今日ヴィレッジヴァンガードで買いました。
定期入れです。
ICカード用に特化していて、カードを入れると外から中身を確認する事は出来ません。
しかも、どう見てもM4です。
でもレンズは18-55mmのズームレンズが装着されています。
どうやらAPS-Cサイズの映像素子が搭載されているようです(笑)
他には紫色と緑色がありました。
どうです?一枚。
他にもカメラ系の小物を手に入れました。それはまた後日。

| | コメント (10)