2009年1月 7日 (水)

変なものを買ってしまったその2

20090107r0012792昨日に引き続きコアな話題ですいません。興味無い方は読み飛ばして下さい。

今日のブツはT-1練習機のラダーペダルです。
T-1は富士重工業(スバルね)が開発・製作した航空自衛隊の中等練習機で戦後初の実用国産飛行機であると同時に、 日本初の実用 ジェット機でもあります。2006年3月に全機が退役したそうです。
また、ラダーペダルとは方向舵を操作する操縦装置の一部です。左右の足によって操作を行い、右を踏み込むと機体は右を向き、左はその逆です。旋回の為に使用するより、主に旋回中の安定に使われるそうです。

マグネシウムの鋳造品で、非常に軽量、さすが航空機部品です。
これはどうするのかって?
やっぱり飾りです(笑)

| | コメント (9)

2009年1月 6日 (火)

変なものを買ってしまった

20090106r0012790これはなんでしょう?
今私の家にはこれと、これに似た物が10個以上転がっています。
材質はインコネルやチタン合金で出来ています。

正解はジェットエンジンのタービンブレードです。
エアラインの定期検査で交換された物が、どこからか流れてきたもののようです。
このブレードがどのエンジンの物かは不明ですが、V2500用やCF6用と分かる物もありました。

こんなのもあります(笑)
20090106r0012791 こんなもの何に使うのかって?
飾りですよ。

明日はもっと変な物が登場の予定です。乞うご期待(笑)

| | コメント (0)

2007年8月21日 (火)

推測

20070817img_2312 Canon EOS KDN

那覇空港で中華航空機が炎上しましたね。
事故原因はまだ明らかになっていませんが、ニュース報道を総合して考えると。
(あくまで、勝手な想像です)

右エンジン後方から燃料が漏れ出す。(地上整備員がこれを見て、脱出を要請)
漏れ出した燃料は、南風に乗って機体左側へ流れる。
(那覇の滑走路は完全な南北を向いていて、着陸進入コースから見て南風だった事は明らか。また煙も左へ流れている。)
機体下に流れ込み、外気温によって加熱された燃料が気化。
主脚ブレーキの余熱で過熱され発火。
(ジェット燃料の発火点は210℃。カーボンブレーキの最高温度は800℃以上。タキシング中に冷却されるとは言え、発火するに充分な温度でしょう)
胴体から左翼下で燃料が燃え、左翼のインテグラルタンクを加熱。
密閉された燃料タンク内で過熱されたジェット燃料が気化し、内圧が上昇。
この間に乗客乗員は機外へ脱出。
温度と圧力によりタンク内の燃料が発火点を越え、発火,爆発。(1回目の爆発)
(ディーゼルエンジンの爆発と同じ原理)
爆発した燃料タンク内の残り燃料が地面で燃え続け、加熱された隣の燃料タンクが次々と爆発。
高音に晒され、強度の低下した中央胴体が落下。
さらに左主脚が折れ、機体は左に傾く。

右エンジンが先に出火したとの説が有力ですが、燃料漏れの原因にはなったでしょうが、燃え残った右エンジンを見ると、火元ではないように思えます。
パイロットが消火レバーを引かずに、脱出指示するとは思えませんし。

しかし、90秒以内で全員が脱出できた事は素晴らしい。
低い地上高が、幸いしたのでしょう。
これがB747だったら、こうは行かなかったのでは。

なにはともあれ、犠牲者がいなくて良かった。良かった。

| | コメント (8)

2006年11月16日 (木)

飛べない飛鳥

Asuka Canon EOS KDN

飛鳥の話題。
飛鳥と言っても船ではなく飛行機の飛鳥。もちろん歌手でもありません。
船の飛鳥と言えば、先日別府港に飛鳥IIがいました。さすがにでかかった。

話を戻しますと、
エンジンを翼上面に設置し、コアンダ効果によるSTOL性を確保して、距離の短い滑走路でも離着陸可能とした機体。
これによって急角度での離着陸が可能である為、周辺への騒音被害も軽減できるので、
都市近郊へ小規模な空港を建設すれば、空港建設コストの削減と好アクセスが期待できたはずなのですが、
現実に各地で建設された空港はジェット化対応の為、長距離滑走路を持ち、土地取得問題と騒音問題から郊外に造られ、
フライト時間よりも空港へのアクセス時間の方が掛かると言う空港が大半となっています。さらに交通手段がバスしか無かったりします。

結果的にこの方式で実用化された機体は、旧ソ連のAN-72,74のみとなっています。
これは、国土が広い為、設備の整っていない地方空港への離着陸を考慮した結果でしょう。
また、エンジンが翼上面にある為、未舗装滑走路でも異物をエンジンに吸引しにくいといった点も重視したのでしょう。

飛鳥の開発によって得られた物全てが無駄になった訳ではありません。
同時に開発されたFJR710エンジンが国際的に高く評価され、後のV2500となって開花します。
これはMD90,A320等に搭載され、大成功を収めているエンジンです。

でも俺ってなんでこんなに飛鳥が気に入ってるのかな...

| | コメント (2)