2010年3月30日 (火)

GPSデータロガー

244Leica M5 + HELIAR classic 50/2 + ACRS

今回の旅行では新たに導入したGPSデータロガーを使用してみました。
以前よりSONYから出ていたのですが、価格が2万円程とお高かったので手を出せずにいた所、秋月電子で3千円で売っているのを見つけ、旅行に持っていくにはちょうどいいと購入してみました。
M02619_2 電源が内蔵されていませんので別に用意する必要がありますが、サービスで単三電池4本用の電池パックも付属していました。使い方はいたって簡単で電源に接続したデータロガーを持ち歩き、帰宅後にアプリケーションのインストールされたPCに接続するだけです。グーグルアースでも軌跡を確認する事が出来ます。
使用するにあたって一番興味があった事が、「新幹線に追従出来るのか?」です。事前の通勤時の使用において、電車はトレースできる事が分かっていましたが、最高速が270キロでトンネルも多い東海道新幹線を果たして捕捉出来るのか?
まずは全行程のマップから。
20100323_224046 見事に新幹線を捕らえています。若干琵琶湖の辺りで見失ったようで湖の上を突っ切っていますが、概ね路線上を走っています。
そして気になる最高速度での追従性ですが、
20100330_133414 データ上での最高速度は静岡県内での時速271キロでした。
黄色と紫の線がずれているのは、行きの紫がトンネル部でロストしたようです。
これを見て初めて気が付いたのですが、静岡空港は新幹線の真上にあるんですね。

さて徒歩での奈良散策の結果です。
20100330_145703 建物に入った際に飛んだりしていますが、概ね合っているようです。
今回は鞄の中に入れたままでしたので、その影響もあるかも知れません。
これは出かける際には手放せないアイテムにありそうです。
次は車で使用してみようと思います。

| | コメント (10)