2010年7月26日 (月)

大哺乳類展

0710Leica M4 + SA 21/3.4 + PX

「大哺乳類(ほにゅうるい)展 海のなかまたち」に行って来ました。
これでもかと巨大なクジラの骨格標本が展示されていました。
その外観からは想像しにくい骨格をしていて興味深いものでした。
特にマッコウクジラなどは頭が大きいのですが、頭の中身は鯨油で骨はないので、骨格標本では頭が大きい訳ではないんです。同様にシャチやイルカ等も同じ理由で頭部の骨格が思ったより小さくて驚きます。中でもシャチの骨格はこれは何だろう?とちょっと考えさせられます。しかし "Killer Whale" と呼ばれるだけあって、顎に鋭い歯が生えているのでそれと分かります。さらに打ち上げられて死んだシャチの胃の内容物が展示されていましたが、これがちょっとビックリ。アザラシの骨格が数頭分もあるんです。鴨川シーワールドで見るシャチは可愛らしいですが、これを見ると本来は食物連鎖の頂点に立つ生き物である事が分かります。
イルカは、骨格だけでなく頭部の断面標本がありました。ちょっとグロテスクではあったのですが、上顎の上にある脂肪と、その直ぐ後に空気口がある事が良く分かり、空気口を絞る事で通過する空気を震わせ、その前方にある脂肪を振動させて超音波を出している構造を見て取る事が出来ます。人間に当てはめると、鼻腔を絞る事で空気を震わせて、その振動で上唇から超音波を発射するといった感じでしょうか。この場合、浜ちゃんのように唇が厚い方が超音波が良く出るでしょうね(笑)フェッ!
他には、マッコウクジラの分泌物「竜涎香(りゅうぜんこう)」の香りを嗅ぐ事が出来るコーナーが設置されていて、興味半分で嗅いでみたのですが、これが実にいい香りでした。何ともいえない甘い香りで、年代物のブランデーのような素晴らしいものでした。
0113

| | コメント (2)

2009年9月 8日 (火)

新型ライカ?

R0013594巷では明日発表予定の新型ライカM9の話題で持ち切りですが、
こちらキャノネットカッタカでは一足早く新型ライカ型カメラポーチをご紹介します。
こちらあのラ〇カM型のディテールを余す事無く再現した、
今回限りの商品になっております。
分割払いはなんと今だけ最高35年払い、もちろん金利手数料はキャノネットカッタカが負担します。そして今なら何とさらにもう一個...

というのは冗談で、既にコメント欄にて明らかになってしまった
デジタルカメラポーチです。
もちろん通販ではなく、先日のカメラ市の日に別行動をしていたパートナーが
新宿〇井で買ってきた物です。
これがなかなか良く出来ていて、かなり好きな方が作ったであろうと思われます。
リベットの位置が憎いでしょう?

こういう小物は集め始めると楽しいですね。

ところで明日、本当にM9とX1は出るのでしょうか?
出てもとても買えませんけれどね(笑)

| | コメント (12)