2011年2月28日 (月)

銀座カメラ市

Image0001
Nikon F3 + 50/1.4 + TX

土曜日に銀座松屋で開催されたカメラ市に行って来ました。
今年は昨年に比べて人出は多いように見えました。景気が回復基調にあるのでしょうかね?と思ったら大陸系の人達が沢山いました。わざわざ買い付けに来ているようです。
珍しい物が出るようにはなり、またある程度相場は下がりましたが、値が下がり続けているオークションサイトとの格差がさらに広がった感があり、お買い得とは思えませんでした。
利幅が取れない為なのか、安価なレンズシャッター機の姿を殆ど見かけませんでした。
まあ、初日に行った訳ではないので、めぼしい物はあらかた無くなった後なんでしょうけれど、年々寂しくなって来ているのは気のせいではないと思います。
今回会場を3週ほどしましたが、購入にいたったカメラはありませんでした。
自分の中でのモチベーションも含め、あらゆる面で3年前とは明らかに状況が変ってきているようです。
でもその後の飲み会は相変わらずのカメラバカ同士楽しい時間でした。
Image0105
もうすぐ春ですね。

| | コメント (8)

試写結果

Image0010
Nikon F3 + 50/1.4 + TX

ニコンF3と50mmを持って近所の梅林公園に試写に出かけました。
測光の癖が分からないので全てオートで撮影したのですが、
平均測光の為か、オーバーに写るコマが多い結果となりました。
この辺りはもうちょっと使ってみないと分かりません。
もしかすると、ただ単純にシャッターの上限を超えている事に気付かず撮影していたのかもしれません(笑)お任せオートですと表示を全く見ないもので...
Image0027
F3、幕速が速い為かシャッター音がでかくて気を使いますね。

| | コメント (0)

2011年1月24日 (月)

買ってしまった...

P1000223

まさか自分が手にする事はないと思っていたカメラ。
羨望のカメラであったと同時に、その届かない価格から、
妬みの対象でもあったフィルム一眼レフの最高峰。
それが30年経った今、巡り巡ってついにオーナーに。
安かった事もありますが、すっきりしたフォルムの
アイレベルファインダーとノーマルボディの組み合わせ。
ヒンジ部の識別番号から推測すると1981年1月という
発売から一年も経っていない時期の固体のようですが、
その割には綺麗な外観で殆ど使用していないよう。
きっと長い事しまい込まれていたのでしょう。
モルトは駄目でしたが、他は問題無さそうでした。
まだモルトを張り替えていないので、
フィルムを入れずに、空シャッターを切る日々ですが、
明るいファインダーを覗くだけで楽しくなるカメラです。

装着したレンズは、手元にAi対応レンズがなくて、
急遽調達したAi-Nikkor50/1.4
AutoとAiの違いを今更ながら理解しました。
カニ爪必要ないのですね。
Aiピン?爪?が跳ね上がるのも初めて知りました。
レンズ側に絞り値表示が2個ある理由も。
でもそれ以降の違いはさっぱり分かりません(笑)

早く使ってあげないとね。

| | コメント (6)