2009年6月27日 (土)

フィルムが一番!!!

R0013285手持ちのネガフィルムの在庫が心細くなってきたので通販で購入しました。
ミモパワーOM-1さんからカラーネガフィルム最安のDNPが既に生産終了で、残るは流通在庫のみとの情報を頂き、それはまずいと考え、60本ばかし大人買いをしてしまいました。他にモノクロ100も合わせて購入しましたので、しめて80本。バカですね~

パートナーに「大人買いしました」と打ち明けた所、「大人?子供やろ!」
そ、そうだけどさぁ...

| | コメント (8)

2009年5月12日 (火)

函館の夜

13 Nikon S3 Black Limited + Nikkor35/1.8 + ACROS

夜はチェーン店ではない地元の居酒屋へ。
新鮮な魚介類と北海道限定のサッポロクラシックで乾杯。
中でもアイヌネギ(行者ニンニク)の醤油漬けは絶品でしたが、食べ過ぎてしまい、夜中に自分の口の臭さで気分が悪くなって目が覚め、その後臭くて寝付けませんでした。

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

もう終わりですかね?

18Nikon S3 Black Limited + 35/1.8 + ACROS

先週の東武動物公園です。桜の花びらが水面に浮かび風情を醸し出しています。

072

Olympus OM-1 + 85/2 + PRESTO パートナー撮影

こちらは近所の元荒川、ここは凄かった。足元が真っ白で地面が見えない程でした。桜は咲いている時はもちろん美しいのですが、潔く散る上に散ってからも美しい。
そして散り際も美しい。武士道ですね(笑)
日本に生まれて良かったと思える季節です。

そうそう定額給付金ですが、私の住む自治体の給付は5月末らしいです。黄金週間以前に支給せな意味無いやろ!

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

お花見 その3

15Olympus OM-1 + 85/2 + ACROS
撮影:パートナー

ようやくアップです。
先週末に目黒川にてお花見をして来ました。炭焼きBBQをしたりと本格的なお花見でした。夕方になって雨がぱらついてきたので、近くのB邸へ非難して2次会。私は21時頃退散しましたが、皆さん23時頃まで楽しんでいた模様。お疲れ様でした。

私が撮った写真はろくな物が無く、パートナー撮影の写真です。

| | コメント (6)

2009年3月30日 (月)

PIE2009に行ってみた。

014Konica Hexar RF + Nokton 35/1.2 + Konica200nega

お台場で昨日まで開催されていたPIE2009へ行ってきました。いつの間にか名称が変わって場所も変更されていました。前に行ったのは十年程前の1999年で、まだカメラショーという名称で池袋のサンシャインシティーで開催されてました。その時はHexarRFやCanonEOS3が最新モデルで、ブースで手にとった覚えがあります。あれから十年近くも何故行かなかったのかと考えたら、次の年から有料化されたんですよね。AF一眼もデジタルも興味の無かった私にとっては、目を引く新製品が無い展示会に金払ってまで行く必然性はありませんでした。カメラショー行く暇あったら中古カメラ屋行った方が楽しかったというのもあります。
そんな過去がありながら、今回行ったのは事前登録すればタダだったから。有料では絶対に行ってません(笑)

今回会場になったビックサイトまで行くのに、ゆりかもめを新橋ではなく豊洲から乗ってみました。これもいつの間にか有明から延伸していました。有楽町線の豊洲で乗り換えてびっくり。豊洲と言えば、晴海通り沿いから西は東京ガスの敷地だったので、コンビニが一軒あるだけでその先には何も無かったのが、ゆりかもめは走っているし首都高は出来ているしで再開発が進んでいました。そして築地市場が移転する予定だけども、有害物質がいっぱいで問題化している土地は、これも十年位前に東京ベイサイドスポーツクラブというジムカーナ場があって毎月通ってました。そんな訳でこの辺はちょっと詳しかったのですが、昨日ゆりかもめの車内から見た光景は全く違うものでした。東京の景色の移り変わりは本当に早いです。

話をPIEに戻しますと、今回見た中で気になったのは
1.ニコンと吉田カバンのコラボバッグ
2.富士フィルムの立体デジカメ
3.パナソニック純正のM-μ4/3アダプタ
1のバッグは近い内に購入すると思います。見た目はポーターなのに中身はちゃんとクッションがあるので、これなら普段持ち歩いても違和感がありません。
2のデジカメは、ビュワー無しで立体視が出来る非常に面白い物でしたが、価格が高くなりそうなので買えないと思います。
3のアダプタは純正で出して来るとは驚きました。今後の展開が気になるところです。
他にもいろいろと面白い小物が出ていて見ていて飽きませんでした。あっデジタルカメラはDP2しか見てません。でも相変わらずの出来でしたので買う事はありません(笑)

写真は帰りに寄ったパレットタウンのヒストリーガレージ。4年程冷凍保存していたネガフィルムの自家現像ですが、ちゃんと写ってました。この前のはなんなんだろうな。
この後DECKSのレインボーブリッジが見えるステーキハウスでビール飲んで帰りました。場所柄期待せずに入ったのですが、ビールも肉も美味しかった。でも内装は何故かミラーボールがあったりして妙ちくりんでした(笑)

| | コメント (2)

2009年3月24日 (火)

戦前エルマーでチンク

252Leica M4 + Elmar 35/3.5 + 400TX

またチンクの写真です。
撮影したのはエルマー35mm/f3.5
このレンズ、戦前1940年製のノンコートレンズなのですが、これが実に雰囲気良く写ります。もちろん現代の目で見ると大した性能ではないでしょうし、逆光ではフレアゴーストの嵐ですので、フードは欠かせません。ところが35ミリ用のフードが例のごとく高いので、私はエルマー各タイプに共通で使用できるFIKUSと呼ばれる伸縮式の物を使っています。これは35ミリから135ミリまで外径36ミリのレンズであれば共通で使用出来る、非常に便利なアイテムであるのに人気が無い為か、他のライカフードと比較して非常に安価で取引されています。これはレンズに装着すると絞り値が変更出来ないのがその原因かも知れません。またエルマーに使用するとレンズよりもでかくなってしまう所も不人気の原因かも知れません。
このレンズの描写はハッセルのプラナーやキヤノンともまた全く違っていて、上手く表現できないのですが、濃厚なんですよね。ハイライトからシャドウまでトーンが豊富という訳ではないのですが、なにかしっとりと落ち着いた描写をします。同じライカのズマロン35mm/f2.8なども似た傾向の写りをしています。やはり同じライカだからでしょうか。

ミモパワーOM-1さんとコメントのやり取りしていて改めて感じたのですが、写真の写りを文章で表現するのって難しいですよね。

| | コメント (7)

2009年3月22日 (日)

キヤノンでモクレン

306Canon F-1n + FD100/2.8SSC + ACROS
撮影:パートナー

前回はハッセルとプラナーでしたが、今回はキャノンF-1nとFD100mmSSCです。NewFDではなくただのFDです。F-1にはFDレンズの方が圧倒的に似合うと思い、あえてFDレンズで揃えました。と言っても4本しか持っていませんが...
このレンズはキャノン独自の多層膜コーティングであるSSC(スーパー・スペクトラ・コーティング)が施されてレンズ間のカラーバランスが整えられているそうですが、この写真では全く関係ありませんね(笑)
026
前回の写真と見比べてみると全く写りが異なります。ハッセルの写真では太陽に光り輝くという印象でしたが、今回のものは花びらの質感や肉厚が伝わって来る写りです。コントラストが高いのでちょっと造花のようにも見えますね。全く同じ状況では無いですし、取り込んだデータですので断定は出来ませんが、時代背景やメーカー間の思想の違いなどによってここまで描写が変わるんですね。

| | コメント (4)

2009年3月20日 (金)

春ですねぇ~

043 Hasselblad 500EL + Planar 80/2.8 + TMAX100

今日は本当に暖かく、Tシャツで外に出てても大丈夫なほどでしたね。こんなに暖かいとさらに桜の開花が早まりそうでちょっと心配です。と言うのも来月4日にお花見があるのでそれまではもって欲しいなと。
陽気に誘われて近所をぷらっと散歩して来た所、ちょうど木蓮が満開迎えていて、日の光をいっぱいに浴び白く輝いていました。木蓮はとても美しいので好きですが、あっと言う間に散ってしまうんですよね。その儚く潔い所が魅力でもあります。

| | コメント (4)

2009年3月18日 (水)

ディズニーシーで考えた事

024 Konica Hexar RF + C-Sonnar 50/1.5 + ACROS

もうばれてますが、先週ディズニーシーへ行って来ました。今回で3回目です。毎回行く度に感心するのは緻密な作り込みです。たとえ中身が発泡ウレタンであろうと見た目は石造りの要塞ですからね、感心します。レストランもお値段はちと高いですが、そのエリアに合わせた内装で凝った造りになってますよね。写真はインド風の街中にあったカレーレストランのレジ脇です。
この技術を使って日本各地の復元城をメイクアップして欲しいと思うのは私だけでしょうか?そうすれば少なくとも中に入ってガッカリというのは防げるんじゃないかと。姫路城という最高のお手本があるのだから、遠目の外観だけ復元するのでは無くて、近くで見ても古そうな感じにならないかなと。側だけと分かっていても中にエ入ってエレベーターがあるとガッカリします。やっぱり自分の手足で急階段をよじ登ってこその登城ですよね。

| | コメント (4)

2009年3月16日 (月)

花粉症

312Konica Hexar RF + C-Sonnar 50/1.5 + ACROS

冬に別れを告げ、花々も咲き誇り、暖かい春が目前に迫った心躍る季節、カメラを持って外に出るには最適の季節なのですが、家を出る事に二の足を踏ませる厄介者に悩まされる季節でもあります。
そう、杉花粉の舞う季節です。かく言う私も数年前までは、「花粉症?なにそれ?」だったのですが、ある時人生の花粉許容量をオーバーしてしまったらしく、目が痒くなり、鼻がフズフズするようになってしまいました。今では目薬と鼻吸引薬は手放せません。さらに花粉を少しでも吸引しない為にはマスクもしたい所ですが、目が痒くてコンタクトレンズを入れられないので、眼鏡使用になるのですが、眼鏡にマスクをすると呼気で曇ってしまうので、そうもいかずマスクはしていません。でも会社ではあまり遠くを見る事も無いので、眼鏡外してマスクをしています。
予断ですが、関東の方が関西より花粉の舞う量が圧倒的に多いと感じます。その逆に黄砂は発生源に距離が近い為か関西の方が圧倒的に多いです。私は花粉がダメで、黄砂が平気なのですが、パートナーはその逆です。今は私は花粉で調子悪いのですが、逆に大阪在住の時は私は絶好調だったのですが、パートナーはダメでした。
そんな訳でこの時期は眼鏡着用なので、おのずから使用する機材が変更になります。ファインダに目をぴったり付ける事が出来なくなるので、高倍率ファインダ機は視野を確認できないので、却下となります。さらに低倍率であっても広角レンズもフレームが見渡せない事があるので、避ける傾向になります。手持ちの機材で言うと、ニコンのSP,S3は却下です。M型も標準レンズ以上に限定となってしまいます。
こんな時に活躍するのは今は無きコニカのヘキサーRFです。登場時には低倍率ファインダで酷評されたものですが、眼鏡着用時にこれほど便利な物はありません。シャッタースピードの表示は見難くなってしまいますが、もともとあまり見ないので気にしてません。その場の明るさで絞り値を選んでいれば、それほど変な値にはなりませんからね。
ヘキサーRFは一時期これしか使っていない程に惚れ込んで使っていました。やはりTTL-AE内臓なので、ポジフィルム使用時に安心感がありました。またシャッター半押しでのAEロックとスポット測光的な特性も非常に使いやすい物です。さらに最高速度が1/4000SECまであるのも大口径レンズ使用時に大きなアドバンテージとなりました。
それが今はモノクロがメインになった為、あまり使わなくなっていましたが、先日久々に持ち出して使用すると、やはりいいカメラだなと改めて惚れ直しました。
今回現像が上がって一番驚いたのはネガの濃度が揃っていること。AEなので当たり前なのですが、ちょっと気持ち悪いなと。でもそれが適正露出かというのはまた別問題なのですが取り込み易いのは事実ですね。

| | コメント (10)

より以前の記事一覧