2010年2月 9日 (火)

Walz 35-SIII

R0013728
ジャンクで購入したワルツ35-SIII
以前にブログにて別の固体を取り上げましたが、本当はこちらを先に購入していたのです。でも一部壊れていたので、部品取りにと考えて購入したのが以前紹介した固体です。しかしながら部品取りに考えていた物が、清掃のみで問題無く使用出来てしまった結果、先に購入したこちらの個体は、分解したままで放置していました。今回改めて組み上げてみると、部品が欠けている事が判明したのですが、上手く組む事で動くようになりました。これは正常品と比較できたから分かった事なので、2台購入した事は無駄にはならなかったかな?
何故こちらの固体の復活に拘ったかというと、LV(ライトバリュー)が付いていないから。一方の固体は撮影には何の問題も無いのですが、LVが付いていて非常に使い難いのです。また付いていない方が、デザイン的にすっきりしていて格好がいいです。ちょっとLマウントのキヤノンにも似ていますね。
修理ついでにレンズとファインダーの分解清掃を行い、外装もクリーナーで清掃。するとメッキが腐食していると思っていた箇所はただの汚れで、清掃で見違えるような綺麗な姿に。メーカーにもよりますが、この頃のメッキは丈夫ですね。
そうなると分解の際にボロボロに割れてしまった貼皮が気になります。このままでも支障は無いのですが張り替えようと思い、実寸から図面を起こして型紙を作って見ました。後は皮を買って来て型紙通りに切り抜けば完成です。うまく出来ればの話ですが(笑)
それより試写が先かな?

| | コメント (6)

2009年12月27日 (日)

皆様よいお年を

216
Walz-35S + DNP100 f1.9開放 1/500

明日プラハに発ちますので、今年最後の更新になります。
一年お付き合い頂きありがとうございました。
また来年もお付き合い頂けると嬉しいです。

明日のプラハ行きは、アエロフロートのモスクワ経由です。モスクワのトランジットに不安がありますが、きっと大丈夫でしょう。機材もエアバスA330らしいので安心です。でもロシア製もちょっと乗ってみたかったかな。聞くところによると、リクライニングはまず壊れているらしいですが...

必要な物は全て揃えたつもりですが、なにか忘れていそうで落ち着きません。
とりあえず持参するカメラは私が、
Leica M5 + C-Sonnar50/1.5
DMC-G1 + 7-14/f4 + 20/f1.7
パートナーは、
CONTAX G2 + Planar 45/2
DMC-GF1 + 14-45/f3.5-5.6
のラインナップで行く予定です。
フィルムはカラーポジとモノクロを半数ずつ持って行きます。足りなければ現地調達する予定です。気になるのは天気。予報では雨が降りそうなんです。雪の方が良いですけれども、こればっかりはどうにもなりませんね。またプラハだけでなくチェスキー・クルムロフにも日帰りで行く事になりました。プラハ駐在の会社の知り合いに連絡したところ、それならと車で連れて行ってくれる事になりました。こちらも世界遺産に登録された非常に美しい町らしく、写真を撮るのが今から楽しみです。

それでは行って来ます。皆様よいお年を。

| | コメント (8)

2009年12月24日 (木)

デジカメ購入~

016 WALZ35-S + DNP100 f2.8 1/500

いよいよ年末のプラハ行きを目前にして、デジカメを購入しました。
いろいろ考えたあげく、パナソニックのGF1にしました。最大の理由は7-14mmの広角ズームを使いたかったから。でもそれだけでは二人で行動するには足りないので、G1でも買おうかと思っていたら、アンティ仲間のIさんがG1+14-45を貸してくれました。ありがとうIさん。
さらに7-14も購入したので完璧です。建築を撮影するつもりですので、超広角は必需品ですからね。シフトレンズを買うのが一番ですが高いですしね。
これでデジタルは揃ってしまいした(笑)
あとはフィルムカメラの選定です。何にしようかな?

| | コメント (8)

2009年12月23日 (水)

今年最後のはず...

153

WALZ35-S + DNP100 開放 1/500

先日ワルツのカメラ、ワルツワイドを購入した事を書いたのですが、それをきっかけとしてワルツ商会の他のカメラを調べて行く内に、気になるカメラが出て来ました。それはワルツエンボイと言う、ちょっと面白いエンブレムの付いたカメラだったのですが、これがまた出物が少ないので、しょうがないと諦めていました。
エンボイはそのエンブレムもさることながら、搭載しているレンズが日東光学製のゾナータイプのレンズなのが気になって探していたのです。探すついでに他のワルツのカメラも調べてみると他にも同レンズを搭載したカメラが存在する事が分かって来ました。それがワルツ35でした。
ワルツ35にはレンズが2種類用意されていて、f1.9の明るい方のレンズがゾナータイプだと言う事が分かりました。同様にエンボイにも2種類のレンズが用意されていたようです。
そうと解ってワルツ35を探していた所、安いジャンク品を見つけて購入してしまいました。ジャンクの理由はファインダーの曇りでしたが、いつものごとく分解して清掃するだけで見違えるように綺麗になりました。

試写した結果、ゾナータイプかどうかは良く解りませんが、かなり私好みの写りをするレンズのようです。これは掘り出し物かもしれません。

デザインも中々いけてるでしょう?
R0013687 さて今年最後の買い物となるでしょうか?

| | コメント (6)

2009年11月 5日 (木)

もう一回ワルツワイド

31 WALZ WIDE + WALZER 35/2.8+ DNP100 f5.6 1/300

昨日ご紹介したワルツワイドの逆光での写りです。
太陽が画面外にあるにも関わらず、このように盛大なゴーストが発生しています。
またフレアの影響か、全体的にコントラストが低下しているようです。
普通に考えると、とんでもないレンズな訳ですが、逆にこれだけ個性的な描写をするカメラは、かえって貴重な存在なのではないでしょうか。出そうと思ってもここまでは出せません(笑)
そしてこの柔らかな写り。そんじょそこらのトイカメに真似出来るものではありません。
これだけ魅力的な写りのカメラが金属ボディでありながら、数千円で手に出来るのですから買わない手は無いでしょ?

| | コメント (12)

2009年11月 4日 (水)

円舞曲

079WALZ WIDE + WALZER 35/2.8+ DNP100 f11,1/100

ワルツワイド
その昔カメラ用アクセサリー販売を主にしていた、株式会社ワルツ社が、カメラ販売にも手を出して発売したカメラの内の一台。他にワルツ35、ワルツエンボイ35やワルツフレックスという二眼レフ等もあったようですが、あまり良く知りません。
ワルツ35などは日東光学製のKominarが装着されていますが、このワイドはWalzer銘のレンズとなっています。自社で造ったとは考えにくいので、レンズの供給先が変わったのかも知れません。

まだ新大阪駅の2階に八百富カメラがあった頃、ショーケースの中にこのカメラを見つけて、欲しいなと思ったのですが、ちょっと値段が高かったので手を出さずにいました。そのうちに関東に舞い戻って来て、このカメラの存在もすっかり忘れていた頃、大阪に遊びに行った際に、お会いしたカメラ仲間のyasuさんが、このカメラを持っていたので聞くと、八百富の本店で購入したとの事でした。(どうやら閉店した新大阪店の在庫が移動して、それを購入した模様)随分と近くに購入者がいたのでビックリしました。
その後ブログにて紹介されていて、写りに関してはそれなりとの記事は見ていたのですが、先日偶然見つけてしまい、その時はブログの記事の事なんてすっかり忘れていて、即購入してしまいました。
ご多分に漏れず、この固体もスローシャッターが動作しない不具合がありました。
いつものようにレンズをばらして、スローガバナーをベンジンで洗浄するだけで復活しました。ついでに油の浮いていた絞りも洗浄し、レンズとファインダーをクリーニングして終了です。最近手に入れる物は、その殆どがなんらかの不具合持ちです...

そして、実写の結果はまあその通りでした。
この写真はちょっとコントラストを調整して見れるようにしていますが、全体的にコントラストの低い眠たい描写です。またフードが無かった事もあるのですが、逆光に非常に弱く盛大なフレアがこれでもかと出現します。
でもずっと気になっていたカメラですので、手に入れられて大変満足しています。自分で修理したカメラは愛着が湧くものです。
R0013659

| | コメント (6)